Windows10 右クリックはタッチパッド・マウスを使わないで操作できる

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows10を搭載しているノートパソコンを所持していますが、タッチパッドよりもマウスを好んで利用しています。確かにタッチパッドも便利に使えるのですが、それよりも圧倒的に便利に感じるのがマウスだからです。

特にドラッグ&ドロップ操作は文句なしですし、右クリック操作した場合に表示される右クリックメニューの操作もマウスの方が便利です。

タッチパッドの場合だと横幅はありますが、縦幅が狭いので上下に操作する場合は一度に上から下まで移動できない場合もあります。

とはいえ、マウスの場合でも下に敷くマウスパッドのサイズにも関係あるので一概には何とも言えません。

今回の記事は『Windows10 右クリックメニューはタッチパッド・マウスを使わないで操作できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 デスクトップPCはマウスで右クリック操作

デスクトップPCではマウスが無いと逆に困ると思います。そのぐらいマウスは必要不可欠な存在になっているので、マウスを利用しない選択というのは考えられない感じです。

デスクトップPCはマウスが必須

デスクトップパソコンではキーボード、マウスも必須になりますが、外付できるUSB接続のタッチパッドも利用できるので、マウスを利用しなくても良いです。

とはいえ、USB接続のタッチパッドを購入する場合では、マウスよりも価格が高いので必ずしも最適という訳ではないのが実情になります。

費用対効果を考慮するのであればマウスの方が便利でかつ、お手軽に感じます。もう1つ重要なのはマウスを利用する場合ではマウスパッドも有った方が良いです。

マウスパッドはピンからキリまであるので別に何でも良いのでは?と思うかも知れません、このように考えるのは時期尚早です。

手首の疲労を軽減できるかも知れない機能も付与されている場合もあるので、そういう付加機能のあるパッドを利用した方が良いと思います。

 

右クリックメニュー

マウスで右クリックすると、メニューが表示されますが、実際に使っているアプリによっても表示されるメニュー内容は異なります。

デスクトップ画面で右クリックした場合では、フォルダやファイルの作成も行えますが、Windows10に標準インストールされているメモ帳で右クリックすると「切り取り、コピー、貼り付け、削除」及び「IMEを開く」などの操作が行えます。

 

Windows10 ノートPCはタッチパッドとマウスで右クリック操作

ノートPCで右クリックメニューを表示するには基本的に3つの方法を利用できます。マウス、タッチパッド、ショートカットキーの3種類になります。

マウスで右クリック

ノートパソコンにはタッチパッドが搭載していますが、マウスを利用した方が便利に感じます。というのも、タッチパッドでドラッグ&ドロップ操作を行う場合では便利に使えるという訳ではないからです。

やっぱり、この操作に限って言えばマウスの方が便利に感じるため、外出先でノートパソコンを利用するといった用ではない限り、マウスを利用した方が良いと思います。

 

タッチパッドで右クリック

① ノートPC
ノートパソコンの場合では、タッチパッドを搭載しているので、マウスの他にタッチパッドも利用できます。また、USB接続の外付タッチパッド 又は ワコムのペンタブレットも利用できます。

 

② ASUS ZenBookの場合
ZenBookにはスクリーンパッドが搭載されています。このスクリーンパッドは「サブディスプレイ、10キー、タッチパッド」を切り替えて利用できるようになっているので便利に利用できます。

タッチパッドを利用する場合は、スクリーンパッド上でタッチパッドのアイコンをクリックします。

 

キーボード・ショートカットキー

キーボード操作でも右クリックできますが、こちらの方法はあまりオススメできません。というのも、キーを3つ押す必要があるので、便利に利用できるとは言えないからです。

 

Windows10 ショートカットキーで右クリックする操作方法

マウス操作では右クリックメニューも便利に感じますが、この操作をマウスを利用しないで表示する事もできます。ここではキーボード・ショートカットキーで表示する操作方法についての紹介になります。

ショートカットキーで右クリックする場合

Windowsパソコンで右クリック操作する場合では基本的にマウス 又は タッチパッドで行いますが、実はキーボード操作でも行えるようになっています。

特にWi-Fiワイヤレスマウスを利用していて、使用中にマウスのバッテリーが切れてしまう場合も実際にあります。この場合ではマウス用の電池のストックがあれば問題ないですが、無い場合は購入する事になります。

このような場合に便利に感じるのがキーボード操作(ショートカットキー)なのではないかな?と個人的に考えます。

 

ショートカットキーで右クリックする操作方法

① デスクトップPCの場合
デスクトップPCのキーボードにあるファンクションキーには他に機能が割当られていない場合が多いので、「Shift + F10」キーを同時に押すと右クリックメニューを表示できます。

 

② ノートPCの場合
ノートPCの場合ではFnキーが搭載されていると思います。何故か?と言うと、ファンクションキーには他の機能も割当られているので、その機能と被らないようにするためです。

Fnキー + Shift + F10」を同時に押すと、キーボード操作で右クリックメニューを表示できます。

 

Windows10 右クリックはマウスが便利

「Shift + F10」又は「Fnキー + Shift + F10」で右クリック操作できるからといって、マウスやタッチパッドを置き換える事はできません。

薄型 Wi-Fi ワイヤレスマウス USB充電式 レビュー(DeliToo)
皆さん こんにちは! 仕事や生活の用途で利用しているWindowsノートPCの周辺機器は基本的には4つ有りますが、その中でもセットで利用しているのはマウスになります。 マウスがないと始まらないと言っても過言ではないぐらい...
ゲーミングマウスパッド「手首 疲労軽減」レビュー(PCアクセサリー)
皆さん こんにちは! メインで利用しているパソコンはWindowsノートPCになりますが、タッチパッドは使わずにマウスを好んで使っています。タッチパッドを使わない理由はタッチパッドのサイズが小さいので便利に感じないからです。 ...

ショートカットキー操作は便利ではない

キーボード・ショートカットキーで右クリック操作をしたからといって、便利に使えるという訳ではないです。何故か?と言うと、3つのキーを同時に押す必要があるので両手を使う事になるからです。

デスクトップPCでワイヤレスマウスを利用している場合で、マウスのバッテリーが切れてしまった時にショートカットキー操作で利用する用途に向いています。

でも、そんな用途、そんなに頻繁にあるという訳ではないので、ショートカットキー操作でも右クリックできるんだよ!というのを頭の隅にでも入れておけば良いと思います。

 

ワンクリックの方が圧倒的に便利

ショートカットキーをした方が便利に感じる機能もありますが、マウスの右クリックを代用できる操作はショートカットキーでは満足できません。

その1つの理由としては、マウスで右クリックした場合では、右クリックした場所でメニューが開くので便利に感じますが、ショートカットキーの場合は現在開いているアプリやウィンドウにもよってもマチマチだからです。

ウェブブラウザの場合では左上に右クリックメニューが表示。Windows10のメモ帳の場合は画面中央から下の付近に表示といった感じになります。