Windows10 タスクバーの通知領域はカスタマイズできる!アイコン表示を選択する方法

Windows
スポンサーリンク

nbsp;

皆さん こんにちは!

Windows PCを利用している場合では、タスクバーを何かしらで利用していますが、アプリを起動する目的で使っている場合が多いのでは?と思います。

ユーザー辞書に単語を登録する用途でも利用しますが、この用途は毎日のようにある訳ではないです。毎日と言えば、おそらくスタートボタンやウェブブラウザを利用するのが多いのかも知れません。

いずれにしても、スタートボタンやアプリのアイコンはタスクバー上にあるため、自分ではあまり気にしていなくても便利に使っているという裏返しでもあります。

それならば、便利に使いこなしているのか?と言えば、たぶん使っていないと思います。何故か?と言うと、あくまでも利用しているのはピン留めしてあるアプリが圧倒的に多いからです。それ以外はデフォルトの状態のままという場合が多いです。

今回の記事は『Windows10 タスクバーの通知領域はカスタマイズできる!アイコン表示を選択する方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 便利に使えるタスクバー

Windows10のタスクバーは使い方次第で便利に利用できる機能の1つに該当しますが、実際にはどの程度使いこなしているのでしょうか?

タスクバーは移動できる

Windows10のタスクバーはデフォルトでは画面の下側に配置されていますが、左・右上・下の4箇所に移動できます。この場合は2種類の方法があります。

1つは「タスクバーの固定を解除」した上で、マウスでドラッグ&ドロップ操作で移動する方法。もう1つは「タスクバーの設定」を開いて、選択する方法。

どちら?にするかは個々の判断にお任せとなりますが、あえて言えば、タスクバーの設定で行った方が簡単でかつ最適になのでは?と個人的に考えます。

 

デスクトップ・ツールバーも追加できる

ウェブブラウザをなどのウィンドウを開いている状態でデスクトップ画面に置いてあるExcelファイルなどを開きたい場合もあります。

この場合ではデスクトップ画面を表示する必要がありますが、タスクバーにデスクトップ・ツールバーを表示させれば、その必要がありません。

ファイルやフォルダも開けるため、使い方次第で便利に利用できる裏技になりますが、デスクトップ・ツールバーを表示させると、弊害も発生するため、必ずしも最適な選択ではないです。

 

検索ボックスを検索アイコンに変更できる

タスクバーには検索ボックスがありますけど、無駄に広いスペースといった感じなので、タスクバーにピン留めできるアプリのアイコンにも影響が及びます。

というのも、検索ボックスをあまり利用していない場合もあるため、この場合でも表示されている事になります。

あまり利用していないのであれば、非表示にする 又は 🔎アイコンを表示した方がピン留めできるアプリを増やせます。

この変更もタスクバーの空いているスペースで右クリックする事で簡単に行えるため、🔎表示に変更した方が良いのでは?

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーの通知領域には何を配置している?

タスクバーには色々な機能が搭載されていますが、アプリのアイコンをピン留めして固定できるだけでなく、通知領域もあります。

タスクバーに通知領域に表示されているアイコン

通知領域?と思うかも知れませんが、タスクバーには通知領域なる部分があります。それは具体的に何処を指すのか?と言うと、アプリのアイコンがピン留めされている右横のエリアになります。

隠れているインジケーターのアイコンの右横にはOneDriveやバッテリーなどのアイコンが表示されていますが、正にこのアイコン群が通知領域に該当します。

ここにはWi-Fiやスピーカーも表示されているため、パソコンで音楽を聴いたり動画を視聴する場合では音量を調節する場合もあります。

これらのアイコンは表示されているから便利に使えるので、仮に表示されてなかったら困ってしまう場合もあります。

 

表示されているアイコンは自分にとって最適なのか?

タスクバーの通知領域に表示されているアイコンは色々ありますけど、これって本当に自分にとって最適に感じるアイコンが表示されているのでしょうか?と気になった事はありませんか?

