WPS Office iPadスマホでも使えるオフィスアプリ

Officeアプリ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は「iPadスマホでも使えるオフィスアプリのキングソフトWPS Office」についての内容になります。

Word・Excel・PowerPointなどのOfficeファイルは自宅PCでしか利用しないという訳では無いと思います。スマホやiPadなどのモバイル端末でも閲覧する場合もあります。

このような場合に最適なのが、モバイルでも利用できるOfficeアプリです。キングソフトのWPS Officもその内の1つになります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

OfficeファイルはPCでの利用だけではない

ExcelなどのOfficeファイルの場合は自宅に限らず職場や学校の授業等でも利用する機会があるため、いつでも何処でも編集できた方が便利に感じます。

基本的には自宅PCで利用

Officeファイルの場合は学校の授業や職場、出張先といった用途でも利用する機会がありますが、何だかんだ言っても自宅で使う場合が多いと思います。

スマホやタブレット端末よりも大きな画面であるパソコンで作業を行った方が見やすくて効率的だと思います。それに参考書を読みながら勉強する場合にも便利です。

 

外出時でもOfficeファイルを利用する

出張等ではノートPCを持参する場合も有りますが、ノートPCだったとしても軽量ではない場合が多いため、なるべくなら持ち歩きたくないというのが実情になります。

そんな場合に重宝するのがiPadなどのタブレット端末になります。トラックパッド付きのキーボードケースを利用すればノートPCと同じ様に使えるので重宝します。

iPadで利用できるOfficeアップリをインストールしておけば、いつでも何処でもファイルを編集する事ができるため、便利に感じます。

 

スマホでの利用は一長一短

Officeファイルを閲覧するだけなら、スマホでも十分だと思いますが、流石に最適とは言い難いのが実情になります。

というのも、PCで表示しているサイズが自分にとって丁度よいサイズの場合が多いからです。画面が小さくなるに連れて、見やすさも影響を受ける事になります。

辛うじてiPadなどのタブレット端末でも作業をしても問題ありませんが、さらに小さい画面のスマホの場合は賛否両論になると思います。

 

スポンサーリンク

2台目PCの需要に最適なOffice互換ソフト

最初に買うPCにインストールするOfficeソフトの場合はMicroSoft Officeが最適ですが、サブの用途で購入するPCの場合はOffice互換ソフトでも問題ありません。

サブ用途で利用するOfficeソフト

PCを利用して何かを行う場合ではメイン用途ではなくサブの用途で利用する場合もあります。この場合でもOfficeソフトを使う機会にも恵まれるため、可能ならばインストールしておいた方が最適です。

でも、正規版Officeは価格も高いので実際の利用頻度の事を考慮すると購入するのは大いに悩みます。それでも必要に感じるという悪循環。

そのような場合では正規版ではなく互換ソフトという選択肢もあります。この用途に最適なのが低価格で購入できるWPS Officeになります。

 

Office互換アプリ

「Office互換ソフトはOfficeファイルを開いて編集できる」ソフトウェアの事を指します。有料で購入できるソフトもあれば、無料で利用できるソフトもあります。

使い勝手という面を考慮すると、無料で利用できるソフトよりも有料の方が便利に感じます。長く利用するのであれば、使い勝手も考慮した方が賢明の選択になります。

いずれにしても、お試しで使ってみて判断するのが最適です。

 

メインでも同様に使えれば問題ないのでは?

Office互換ソフトの場合はOfficeファイルを開いて編集できるのが魅力の1つになります。これで使い勝手が良ければ価格の高いOfficeを購入しなくても問題ないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

正規版だと価格も高いですし、使いこなせるとは限りませんから、使いこなせなかったら購入費用が勿体ないです。

この部分を考慮すると、Office互換ソフトでも良いのでは?というのが率直な感想になります。

 

WPS OfficeはiPadスマホでも使える

Microsoft Officeシリーズよりも低価格で使えるOffice互換ソフトであるキングソフトWPS Officeの場合はモバイル版アプリも用意されています。

WPS Officeの特徴

① 利用する場所を問わない
PC用Officeソフトだけでなく、Android OS、iOS/iPad OS に対応するアプリも用意されているため、場所を問わず利用する事が出来ます。

 

② Office互換
WPS OfficeはOffice互換ソフトになるため、Microsoft Officeファイルを開いて編集する事が出来ます。低価格で使えるので十分に検討の余地があるOfficeソフトです。

 

③ ネット利用
このOfficeアプリは基本的にインターネット接続を必要とします。オフラインでも利用したい場合はMicrosoft Officeの方が便利です。

 

④ ソフト構成
PCにインストールすると、Writer、Spreadsheets、Presentation、PDFの4つのソフトが利用できるようになります。

 

iPadスマホアプリがあるWPS Office

iPadスマホでOfficeアプリを利用する場合ではMicrosoft Officeも利用できますが、低価格で使えるOffice互換アプリのWPS Officeも使えます。

Android版とiOS/iPad版が用意されているため、必要に応じて利用する事が出来ます。

 

広告を非表示にしたい場合

WPS Office for Windows PCのシリアル番号(ライセンスキー)を持っている場合では、Windows PCに加えて、モバイル版アプリのWPS Officeの広告を非表示にする事が出来ます。

広告が表示されると邪魔に感じますし、小さい画面で広告が表示されるので作業に支障が出る場合もあります。

仕事で使う場合は可能ならば広告を非表示に出来ると助かります。

 

WPS Office のメリット・デメリット

PCに限らずiPadスマホでも利用できるWPS Officeになりますが、モバイルでも利用できると便利そうに見えてしまうのが実情になります。実際はどうなのでしょうか?

WPS Office のデメリット

最大のデメリットと言った方が正解になるのがオフラインで利用できない部分になります。WPS Office では起動する度に認証を行っているらしくネット接続しないと利用できないのである。

自宅にWi-Fi環境が整備されている場合では特に問題ありませんが、それでも色々な事情でオフラインで使いたい場合もあります。

使い勝手を考慮すると、オフラインでも利用できるOffice互換ソフトの方が良さそうに感じます。

 

WPS Office のメリット

Microsoft Officeと同様の感覚で操作できる部分が最適に感じます。特にOffice互換ソフトの場合だと、確かにファイルを開いて編集できるのは便利に感じますが、使い勝手となると話は別になります。

というのも操作方法が異なっている場合もあるため、この場合では慣れるまでの時間を必要とします。

この事を考慮すると、正規のOfficeと同じように使える互換ソフトの方が便利に感じます。特に仕事等で利用する場合では作業の効率化も求められるため、操作方法も無視する事は出来ません。

総合的に考えると、無料で利用できる互換ソフトよりも使い勝手は格上に感じます。

 

Office互換ソフトは低価格で使えるWPS Office 2も魅力的
皆さん こんにちは! 今回の記事は「低価格で使えるOffice互換ソフトのWPS Office 2 も魅力的」についての内容になります。 PC購入時には必ずと言って良いほどOfficeソフトも必要になりますが、Micro...