Windows10 画面にアナログ・デジタル時計を表示する方法(アプリ活用で常に時計を表示)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンでは時刻を確認する場合は基本的にタスクバーの通知領域に表示されている部分で確認できるようになっていますが、文字のサイズは小さいです。

また、タスクバーが下側に固定されている場合では右下に表示されるので見やすいですが、タスクバーを自動的に隠す設定にしている場合では時刻を確認したい時はマウスのカーソルをタスクバーが表示される位置に合わせる必要があります。

「タスクバーを表示」、「自動的に隠す設定」のどちらの場合でも決して最適とは言い難いので常に最適な文字サイズで時刻を表示できるようにするにはどうすれば良いのかな?となってしまいます。

今回の記事は『Windows10 画面にアナログ・デジタル時計を表示する方法(アプリ活用で常に時計を表示)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 時刻の確認はタスクバーで行える

Windowsパソコンで作業をしている時に、現在時刻を知りたい時はタスクバーの通知領域に時刻・日付が表示されているのでこれを確認すれば目的を達成することができます。

タスクバーで時刻・日付の確認

タスクバーに表示されている時刻は小さくても圧迫感がないので比較的に見やすい表示なので良いのですが、日付に限って言えば、見やすい表示とは言えないと思います。ギリギリに収まっている感があるからです。

その為か?分かりませんが曜日が表示されていないので、曜日を確認する場合はカレンダーを表示する 又は スマホで確認するといった手間が発生します。

因みに、カレンダーをカスタマイズする事で曜日を表示させる事もできるのですが、表示しても文字が小さいので便利に感じません。日付と曜日は大きな文字で確認した方が見やすいと思います。

 

タスクバーを自動的に隠す設定時の時刻・日付の確認方法

人によってはタスクバーを固定していないで自動的に隠す設定にしている場合がありますが、この場合はパッと見て時刻や日付を確認できないです。

この場合ではマウスのカーソルをタスクバーの位置に移動させて確認する手間が発生するのでコチラの場合こそ、何か対策が必要になるのでは?と感じます。

とはいえ、タスクバーを隠す設定の場合ではワンクリックでアプリを起動する場合にも便利とは言い難いので固定した方が良さそうに思うのは気のせいでしょうか?

 

スポンサーリンク

Windows10 デジタル時計・日付・カレンダーの表示方法

タスクバーの通知領域に表示されている時刻・日付には曜日が表示されていないので曜日を調べたい時はカレンダーアプリを起動する必要があります。

タスクバーの日付に曜日を表示できる

カレンダーの設定変更を行うことで、タスクバーの通知領域に表示されている日付に曜日を1文字だけ追加して表示できるようになります。

但し、このカスタマイズは作業的には簡単なので誰でもできるのですが、カレンダーの設定変更に辿り着くまでの工程がやたらと長いので最適な方法とは言い難いです。

因みに、表示できるのは「月、火、水、木、金、土、日」のどれか?になります。

 

キーボード・ショートカットキーでも表示できる

Windwsキー + Alt + D」を同時に押すと、アクションセンターの付近から「デジタル時計・日付・カレンダー」を表示することができます。

現状において、Windows標準機能で利用するのであれば、この方法が最適に感じますが、必ずしも最適とは言い難いのが実情になります。

何故か?と言うと、何か別の作業を行うと非表示になってしまうからです。特に何か?をしながら何か?をするといった感じの作業をやる場合には使えません。

その都度、ショートカットキーの操作で表示する事になるので、マウスでワンクリックで表示できないのが残念に感じます。

 

デジタル時計・日付・カレンダーの補足

ショートカットキーで表示できる「デジタル時計・日付・カレンダー」は、日付が小さい文字になっているため、たぶんデジタル時計とカレンダーがメインなのでは?と感じます。

あと予定も表示されるのですが、必要性を感じていない場合では予定を非表示にして隠す事もできます。この場合は下にスクロールすると予定を隠すが表示されるので、これをクリックすれば良いです。

 

