Windows10 スクリーンショットはゲームバーでも撮影できる(Xbox Game Bar)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows PCを利用している場合では、画面のハードコピー(スクリーンショット)を撮影する場合もありますが、この時にどのような方法で撮影していますか?

通常であれば、Windowsキーを押しながらPrint Screenを押して、画面全体を撮影する方法を利用すると思います。この方法以外でも「切り取り&スケッチ」を利用すればスクリーンショットを撮影できるのでどちらも便利に利用できます。

実はこの2つ以外でもスクリーンショットを撮影できます。画面を録画する場合に利用する Xbox Game Bar(ゲームバー)でも行えるので便利に感じます。

今回の記事は『Windows10 スクリーンショットはゲームバーでも撮影できる(Xbox Game Bar)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 スクリーンショットを撮影する方法

Windws10で画面のスクリーンショット(ハードコピー)を撮影する場合は、いくつかの撮影方法がありますが、どれを利用すれば良いのでしょうか?

Windowsキー + Print Screen

画面全体のスクリーンショットを撮影する場合では、ショートカットキーの「Windowsキー + Print Screen(プリントスクリーン)」を使うと撮影できます。

あくまでも画面全体のハードコピーになるため、画面の特定の一部分を指定する事ができないのが特徴の1つになります。

保存先は何処なのかな?も気になりますが、ピクチャの下にあるスクリーンショットのフォルダに保存されます。

 

切り取り&スケッチ

Windowsキー + Print Screenを利用する場合では、画面全体のスクリーンショットを撮影できます。でも、画面全体ではなく画面の一部のみを切り取ってスクリーンショットしたい場合には対応できません。

この場合ではWindows10 標準アプリの「切り取り&スケッチ」を利用します。スタートボタンをクリックして表示されるスタートメニューから起動できます。

又は、タスクバーにある🔎検索ボックスに「切り取り&スケッチ」と入力した上で、開くをクリックすると起動しても良いです。

 

ゲームバー(Xbox Game Bar)

画面の録画を行う場合に利用する機会のあるゲームバーでもスクリーンショットを撮影できます。Windows10 標準アプリに含まれているので、アプリ一覧から起動できます。

また、よく利用する機会がある場合はタスクバーにピン留め固定するのも良いと思います。

 

スポンサーリンク

Windows10 スクリーンショット方法(切り取り&スケッチ)

Windws10標準アプリの切り取り&スケッチについての紹介になります。このアプリは複数のパターンでスクリーンショットを撮影できます。

画面全体のスクリーンショットも撮影できる

「Windowsキー + Print Screen」の場合では、画面全体のスクリーンショットを撮影できますが、切り取り&スイッチでも画面全体を撮影できます。

この場合では新規をクリックした上で「全画面表示の切り取り」を選択すると撮影されて、画面に表示されます。さらに、ペイント機能も搭載しているため、その場でトリミングなどの加工も行えるようになっています。

 

画面の一部分のスクリーンショットも撮影できる

① 四角形の領域切り取り
四角形で画面の任意の場所を切り取ってスクリーンショットが行えます。

 

② フリーフォーム領域の切り取り
四角形ではなく、なげ縄のような感覚で画面の一部を切り取ってスクリーンショットにも対応しています。実際に使ってみると、あまり便利ではないので、利用頻度は少ないのでは?

 

② ウィンドウの領域を切り取り
ウィンドウの領域を切り取って撮影する事もできるため、自分にとって最適に感じるスクリーンショットを撮影できるようになります。

 

切り取り&スケッチは保存先を選択できる

ショートカットキー(Windowsキー + Print Screen)でスクリーンショットする場合では、保存先は必ずピクチャの下にあるスクリーンショットのフォルダに保存されます。

切り取り&スケッチの場合は、名前を付けて保存できるため、保存先を自由に選択できます。とはいえ、標準ではピクチャが保存先として開きます。

指定の任意のフォルダに変更する事もできるため、使い勝手は良いと思います。

 

Windows10 スクリーンショット方法(xbox Game Bar)

Windws10標準アプリのxbox Game Bar(ゲームバー)を利用してスクリーンショットを撮影する方法についての紹介になります。

Xbox Game Bar (ゲームバー)について

ゲームバーは基本的には、Windows10でプレイしているゲームの操作をコントロールできるアプリになります。

その他の機能として、アプリの画面を録画できる機能 及び スクリーンショットを撮影する機能を搭載しています。

但し、ここで注意事項があり、ゲームバーで撮影されたスクリーンショットは、ピクチャの下にあるスクリーンショットのフォルダに保存されません。

それならば何処に保存されるのか?と言うと、ビデオの下にあるキャプチャのフォルダになります。

 

スクリーンショット撮影方法(ゲームバー)

① Xbox Game Bar 起動
スタートメニューのアプリ一覧から起動する方法、タスクバーにピン留め固定して起動する方法、ショートカットキーで起動する方法があります。

 

② ショートカットキーで起動
Windowsキー + G」でゲームバーが起動できます。これが最適な起動方法になります。

 

③ キャプチャ
ゲームバーを起動すると左上にキャプチャのウィンドウが表示されます。その中に📷アイコンが表示されているので、ここをクリックすると静止画が保存できます。

 

ゲームバーの補足事項

間違って、キャプチャのウィンドウの✕をクリックしてしまった場合では、サイド、「Windowsキー + G」でゲームバーを起動しても表示されません。

この場合はウィジェットメニューを開いて、キャプチャをクリックすると表示されます。

 

スポンサーリンク

Windows10 ゲームバーは画面の録画も行えるので便利

Window10 標準アプリのxbox Game Barは、プレイしているゲームの操作をコントロールできるアプリになりますが、スクリーンショットだけでなく、画面の録画を撮影する事もできます。

Windows10 スクリーンショット 方法!切り取り&スケッチが便利に使える
皆さん こんにちは! Windows10で画面全体のスクリーンショット(ハードコピー)を撮影する場合では、ショートカットキーを利用するのが簡単でかつ最適に感じます。 というのも、スクリーンショットされた画像ファイルはピク...

Xbox Game Bar 画面の録画もできる

キャプチャのウィンドウで録画ボタンをクリックすると、画面を録画できます。但し、デスクトップ画面やエクスプローラーは録画できません。あくまでも録画できるのはアプリの画面になります。

基本的に録画したファイルはビデオの下にあるキャプチャのフォルダに保存されますが、保存先のフォルダは設定で変更する事もできます。

 

ゲームバーで画面の録画をする方法

① ゲームバー起動
Windowsキーを押しながら、Gを押すとゲームバーが起動します。

 

② 録画ボタン
録画ボタンをクリックすると、録画の状態のポップアップが表示されるます。

 

③ 録画の状態
録画の状態のポップアップ内にある録画の停止ボタンをクリックすると録画が停止します。

 

④ 保存先
録画したファイルはビデオの下にあるキャプチャのフォルダに保存されます。静止画もこのフォルダに格納されるため、ゴチャ混ぜ感があります。

 

ショートカットキーでも録画できる

Windowsキー + Alt + R」の組み合わせで押すと、ゲームバーを起動しないで録画が行えます。録画を終了する場合は、もう一度、同じ操作を行えば録画が停止します。又は、マウスで録画の停止ボタンをクリックします。