Windows10 タスクバーを2段にする方法(アプリ2段表示)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンでは何をするにもタスクバーを便利に使った方が上手く活用できるので重宝していますが、それでもよく使うアプリが豊富にある場合はイマイチに感じます。

というのも、よく使うアプリはタスクバーにピン留め固定した方が便利に使える反面、あまりピン留めし過ぎると、今度は逆に使い勝手が悪くなってしまうので、この絶妙なバランスも重要になります。

一番良いのは毎日のように利用しているアプリは全てピン留め固定した上で、マウスでクリックすれば一発起動できる状態で表示しておくことだと思います。

マウスでタスクバーの矢印をクリックして表示するのではなく、最初からタスクバーに📌してある全てのアプリを表示しておけば便利に使えるのでは?と感じます。

今回の記事は『Windows10 タスクバーを2段にする方法(アプリ2段表示)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーにピン留め固定のアプリ

Windows PCではよく利用するアプリをスタートメニューやタスクバーにピン留めできるようになっています。どっちに📌しておいた方が良いといった使い方もできるので便利です。

アプリをピン留め

タスクバーには検索ボックスや音声検索機能付アシスタントのCortana、タスクビューのアイコンも表示されていますが、アプリもピン留めできるようになっています。

基本的にアプリはスタートメニューのアプリ一覧から起動できますが、毎日のように頻繁に利用しているアプリを、いつもスタートメニューから起動するのは効率的ではないです。

デスクトップ画面から一発起動できるタスクバーに配置しておいた方が便利に活用できます。

 

ツールバーを表示

タスクバーにピン留めできるのはアプリのアイコンだけではなく、フォルダもピン留めできます。この場合ではピン留めというより、ツールバーを利用する方法となります。

タスクバーにツールバーを表示できるので、タスクバーに表示したいフォルダを選択すれば良いのである。そうすると、わざわざエクスプローラーを開いて目的のファイルを見つける手間がないです。

その結果、ピンポイントで目的のアプリやファイルを一発起動できるので便利に使えるメリットがあります。

 

検索ボックス、Cortana

タスクバーには全く使っていないのにも関わらず幅を効かせているアイコンや機能も表示されている場合があります。この状態で便利に使う事もできますが、効率的ではないです。

特に検索ボックスCortanaが該当するのでは?と思います。これらのアイコンはタスクバーから非表示できるため、利用していないのであれば非表示にした方が良いです。

 

Windows10 タスクバーは2段表示できる?

Windowsパソコンでタスクバーは便利に使えるので重宝しますが、ピン留め固定するアプリが多い場合では逆に使い勝手も悪くなってしまうので2段表示にしいたいな~と感じる場面もあります。

タスクバーは2段表示できる

毎日のようによく利用しているアプリはタスクバーにピン留め固定した方が便利に使えますが、そのアプリが多い場合ではタスクバーに表示し切れない場合も発生します。

この場合では2段表示したいな~と感じます。実際には2段でも3段でも表示できますが、それを行うと逆に弊害も発生するため、必ずしも便利に使えるという訳ではないです。

その弊害とは何なのか?になりますが、タスクバーを2段以上にすると画面がその分狭くなってしまうので結果として作業スペースも小さくなります。

特にWordやExcelといったOfficeアプリを利用している場合では影響があると思います。

 

2段表示しないでアイコンを小さくする方法もある

タスクバーを2段表示すると、ピン留めできるアプリが増えるので便利に感じますが、他にも方法があります。それは、タスクバー全体のアイコンを小さくする方法になります。

これを行う事でアイコンが小さくなるので必然的に空いている部分も増えるのである。その結果、空いているスペースにアプリをピン留めできるので1つの方法として検討するのも良いと思います。

但し、便利なのか?と言うと、こればっかりはその人の感じ方なのではないかな?と考えます。というのも、時刻・日付表示も小さくなってしまうので時刻のみ表示に切り替わってしまうからです。

それでも問題ないよ!という場合に試すのが良いのでは?