Windows10 アナログ・デジタル時計を常に表示する方法

Windowsパソコンでは時計を常に表示して、いつでも時刻を確認できるようにしたい場合はアプリを活用するのが最適な選択になります。

アナログ・デジタル時計を常に表示する場合

いつでも時刻を確認できるようにする場合では、デスクトップ画面に表示できれば何も問題ないのですが、パッと見た時に現在時刻を表示できるようにする事は難しいのではないか?と考えます。

何せ、デスクトップ画面はアプリのショートカットやファイルを置く場所なので、ショートカットなどを配置できるけれども時計を24時間いつでも時計を表示というのはちょっと無理があるような気がします。

それに何かの作業を行っている時に時刻を確認する場合が圧倒的に多いため、タスクバーで確認 又は ワンクリックで一発表示できないと意味がありません。

これを実現するにはアプリに頼る必要があります。

 

時計アプリをインストール

① スタートメニューを表示
スタートボタンをクリックしてスタートメニューを表示します。

 

② Microsoft Store
スタートメニューのタイルには Microsoft Store がピン留めされているため、これをクリックするとアプリの検索&ダウンロードできるページにアクセスできます。

 

③ アナログ時計を見つける
アナログ時計をインストールする場合では、 Microsoft Store の右上にある検索をクリックした上で、「Analog clock」と入力して検索すれば、該当する時計アプリの一覧が表示されます。

 

④ すべて表示
表示されたアプリの中で良さそうな物が無かったら、すべて表示をクリックして自分にとって最適に感じるアプリを見つけにいきます。

 

⑤ インストール
もし、良さそうに感じるアプリが見つかったら、クリックして「入手」をクリックするとダウンロード&インストールできます。

 

常にアナログ・デジタル時計の表示はアプリ活用が最適

時計アプリをインストールすると、イメージ的にはデスクトップ画面に時計が表示されると勘違いする場合がありますが、実際にはアプリの上に時計が表示されているといったイメージです。

見せかけ的には背景画面があるので、まるでデスクトップ画面に時計が表示されているように見えます。

そのため、この方法でも本来の目的に近い方法で実現できるのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

スポンサーリンク

Windows10 アナログ・デジタル時計アプリの使用レビュー

実際にインストールしたのは2つの時計アプリになります。1つはアナログ時計、もう1つはデジタル時計になります。ここでは実際に利用してみてどうだったのか?についての紹介になります。

Windows10 デジタル時計・日付・カレンダーを表示する方法(ショートカットキーで素早く表示)
皆さん こんにちは! Windowsパソコンのタスクバーの通知領域には時刻と日付が表示されていますが、とても表示が小さいので見やすいとは言い難いのが実情になります。 さらには標準で日付に曜日が表示されていないので、曜日を...

Nightstand Analog Clock

タスクバーにピン留め固定しているアナログ時計アプリのNightstand Analog Clockは時刻を確認したい時はワンクリックで起動できるので便利に感じます。

見た感じ正にデスクトップ画面に大きなアナログ時計が表示されているといった感じの状態になるため、イメージ通りで満足できます。しかも秒針までちゃんと表示して動いているため、リアル感があります。

背景画面は風景が表示されているので、正にデスクトップ画面?といった感じなので、飽きがこないです。

因みに背景画面は変更できます。この場合は右下に表示されている「・・・」をクリックすると、Change Backgroundがあるので、これをクリックすると変更できます。

とはいえ、自動的に表示されるため、良さそうに感じるのが出て来るまでクリックする感じになります。

 

腕時計

タスクバーにピン留め固定しているデジタル時計アプリの腕時計の紹介になります。こちらもワンクリックで起動できるので便利なのですが、こちらの場合は「日付」、「曜日」、「デジタル時計」が表示されます。

画面の中央にドカン!とデジタル時計が有る状態なので、周囲の背景画面の方がメインに感じてしまいます。とはいえ、カレンダーを表示しなくても確認したい情報が瞬時に見やすい表示で確認できるので重宝しています。

但し、曜日の表示は1文字だけなので、ちょっとガックリ感があります。

こちらのアプリの場合は壁紙を30種類の中から自由に選択できると同時にマウスのスクロールボタンを操作すると壁紙が変更されるようになっています。

設定画面を開かないで簡単に変更できる部分が良いと感じます。