Windows10 ショートカットキーで設定やデスクトップを表示する方法

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows PCでウェブブラウザを閲覧している場合にデスクトップ画面を表示したい場合もありますが、どのように行っていますか?

幸いな事にいくつかの方法が用意されているので、自分にとって最適に感じる方法で行えば基本的には何も問題ないと思います。

問題があるとすれば、自分が最適と思っている方法は実は手間が掛かっている方法だった!といったパターンが該当するぐらいなので、それさえ気にしなければ特に問題ありません。

とにかく簡単に素早く表示する場合ではショートカットキーを利用するのが良いと思います。

今回の記事は『Windows10 ショートカットキーで設定やデスクトップを表示する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 設定やデスクトップを表示する場合

Windows PCで設定やアクションセンター、デスクトップを表示する場合では基本的にマウスを操作して表示する場合が多いと思います。

マウス操作で設定を開く場合が多い

設定画面を表示する場合では基本的にタスクバーにあるスタートボタンをクリックして設定画面に移動する方法とアクションセンターを開いて設定に移動する方法があります。

そのぐらいWindows PCではマウスを利用するので、逆にマウスがないと不便に感じる場合も多いのが実情になります。

実は、マウスを操作しなくてもキーボードの組合わせ(ショートカットキー)でも表示する事ができるのです。でも、たいていの場合はこの事を知らない感じなので、ちょっと勿体ないと感じます。

マウス操作も便利ですが、ショートカットキーを利用すると、マウス操作よりも素早く目的のウィンドウを表示できる場合もあるので、覚えておいた方が良いです。

 

設定を表示する方法

① スタートボタン
スタートボタンをクリックするとスタートメニューが表示されるため、設定のアイコンをクリックすると全ての設定画面に移動できます。

 

② 設定のショートカットキー
次に設定を表示するショートカットキーを紹介します。
Windowsキー + i」 を同時に押すと、設定画面が開きます。

 

アクションセンターを表示する方法

① アクションセンター
アクションセンターはどこにあるのか?と言うと、タスクバーの右端にあるアイコンをクリックすると表示できます。ここでは通知情報も表示されます。

 

② アクションセンターのショートカットキー
Windowsキー + A」 を同時に押すと、アクションセンターが表示されます。

 

スポンサーリンク

Windows10 デスクトップ画面を表示する方法

Windows PC で何かウィンドウを表示している状態からデスクトップ画面を表示する場合ではいくつかの方法がありますが、どれが良いのか?は個々の判断にお任せとなります。

最小化

開いているウィンドウの最小化ボタンをひたすらクリックしてデスクトップを表示する方法。ハッキリ言って、これだけはやらない方が賢明の選択になります。

特に5種類以上のウィンドウが表示されている場合に、このような作業は面倒に感じます。

始めの内は操作が分からないので、このような操作を行ってしまいますが、もっと最適に感じる方法で瞬時にデスクトップを表示した方が良いです。

 

タスクバーから表示できる

Windowsパソコンでマウス操作をしているのであれば、タスクバーからデスクトップ画面を表示するのが簡単でかつ、素早く表示できます。

とはいえ、タスクバーのどこでも良いというのではなく、空いているスペース 又は 「隠れているインジケーターを表示します」のアイコンを右クリックするの2択となるため、必ずしも最適という訳ではないです。

でも、右クリックして左クリックするだけなので簡単です。

 

ショートカットでも表示できる

デスクトップ表示のショートカットを作成する方法もあります。この場合では、作成するまでの工程が簡単ではないので、あまりオススメできない方法になります。

というのも、確かにショートカットを作成した上で、タスクバーにピン留め固定すればワンクリックで瞬時にデスクトップを表示できるので便利ですが、一連の作業が面倒に感じます。

特にアイコンを変更しないと分かりづらいため、ここまでやらないとショートカットを作成する意味がないのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

Windows10 ショートカットキーでデスクトップを表示する方法

ショートカットキー操作 及び ショートカット作成する方法でデスクトップ画面を表示する方法の紹介になります。

ショートカットキーでデスクトップを表示

Windowsキー + D」 を同時に押すと、デスクトップ画面が表示されます。因みに、1つ前に操作していたウィンドウを再表示する場合は、もう一度同じ操作を行うと瞬時に表示されます。

マウス操作をしない場合では、このショートカットキー操作で、デスクトップ画面を表示するのが最適に感じます。

 

デスクトップ画面を表示するショートカットの作成方法

① ショートカット作成
デスクトップ画面をマウスで右クリックして、新規作成からショートカット(S)をクリックします。

 

② 作成画面
ショートカット作成の画面が開きます。
ここで、「explorer.exe shell:::{3080F90D-D7AD-11D9-BD98-0000947B0257}」を入力して「次へ」をクリックします。

 

③ ショートカットの名前
「デスクトップ画面を表示する」などの名前を入力して完了をクリックすると、デスクトップの表示のショートカットが作成されます。

 

ショートカットのアイコンは変更した方が良い

作成されたショートカットのアイコンはエクスプローラーと同じ状態なので、アイコンを変更した方が良いです。

というのも、デスクトップ画面に配置するのであれば特に問題ありませんが、タスクバーにピン留め固定する時に問題が発生します。

何が問題なのか?と言うと、エクスプローラーと隣同士にアイコンを配置した場合に、間違ってデスクトップを表示してしまう可能性が高いからです。隣同士にしなくても間違う可能性は否定できません。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーからショートカットキーでアプリを起動

ここでは、Windows PCで便利に使えるショートカットキーの紹介になります。設定やアクションセンター、デスクトップ表示以外のショートカットキー(アプリ起動)についての内容になります。

Windows10 デスクトップの表示方法!ショートカットキーやマウス操作が便利に使える
皆さん こんにちは! Windows PCで複数のウィンドウを表示している場合に、デスクトップ画面に置いてあるファイルを開きたい事もあります。でも、デスクトップ画面を表示するアイコンはないので、アプリを最小化するといった操作に...

タスクバーからアプリを起動する方法

タスクバーは色々と便利に利用する事ができますが、ショートカットキーの操作でアプリを起動する事もできます。

この場合は、「Windowsキー + 1~0」を押すと起動できます。

 

アプリ起動の操作方法

タスクビューの隣に表示されているアプリを起動する場合は「Windowsキー + 1」を同時に押します。ここから数えて10個までのアプリのアイコンを起動できます。

例えば、10個目のアプリを起動したい場合は「Windowsキー + 0」を同時に押せば良いです。

 

タスクバーにデスクトップ・ツールバーも表示できる

タスクバーはアプリのアイコンをピン留め固定できますし、スタートメニューやアクションセンターにも素早くアクセスできるので便利に利用できます。

便利と言えば、ウィンドウを表示している場合にデスクトップ画面を表示しなくてもデスクトップに置いてあるExcelファイルを開く事もできるのはご存知でしょうか?

「隠れているインジケーターを表示します」のアイコンを右クリックして、ツールバー → デスクトップをクリックするとタスクバーにデスクトップのフォルダが表示できます。

実際に操作する場合は >> 表示をクリックするとフォルダやファイルが表示されるので素早く目的のファイルを開けます。