 

Windows10 タスクバーに表示のアプリを2段表示する方法

ここではWindowsパソコンでタスクバーを2段表示する操作方法についての紹介になります。操作方法は簡単なので誰でも問題なく行なえます。

タスクバーの2段表示するカスタマイズ方法

① 前提
ここでは、タスクバーが固定されている事を前提に紹介する内容となります。固定していない場合はから読んでください。

 

② タスクバー
タスクバーの空いている部分 又は 隠れているインジケーターのアイコンを右クリックすると、「タスクバーを固定する」が表示されるので、これをクリックします。

 

③ 境界線
タスクバーとデスクトップ画面の境界線にマウスのカーソルを合わせると、↕ が表示されます。

 

④ ドラッグ&ドロップ
↕が表示されている状態で、マウスでドラッグして持ち上げると、タスクバーが2段表示になります。同じ要領でもう1つ上げると3段表示もできます。

 

小さいアイコンに設定する方法

① タスクバーの設定を開く
タスクバーの空いている部分 又は 隠れているインジケーターのアイコンを右クリックするとタスクバーの設定が表示されるのでクリックします。

 

② 小さいタスクバーボタン
「小さいタスクバーボタンを使う」の右隣に表示されているスイッチオンに切り替えます。

 

③ 確認
タスクバーに表示されているアイコンが小さくなります。

 

小さいアイコンに設定するメリット

小さいアイコンに設定した場合では、現在よりも多くのアイコンをタスクバーに表示できるようになるため、たくさんピン留めしている場合は有効な手段と言えます。

その反面、タスクバー全体が小さなアイコン表示になってしまうので、時刻・日付もその影響を受けてしまい、時刻のみ表示となります。

必ずしも便利に感じるという訳でもないため、賛否両論よりも、あまり良くないかな?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバー2段表示のメリット・デメリット

毎日のように利用しているアプリが多い場合ではアプリを表示できるスペースが少なくなってしまうので2段表示にする選択も1つの方法になります。この場合は一長一短についての紹介になります。

Windows10 タスクバーに新規ツールバーを設定して使う活用方法
皆さん こんにちは! Windws10のタスクバーには色々と便利に使える機能が搭載されているので、自分好みに使いやすいようにカスタマイズする事も可能です。 仮に自分だけのオリジナル仕様のタスクバーにする場合では、デスクト...

タスクバーを2段表示するメリット

① アプリを多く配置できる
2段表示にした場合では、純粋に現在ピン留め固定しているアプリを約2倍に配置して表示できるようになるので、使い勝手が向上する可能性が高いのがメリットになります。

 

② ツールバーも複数配置できる
タスクバーが1段表示の場合では複数のツールバーを配置するとピン留め表示できるアプリに影響が及ぶ可能性が高くなりますが、2段表示にすれば影響は軽微で済む可能性が高いです。

 

③ Cortanaなど
検索🔎やCortanaといったアイコンを配置したままの状態で、アプリの📌だけを2段表示できます。ちょうど中央部分だけが2段表示になる感じ。

 

スペース的に勿体ない感あり

タスクバーを2段表示にした場合では、一見すると便利に活用できると思ってしまいますが、実際にこれを利用してみると、必ずしもそうではない事に気が付きます。

例えば、確かにピン留め固定されているアプリに関して言えば2段表示になっていますが、それ以外の部分は1段表示の状態になるのでスペース的に勿体ないと感じます。

厳密に言えば「OneDrive、電源、Wi-Fi、音量」は2段表示、「時刻、日付、曜日」は3段表示になっています。

 

タスクバーを2段表示するデメリット

タスクバー2段表示にした場合では、明確なデメリットも発生します。タスクバーが1段増えるので純粋に画面がその分、狭くなります。

さらに、もう1つあります。このアプリは1段目。あのアプリは2段目と指定できないのが残念です。

画面が狭くなれば実質的にアプリなどのウィンドウも狭くなるので、作業スペースも狭くなります。それでも問題ないよ!と思う場合のみ2段表示にした方が良いと思います。