Windows10 ランチャーは標準機能の活用で代用(2つの方法で対応)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンを利用している場合では、よく利用しているアプリもあれば、毎日ではないですけど、それなりに利用しているアプリ、又は 1ヶ月に1回程度の割合で使っているアプリも有ったりします。

このような場合に便利に感じるのがアプリのランチャーになるのではないでしょうか?そうなると、具体的にどんなアプリをインストールすれば満足できるのか?という話になりますが、どれも一長一短に感じると思います。

というのも、自分好みに作られている訳ではないので妥協も必要だからです。

でも、妥協すると自分にとって最適に感じるという訳ではないので、それならば標準機能で自分なりにアレコレ考えて活用するのも1つの方法になるのでは?と思います。

今回の記事は『Windows10 ランチャーは標準機能の活用で代用(2つの方法で対応)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 ランチャーを利用したい場合もある

Windows PCを利用している場合では、よく利用しているアプリはどうやって起動していますか?スタートメニューから起動?それともタスクバー?

スタートメニューから起動

アプリを起動する場合では、基本的にはスタートメニューから見つけて起動するパターンになりますが、デフォルト状態のスタートメニューでは全くではないですが便利とは言い難いです。

そのため、よく使うアプリはタスクバーにピン留め固定して利用するのが賢明の選択になります。でも、このように考えるのは時期尚早です。

あくまでもデフォルト状態で利用する場合は便利ではないので、カスタマイズする事で便利に使えるようになるからです。

カスタマイズとなると面倒に感じる場合も多いため、及び腰になってしまう場合も意外と多いです。

 

タスクバーから起動

よく使うアプリはタスクバーにピン留め固定して利用する場合が多いですが、アプリをピン留めし過ぎると逆に使い勝手が悪くなる場合もあります。

特に全く利用していないのにタスクバーに表示されている検索ボックスCortanaといったアイコンが幅を利かせているので、これをどうにか?しないといけません。

幸いな事にこれらのアイコンはタスクバーから非表示にする事ができるため、その分、アプリのピン留め固定できるエリアを増やす選択も有りだと思います。

 

ランチャーも必要に感じる

タスクバーにアプリをピン留め固定できるので便利に感じますけど、ピン留めできる個数によっても利便性も変わって来るため、厳選する必要があります。

よく使うアプリに厳選した場合では、そんなに多く使ってはいないけど、毎月必ず利用しているアプリは漏れてしまうので最適とは言い難いです。

この場合ではランチャーアプリの必要性を感じます。

 

Windows10 ランチャーは標準機能の活用で代用

Windows PCの標準機能でランチャーアプリのような事を実現する方法もあります。たぶん2種類が該当するのではないか?と個人的に考えます。ここでは2つの方法についての紹介になります。

Windows10 スタートメニュー をランチャー代わりに活用

スタートボタンを押す 又は Windowsキーを押すとスタートメニューが表示されますが、ここでは3つの便利な機能が表示されています。

 

① フォルダ
設定や電源、ピクチャやドキュメントなどのフォルダにアクセスできる機能。ここを自分仕様にカスタマイズすることで便利に使えるようになります。

 

② アプリ一覧
Windows PCにインストールされている全てのアプリが一覧で表示されています。英数字のアルファベット順で表示されています。

 

③ タイル
アプリ一覧の右隣に表示されているのがタイルになります。ここではドラッグ&ドロップ操作で自由に位置を変更 又は アプリを追加できるようになっているため、自分仕様にカスタマイズできます。

 

アプリのランチャーは新規ツールバーで対応

もう1つの方法はタスクバーを活用してランチャーのような機能を持たせる使い方になります。具体的にはどのように行うのか?と言うと、ツールバーを利用します。

タスクバーにはツールバーをピン留めできるようになっているため、ここにランチャーのように利用できるフォルダをピン留めして利用する方法となります。

この場合では新しくフォルダを作成して名称をLauncherなどにする必要があります。そのフォルダをタスクバーに📌すると、ウェブブラウザなどのアプリを使っている場合でもタスクバーからアプリを選択して起動できるのである。

 

デスクトップ・ツールバーとの違い

タスクバーにツールバーを表示させる方法としては、デスクトップ・ツールバーも便利に使えますが、こちらの場合では、デスクトップ画面に配置してあるアプリのショートカット、フォルダ、ファイルが全て対象になります。

