Windows PCのサブディスプレイにChromebook活用(アプリ連携)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メインのパソコンとしてWindowsノートPCを利用し、サブのパソコンとしてChromebookを利用して併用していますが、連携する活用方法は行っていません。

何故か?と言うと、上手く連携できる活用方法が見つからないのが理由の1つに該当します。逆を言えば、有効に活用できる連携方法が有り、その方法について熟知していれば何も問題ないという事になります。

そのため、上手く連携活用できる方法を模索していますが、なかなか、これといって有効に感じる連携活用が見つからないのが実情だったりします。

そこで、キーボードを着脱できるChromebook Lenovo IdeaPad Duet をWindowsパソコンのサブディスプレイに活用したらどうなるのかな?についてチャレンジしてみました。

今回の記事は『Windows PCのサブディスプレイにChromebook活用(Spacedesk アプリ連携)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows PCのサブパソコンとしてChromebook利用

メインで利用しているWindowsノートPCの他にサブPCとしてChromebook Lenovo IdeaPad Duetを所持して使っていますが、いずれ訪れるであろう?使わなくなった場合の活用方法は何が良いのかな?をよく考えています。

サブPCは必要?

そもそもサブPCは必要なのかな?と思う場合もあります。こればっかりは、その人がどのように考えるのか?でも変わって来るため、一概には何とも言えないのが実情になります。

それに、自宅にあるパソコンがデスクトップPCの場合では、基本的に据え置きタイプになるため、気軽に持ち運びできないですから、そういった場合に持ち運びに対応できるノートパソコンがあると重宝します。

相互のPCの特徴や特性を上手く活用できればウィン・ウィンの関係になるため、使い道に困って宝の持ち腐れになるリスクを軽減できます。

とはいえ、必ずしもウィン・ウィンの関係とは限らないのが現実ですから、複数PCを上手く活用できない場合は持て余すような使い方になる場合が多いです。

 

ChromebookはWindows PCと併用する活用方法

どうしてWindowsノートPCがあるのにも関わらずChromebookも利用しているのか?と言うと、ハッキリ言えば、Chrome OSに興味が有ったからです。

Windows PCで利用する方法もありますが、その方法は行わずに購入して活用する方法を選択しています。

というのも、デタッチャブルに対応しているLenovo IdeaPad Duetが魅力的に感じてしまったのが原因でもあります。

Androidアプリも利用できるタブレットPCが有ると便利に感じるので、仕方ない選択となります。

実際にはどのように活用しているのか?と言うと、GoogleスプレッドシートなどのGoogle系アプリを利用する目的で使っています。

あくまでも併用での使い方になります。ファイル転送に限って言えば、Windows PCと連携活用していますが、それ以外の用途では全く連携していません。

 

ChromebookをWindows のサブディスプレイに活用

ChromebookとWindows PCの連携には色々な活用方法がありますが、アプリを利用してWindows PCのサブディスプレイに活用する方法もあります。

Windows PCと併用するChromebookの活用について

Windows PCとChromebookを連携活用する場合では有効なのか?は別として、サブディスプレイに活用する方法もあります。そんなに活用方法としては説得力に欠ける事もあり、これまでは見向きもしていなかったです。

どうして見向きもしなかったのにも関わらず興味をもったのか?と言うと、同じ用途で利用できるノートPCをいくつも所持していると、使い道に困って活用方法に悩むパターンに陥る場合もあるからです。

実際に活用できるのか?は別として選択肢の1つとして実際にチャレンジしてみてからでも遅くはないという考えに改めたのがキッカケになります。

その結果、有効だと判断できれば、その活用方法を採用すれば良いので、やる前から諦めてしまうのは良くないと思います。

 