確かにどれも必要に感じているのであれば、何も問題ありませんが、あまり関係ないアイコンも含まれているよ!という場合も有ると思います。

又は、もっと別のアイコンを表示したいと感じる場合もあるのでは?このような場合では、カスタマイズをしたいと感じるのでは?

でも、実際にはそのように感じていても、何か面倒に感じて何もやらない場合も多いのでは?と思います。

 

Windows10 タスクバーの通知領域はカスタマイズできる

タスクバーの通知領域の表示されているアイコンは自分にとって最適に感じるアイコン群ではない場合もあります。この場合はカスタマイズするのが最適です。

タスクバーの通知領域はカスタマイズできる

タスクバーには通知領域がありますが、ここに表示されているアイコンは自分にとって最適に感じる機能を選ぶ事ができます。

デフォルトで表示されているのは、「Microsoft OneDrive」、「電源」、「ネットワーク」、「音量」の4つになっている場合が多いです。

OneDriveは利用していないから外して、他の機能を追加して表示したいと考えている場合は、カスタマイズした方が良いと思います。

でも、それはどこで行えば良いのか?も気になると思いますが、基本的にタスクバーの設定からアクセスできます。

 

タスクバーの通知領域はカスタマイズする方法

① タスクバー
タスクバーの隠れているインジケーターのアイコンにカーソルを合わせて右クリックします。

 

② タスクバーの設定
次に右クリックするとメニューが開きますが、一番下にタスクバー設定が表示されているのでクリックします。

 

③ 下を表示
マウスのスクロールボタンを操作して通知領域が出て来るまで移動します。

 

④ 通知領域
「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリックします。

 

⑤ 各種スイッチ
現在通知領域の表示されているスイッチがオンになっています。オフになっている機能は表示されていないので、この中から自分にとって最適に感じる機能をオン・オフします。

 

補足事項

基本的にWindows10の標準アプリがここに表示されている場合が多いですが、稀に追加インストールしたアプリも表示されている場合があります。

代表例としては、ファイル転送アプリのSendAnywhereが該当します。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーは使いやすいように活用を

タスクバーに表示されている音声アシスタントのCortanaを利用していない場合もありますが、実際にそんなに使っていないのに表示させておくのも良いですが、必要に応じて表示・非表示したい場合もあるのでは?、

Windows10 タスクバーを便利に使う活用方法!デスクトップ・ツールバーを追加
皆さん こんにちは! Windows PCを利用している場合では、タスクバーも便利に使っていると思いますが、具体的にどのように利用しているのでしょうか? ただ単にソフトを素早く起動する目的で使っている場合も多いのでは?と...

デフォルト表示のままでは活用できない

Windows10のタスクバーをアプリのピン留め固定は活用するけれども、それ以外の表示はデフォルトの状態で利用している場合も多いのが実情だと思います。

これでは便利に活用しているとは言えないのではないか?と個人的に考えます。やっぱり、せっかくパソコンを購入して使っているのですから、自分にとって使いやすいようにカスタマイズした方が効率的に操作できます。

それに効率的に操作できれば必然的に活用できるようになるので一石二鳥に繋がるのではないか?と考えます。Cortanaやタスクビューの表示・非表示はタスクバーを右クリックすれば簡単に行えるので、お試しで触ってみるのも良いかも知れません。

 

アプリをピン留め固定だけは勿体ない

何だかんだ言っても一番利用しているのはアプリのアイコンをタスクバーにピン留めして固定or解除になる場合が多いですが、これだけでというのは勿体ないと思います。

実際に便利に感じるのか?は別して、標準で搭載されている機能は一通り実際に試してみてから判断するのも1つの方法になります。

とはいえ、デフォルト状態でも慣れてしまえば便利に感じるのも事実なので一概には何とも言えません。

 

検索ボックスはカスタマイズした方が良い

検索ボックスは検索アイコンにした方が良いですが、🔎表示にしても機能は全く同じなので、利便性は損なわずにアプリのピン留め固定が便利に利用できるようになります。