それに対して、新規ツールバーを作成する場合では、ピンポイントで目的のフォルダのみを指定して選択できるので、アプリのランチャー用途にも活用できるのである。

 

Windows10 ランチャー機能をスタートメニューで活用する方法

Windows10には別途でランチャーアプリをインストールしなくても標準でランチャー機能に似ているスタートメニューが利用できます。ここでは、スタートメニューでランチャーを実現する方法についての紹介になります。

スタートメニューをランチャー代わりに活用

具体的にスタートメニューをランチャー用途に活用する場合では、どのようにすれば良いのか?も気になりますが、自分にとって使いやすいようにカスタマイズします。

何処をカスタマイズするのか?と言うと、アプリ一覧ではなく、タイルをカスタマイズします。ここによく利用するアプリをピン留めします。

可能ならば、マウスのスクロールボタンを操作しなくても良いように配置するのが良いと思います。

 

スタートメニューのタイルをカスタマイズする設定方法

① 設定
スタートメニュー 又は アクションセンターから設定を開きます。

 

② 個人用設定
設定画面が開いたら、個人用設定をクリックして選択します。

 

③ スタート
スタートのタブをクリックして選択し、「よく使うアプリを表示する」のスイッチをオンにします。

 

④ アプリ一覧
アプリ一覧の上に「よく使うアプリ」が表示されます。

 

スタートメニューのタイルをカスタマイズする方法

① 前提
タイルは重複して配置できません。タイルをカスタマイズする場合は要注意です。

 

② タイルにアプリを追加
タイルにアプリを追加してピン留めする場合では基本的に2つの操作方法があります。

アプリ一覧からドラッグ&ドロップ操作 又は アプリを右クリックしてスタートにピン留めとなります。

 

③ グループの名前
タイルを纏めているブループのタイトルはクリックすると変更できるので、適切な名前を付けます。

 

④ 微調整
タイルの位置が良くない場合はドラッグ&ドロップで微調整します。

 

⑤ アプリ一覧
スタートメニューのアプリ一覧は設定で非表示にする事もできますが、別に非表示にしなくても良いのでは?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

Windows10 ランチャー活用!ツールバーを活用する方法もある

Windows10の標準機能でアプリのランチャー活用する場合ではスタートメニューのタイルをカスタマイズする方法もありますが、ここではタスクバーを活用する方法についての紹介になります。

Windows10 タスクバーに新規ツールバーを設定して使う活用方法
皆さん こんにちは! Windws10のタスクバーには色々と便利に使える機能が搭載されているので、自分好みに使いやすいようにカスタマイズする事も可能です。 仮に自分だけのオリジナル仕様のタスクバーにする場合では、デスクト...

フォルダにアプリのショートカットを格納

① 前提
タスクバーに新規ツールバーを作成してアプリのランチャー代わりに活用する方法についての紹介になります。

 

② 新しいフォルダを作成
デスクトップ画面 又は 任意の場所にフォルダ新規作成して名前を付けます。アプリのランチャーであれば、Launcherといった名称で良いのでは?

 

③ アプリのショートカットを格納
新規作成したフォルダに、よく使うアプリのショートカットを格納します。

 

ショートカットを作成する方法

① 前提
そもそもショートカットを作成する方法が分からない場合も有るので、念の為に紹介しておきます。

 

② エクスプローラーを開く
エクスプローラーを開いて、デスクトップなどのフォルダを選択し、ファイルやフォルダが表示されます。

 

③ 右クリック
ショートカットを作成したいファイルやフォルダを右クリックして「送る」を選択すると、どこに送れば良いのか?表示されます。

 

④ デスクトップ
デスクトップ(ショートカット作成)が表示されているのでこれを選択します。そうするとショートカットが作成できます。

 

タスクバーに新規ツールバーを作成する方法

① タスクバー
タスクバーの空いている部分 又は 隠れているインジケーターのアイコンを右クリックします。

 

② ツールバー
右クリックするとメニューが表示され、ツールバーが表示されます。カーソルをツールバーに合わせると、新規ツールバーが表示されます。

 

③ クリック
新規ツールバーをクリックします。

 

④ フォルダを選択
新規ツールバーとして設定するフォルダを選択します。ここでは、アプリのランチャーとして利用する目的で作成したフォルダを選択します。

タスクバーのランチャー活用

タスクバーでは、Launcherのフォルダの右横にある「>>」をクリックすると、格納してあるアプリのショートカットが表示されます。

起動したいショートカットをクリックするだけでアプリが開きます。