Windows PCのサブディスプレイ活用にチャレンジ

ChromebookをWindows PCのサブディスプレイ活用するにあたり、先ずはどのように行えば実現できるのか?について調べまくりました。

Windows」、「Chromebook」、「サブディスプレイ」の3つのキーワードで検索した結果、無料で利用できる専用アプリが有る事が判明。

お試しでチャレンジするには無料で利用できるアプリでチャレンジするのが最適なので、真っ先に飛び付きました。そのアプリはSpacedeskになります。

インストールすれば簡単に使えると書いてあったので、それを信じた訳ですが、簡単と言えば簡単ですけれども、WindowsとChromebookの接続はどうやるのかな?で躓いています。

 

Windows Chromebook Spacedesk 使用・接続方法

ここでは、Windows版Spacedesk 及び Android版Spacedeskを利用して、Chromebook をWindows PCのサブディスプレイに活用する方法についての紹介になります。

使用するアプリはSpacedesk

Windows PCのサブディスプレイにChromebook Lenovo IdeaPad Duet を利用するにあたり必要になるのがアプリになります。

無料で利用できるのはSpacedeskというアプリなので、これをインストールしてお試し活用となります。サーバー用と端末用の2つのアプリが必要になります。

 

インストール方法

① Windows
Windows PCがメインなので、サーバー用アプリであるSpacedeskをダウンロードします。Spacedeskで検索すればダウンロードサイトが表示されます。

 

② Android
端末用のアプリとしてAndroidアプリ版のSpacedeskをChromebookにインストールします。ChromebookはAndroidアプリが利用できます。

 

Spacedesk 起動・接続方法

① Windows PC
先ず最初にWindows PCでSpacedesk(サーバー用アプリ)を起動します。

 

② Chromebook
次にChromebook でSpacedesk(Android用アプリ)を起動します。

 

③ 接続方法
Connect to Primary Machine (Server)の右側に表示されているをクリックします。

 

④ IPアドレス
IPアドレスを入力するように指示されるので、サーバーアプリに表示されている IP-Address (192.◯◯◯.◯.◯◯◯)を入力します。

 

⑤ 切り替わる
Windows PCのデスクトップ画面がChromebookのデスクトップに表示されます。

 

スポンサーリンク

Windows Chromebook Spacedesk使用レビュー

ChromebookをWindows PCのサブディスプレイに活用した場合のメリット・デメリット 及び Spacedesk使用レビューにんります。

サブディスプレイ活用はしなくて良い

実際にSpacedeskというアプリを利用して、Windows PCサブディスプレイにChromebookを活用してみましたが、自分がイメージしていたより、全然使えない感が漂っている状況なので、この選択はしなくてもOKだと思います。

カーソルの反応が遅いので作業の効率化は望めないです。むしろ、サブディスプレイとして活用するのであれば、Windows PCで仮想デスクトップを利用した方が遥かに作業の効率化に繋がります。

そのため、こういう活用方法も有る!と認識しておけば良いと思います。

 

Chromebookのシェルフ

Chromebookのシェルフは自動的に隠れている状態になります。タッチパッドやマウスのカーソルを画面下側に合わせると、自動的に表示されます。

カーソルを他の部分に移動すると隠れてしまいます。

 

Spacedesk使用レビュー

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet をWindows PCのサブディスプレイとして活用する場合では、厳しい現実が待ち受けています。

頭の中でイメージしていたよりも活用できない感ありと言った方が正解なのではないかな?と個人的に考えます。特に、反応が遅いのでタイムラグが有りますし、カーソルの動き方がぎこちないです。

さらに新規にファイルやフォルダを作成した場合では日本語が利用できないのでファイルやフォルダ名称は英文字となります。これだけならば許せる範囲なのですが、まだあります。

終了方法が分かりません。サブディスプレイを終了させる場合に、どうやって終了させれば良いのかな?と大いに悩みます。

タッチパッドで3本指のジェスチャー操作で仮想デスクトップ画面を開いてSpacedeskを終了させる方法で終わらせましたけど、使いづらいと感じました。