Windows10 ユーザー辞書に単語を登録・編集・削除する方法

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows PCでOfficeのWordなどの文書を作成する場合では日本語変換も行いますが、この時に自分にとって最適な日本語変換できれば何も問題ありません。

でも、ローマ字変換した場合に自分の求める単語がドンピシャ!で変換されない場合もあると思います。このような場合ではスペースを連打して候補を選択するパターンになります。

この連打の回数が多ければ多いほど、作業の効率性も落ちてくる事になるため、モチベーションの低下にも繋がる可能性があります。

そうならない為にもユーザー辞書を整備しておく事も必要になります。

今回の記事は『Windows10 標準 IME ユーザー辞書に単語を登録・編集・削除する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 文書作成等で日本語入力する場合

WindowsノートPCを所持しており、日本語入力も毎日のように行っていますが、テキストエディタやOffice互換ソフトを利用して文書作成している場合が多いです。

テキストエディタ

キーボード入力する場合に利用しているアプリといえば、基本的にはメモ帳などのテキストエディタを利用しています。とはいえ、Windows標準のメモ帳ではなくAtomテキストエディタになります。

どうしてメモ帳を利用していないのか?と言うと、メモ帳も確かに使ってはいるのですが、そんなに利用頻度としては少ないです。

実際に利用している用途としては、本当にメモをしておくといった用途に特化していると言った方が正解になります。それ以外のブログなどの下書きの用途はAtomテキストエディタを使っています。

このエディタは一長一短があるので、使い勝手はそんなに良い訳でもないのですが、それでも利用しているところをみると、それなりにお気に入りなのかも知れません。

 

Libreoffice

Windows PCではoffice も利用すると思いますが、Microsoft Officeは利用していません。使っているのはLibreofficeになります。無料で全ての機能が利用できるMicrosoft Office 互換ソフトウェアです。

文書作成や表計算を利用する場合では、Libreoffice ドキュメントやCalcを使いますが、この場合では、その都度、新しい単語が出て来るとユーザー辞書に登録するように心がけています。

ちょっと面倒に感じますが、登録しておけば、次回に役立ちますから、このような手間は惜しまないようにしています。手間と言っても大した手間ではないので、仕事に密接に関係する事はサッサとやっておくべきに限ります。

因みに、Microsoft Office と Libreoffice はどっちが使い勝手が良いのか?と言うと、間違いなくMicrosoft Officeだと実感できます。

この辺が有料ソフトと無料ソフトの違いなんだと思います。

 

スポンサーリンク

Windows10 ユーザー辞書に単語を登録する方法

ここでは、ユーザー辞書に単語を登録する方法についての紹介になります。タスクバーから単語を登録する方法についての内容となります。

ユーザー辞書の整備も必要

OfficeのWordやExcel、Power Pointなどを利用する場合では、日本語変換も必要になりますが、この場合ではピンポイントで自分の求める単語が変換候補に表示されるのか?によっても作業の効率化に影響が及びます。

作業時間が遅くなっても問題ないというのであれば、気にする必要はありませんが、仕事という場合でも作業の効率化も考えないといけないため、ほんの小さな事でも取り組んだ方が良い結果に繋がります。

業務の報告書をパソコンで作成する場合では、ローマ字変換等で日本語入力しますが、この時にドンピシャ!で自分が求めている単語が変換候補に表示されれば問題ありません。

全て、そのように表示されないにしても、変換キーを何度か押さないと求める単語が表示されない場合では、ユーザー辞書を整備した方が良いのではないか?と考えます。

そのまま買ったまま、又は 与えられたままの状態で日本語入力しても効率的ではないので、自分にとって使いやすいようにカスタマイズする事も必要です。

 

タスクバーからユーザー辞書に単語登録

① タスクバー
タスクバーに表示されている「」にマウスのカーソルを合わせます。

 

② 「あ」を右クリック
タスクバーに表示されているIMEオプションである「」又は「A」を右クリックします。

 

③ 単語の追加
単語の追加をクリックすると、「単語の登録」のポップアップが開きます。

 

④ 必要事項を入力
単語、よみ、ユーザーコメントを入力して登録ボタンをクリックします。

 

⑤ 閉じる
単語を1つ登録するだけであれば、閉じるをクリックし、2つ目の単語を登録するのであれば、次の単語を登録します。

 

Windows10 ユーザー辞書の編集・削除の方法

ユーザー辞書に登録した単語を編集 又は 削除する場合はユーザー辞書ツールにて行います。先ずはIMEツールバーから操作するのが簡単に行えます。

IMEツールバーを表示する方法

① 設定を開く
スタートボタンから設定を開きます。

 

② 時刻と言語
時刻と言語を選択した上で、言語をクリックします。

 

③ 言語
日本語が表示されているので、日本語をクリックして、オプションもクリックします。

 

④ 言語のオプション:日本語
Microsoft IMEをクリックして、オプションもクリックします。

 

⑤ Microsoft IME
デザインをクリックすると、IME ツールバーのスイッチが表示されまるのでオンにします。

 

IMEツールバーから単語を編集する方法

① IMEツールバー
IMEツールバーをオンにすると、タスクバーの右端の直ぐ上に、IMEツールバーが表示されます。

 

② 辞書ツール
IMEツールバーの辞書ツールをクリックすると、ユーザー辞書が表示されるのでクリックします。

 

③ 編集する単語
実際に編集する単語を見つけてダブルクリックします。

 

④ 編集
「単語の変更」という名称のポップアップが開くので、単語を編集して登録します。

 

単語を削除する方法

① 単語の削除
Microsoft IME ユーザー辞書ツールで削除したい単語をクリックして選択します。

 

② 編集
編集(E)をクリックすると、削除が表示されるのでクリックします。

 

③ メッセージ表示
「選択された単語を削除しますか?」というメッセージが表示されるので、「はい」か「いいえ」をクリックします。

 

スポンサーリンク

Windows10 日本語IMEは自分にとって最適な物を選択

Windows PCで使う日本語IMEは標準ではMicrosoft IMEが搭載されているので、これを利用する事になりますが、必ずしも自分にとって最適に感じるという訳ではないです。

Windows10 タスクバーの通知領域はカスタマイズできる!アイコン表示を選択する方法
nbsp; 皆さん こんにちは! Windows PCを利用している場合では、タスクバーを何かしらで利用していますが、アプリを起動する目的で使っている場合が多いのでは?と思います。 ユーザー辞書に単語を登録する用途でも利用...

Microsoft IME 日本語

Windows10 標準IMEの場合では、色々と使い勝手が悪いような気がします。その1つの例を挙げるとすれば、単語を編集や削除する場合にIMEツールバーを表示しないといけないのが不便です。

実はタスクバーに表示されているIMEオプションの「」右クリックすると簡単に表示・非表示する事ができるため、そんなに目くじらを立てることではないです。

それならば右クリックメニューの中にユーザー辞書ツールを含めておいてくれた方が助かります。

あと、IMEパッドは素直に便利に使えますが、ちょっと小さいかな?と感じます。

 

Google 日本語入力

現在利用している日本語IMEはGoogle日本語入力になります。Windows標準のMicrosoft IMEよりも使い勝手が良好に感じるため、こちらに乗り換えました。

IMEオプションの「あ」を右クリックした場合に単語登録辞書ツールにアクセスできるので簡単に登録及び編集・削除が行えるので便利に感じます。

でも、Microsoft IMEのようにIMEパッドが無いので、必ずしも便利ではないです。でも、無料で利用できる日本語IMEでかつ、使い勝手が良いので満足しています。