Windows10 スタートメニューのタイル カスタマイズ方法

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンでアプリを利用する場合ではスタートメニューやタスクバーから起動している場合が多いと思います。どちらの場合でも、デフォルトの状態では、ハッキリ言って使い勝手も悪いと感じるので便利に感じません。

それならば、どうすれば便利に使えるのかな?という部分に行き着くと思いますが、この場合では自分好みに使いやすいようにするしかないというのが個人的な見解になります。

せっかくWindowsパソコンがあるのに、購入したままの状態で活用するのは限界が有りますし、逆に時間的にも勿体ないと感じます。

とはいえ、カスタマイズするとなると、面倒に感じますし、設定画面を変更すると動かなくなってしまうのでは?とおっかなびっくりになる事もあります。

それならば、とりあえずスタートメニューを自分好みの仕様にする事から始めるのも良いと思います。

今回の記事は『Windows10 スタートメニューのタイル カスタマイズ方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 アプリはスタートメニューやタスクバーから起動

Windows PCでアプリを起動する場合は、どこから起動していますか?デスクトップ画面、タスクバー、スタートメニューといった場所が該当します。

デスクトップ画面からアプリ起動

デスクトップ画面にアプリのショートカットを配置して、マウスで「ダブルクリック」又は「右クリックして開く」で起動してアプリを起動する方法。

特にアプリを追加でインジケーターした場合ではデスクトップ画面にショートカットを配置する場合が多いです。

 

スタートメニューからアプリ起動

基本的にはアプリを起動する場合はスタートメニューのアプリ一覧 又は タイルから起動するのではないかな?と思います。

でも、毎回のように、スタートメニューを開いて、アプリを見つけて起動するのは効率的とは言えないのも実情になります。

特にデフォルト状態ではタイルも自分好みに変更されていないため、あまり使い勝手は良くないです。

 

タスクバーからアプリ起動

アプリを起動する場合で、一番使い勝手が良いのはタスクバーになります。ピンポイントで目的のアプリが固定されているので、アプリ一覧から探す手間が発生しません。

だからと言って、最適ではないのも実情です。何故か?と言うと、デフォルトの状態ではピン留めできるアプリが少ないのである。

アプリはいくつでも固定できるのですが、多く📌すると、非表示になってしまうアプリも有るので、余計な操作をする羽目になります。そのため、📌するアプリは厳選する必要があります。

 

Windows10 スタートメニューはカスタマイズできる

スタートメニューにはドキュメントやピクチャなどのフォルダやアプリ一覧、アプリのタイルを表示できる便利なメニュー画面になりますが、自分にとって最適に感じるメニューにカスタマイズできます。

タスクバーはカスタマイズできる

よく使うアプリはタスクバーにピン留め固定すると使い勝手も良くなるので便利に活用できるようになります。特に全く利用していないのにも関わらず幅を利かせているアイコン群。

その代名詞に該当するのが検索ボックスと音声認識機能付アシスタントのCortana(コルタナ)、天気なのではないでしょうか?検索ボックスは🔎に変更や非表示にする事もできます。

Cortanaは全く利用していないのであれば非表示にした方が良いです。天気は賛否両論なので一概には何とも言えませんが、邪魔に感じるのであればタスクバーから非表示にする事ができます。

 

スタートメニューもカスタマイズできる

タスクバーがカスタマイズできるのであれば、当然の事ですが、スタートメニューもカスタマイズできます。ここには大きく分けて3つの機能があります。

 

① フォルダを表示
設定や電源、ピクチャやドキュメントなどのフォルダにアクセスできる機能。ここを自分仕様にカスタマイズすることで便利に使えるようになります。

 

② アプリ一覧
Windows PCにインストールされている全てのアプリが一覧で表示されています。英数字のアルファベット順(後ろの方は、ひらがな順)で表示されています。

 

③ タイルを表示
アプリ一覧の右隣に表示されているのがタイルになります。ここではドラッグ&ドロップ操作で自由に位置を変更 又は アプリを追加できるようになっているため、自分仕様にカスタマイズできます。

 

Windows10 スタートメニューのタイル カスタマイズ方法

ここではスタートメニューのタイルをカスタマイズする操作方法(よく使うアプリをタイルに表示)についての紹介になります。グループ名やタイルも変更できますし、アプリ一覧を非表示にする事も可能です。

タイルをカスタマイズする設定方法

① 設定を開く
スタートメニュー 又は アクションセンターから設定を開きます。

 

② 個人用設定を選択
設定画面が開いたら、個人用設定を選択します。

 

③ スタートを選択
スタートのタブを選択した上で、「よく使うアプリを表示する」のスイッチをオンにします。

 

④ アプリ一覧を表示
アプリ一覧の上に「よく使うアプリ」が表示されます。

 

タイルをカスタマイズする実際の操作方法

① タイルにアプリを追加
タイルにアプリを追加してピン留めする場合では、アプリ一覧(よく使うアプリ)からドラッグ&ドロップ操作 又は アプリを右クリックしてスタートにピン留めとなります。

 

② グループの名前を変更
タイルを纏めているブループのタイトルはクリックすると変更できるので、適切な名前を付けます。

 

③ タイルを移動
タイルの位置が良くない場合はドラッグ&ドロップで自分好みの並び順に変更します。

 

④ 補足事項
スタートメニューのアプリ一覧は設定で非表示にする事もできます。あと、タイルは重複して配置できません。

 

スポンサーリンク

Windows10 スタートメニューをランチャー活用 及び 補足事項

ここではスタートメニューをカスタマイズすると、どのような活用が行えるのか?についての紹介になります。基本的にはランチャー活用が良さそうに感じます。

Windows10 ランチャーは標準機能の活用で代用(2つの方法で対応)
皆さん こんにちは! Windowsパソコンを利用している場合では、よく利用しているアプリもあれば、毎日ではないですけど、それなりに利用しているアプリ、又は 1ヶ月に1回程度の割合で使っているアプリも有ったりします。 こ...

スタートメニューをランチャー活用

スタートメニューをランチャーアプリの用途に活用する場合では、基本的にはカスタマイズで対応する事になります。

タイルを「仕事」や「生活」で使うアプリといった感じでグループ分けすると使い勝手も良くなります。

ここでの注意事項としては、タイルは重複して配置できないため、仕事や生活といったグループ分けをする場合では、Officeアプリをどっちのグループに入れるのか?で悩む展開も有るのでは?と思います。

 

ランチャーボタン(スタートメニュー)

ランチャーアプリの用途でスタートメニューを活用する場合では、起動方法も一本化した方が良いです。マウスでクリックするのも良いですが、これだとあまり効率的ではないです。

Windowsキーを押すだけでスタートメニューを表示・非表示できるので、Windowsキーに一本化した方が良いです。

 

アプリ一覧の表示・非表示について

① アプリ一覧
スタートメニューをランチャーとして利用する場合では、アプリ一覧をどうするのか?も関係あります。設定で非表示にする事もできますが、逆に不便に感じるのでは?と考えます。お好みで判断して頂くのが良いと思います。

 

② カスタマイズは1回限りではない
スタートメニューを自分好みにカスタマイズした場合では、残念ながら1回だけ行えばOKではないです。魅力的にアプリを追加する場合もあります。

この場合ではタイルに追加する場合もあるため、アプリ一覧を非表示するのは賢明の選択ではないと考えます。