Windows10 タスクバーの検索ボックス 検索アイコン 表示・非表示の方法

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows PCのタスクバーは色々な機能が搭載されているので便利で使えるのですが、その中でも検索ボックスが邪魔に感じます。検索ボックスは便利に使えるのですが邪魔なのです。

これが有ると他の複数のアプリをタスクバーにピン留めすると、Cortanaやタスクビュー、カレンダー、エクスプローラーを含めて12個ぐらいしか固定できません。(ディスプレイサイズにも関係あり)

このタスクバーにはよく使うアプリを固定しておくと便利に使えるので、よく利用するアプリは全てピン留めしておきたいところです。ピン留めはできるのですが、2段目に表示されるので使い勝手が悪くなります。

今回の記事は『Windows10 タスクバーの検索ボックス 検索アイコン 表示・非表示の方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 便利に使えるタスクバーの活用

Windows10にはとても便利に利用できるタスクバーが搭載されていますが、これを便利に活用しているのか?と言えば、おそらく活用できていない場合が多いのでは?と感じます。

スタートボタン 及び アクションセンター

タスクバーの両端にはスタートボタンアクションセンターのアイコンが表示されています。

設定を変更する用途や各ネットワークや夜間モード・集中モードのON・OFFであれば、アクションセンターでも対応できますが、それ以外の操作はスタートボタンにて対応できるようになっています。

特に設定を変更する場合では、両サイドのボタンどちらでも対応できるのは便利に感じます。

 

アプリのピン留め

タスクバーには色々な機能がありますけど、その内の1つがアプリのアイコンをピン留めできる機能になります。よく利用するアプリをスタートメニューから毎回のように見つけて起動するのはあまりしたくないものです。

このような場合では、タスクバーにアプリのアイコンをピン留めして、ワンクリックで起動できるようにしておくと便利に使えます。

また、一度ピン留めしたアイコンは簡単にピン留めを解除できるため、必要に応じて臨機応変に変更も可能です。

 

検索ボックス

タスクバーにあるスタートボタンボタンの右隣にあるのが検索ボックスになります。ここでインストール済のソフト名称を入力すれば起動できるため、アプリ一覧から見つける手間が発生しません。

特に付箋を利用する場合では「付箋」と入力するだけで、付箋のアプリが表示されるため、新規作成する事も可能になっています。

また、クイック検索にある「天気」、「トップニュース」、「翻訳」をクリックするだけでウェブ検索が表示されるため、使い方次第では便利に利用できる機能になります。

 

スポンサーリンク

Windows10 検索ボックスは邪魔だけど便利に使える

Windows10のタスクバーには何かと便利に使える検索ボックスがありますけど、ハッキリ言って邪魔に感じます。これが有るだけでピン留め表示できるアプリの数量が変わるのでちょっと困ります。

検索ボックスは邪魔に感じる

タスクバーにある検索ボックスが邪魔に感じる理由の1つして、幅が広すぎるという部分が当てはまるのではないでしょうか?

こんなに幅を取られてしまうと必然的にタスクバーにピン留めできるアイコンの表示数が少なくなってしまいます。これでは、便利に使えるタスクバーの利便性が半減してしまうような気がします。

だからといって、この検索ボックスが無いと、これまた困る事になるため、これも仕方ないのかな?とも思います。

 

検索ボックスが有ると便利に使える

タスクバーにある検索ボックスは利用していますか?何も使っていない場合もありますが、これは実に勿体ないと思います。

何故か?と言うと、利用しているパソコン内だけでなく、ウェブ検索も行えるため、ブラウザを起動しなくてもウェブ検索できるからです。

とはいえ、ここで閲覧表示に使われるブラウザはMicrosoft Edgeになるため、標準でGoods Chromeを利用している場合では「あれ?」と思うかも知れません。

 

検索ボックスは一長一短

検索ボックスは確かに便利に使えるのですが、だからといって、タスクバーにそのまま表示しなくても良いのでは?とかんじます。

検索窓(ポップアップ画面)が表示されるのですから、🔎アイコンでも良いのでは?と感じます。どうして入力ボックスを配置する意味って何だろう?と感じます。

 

Windows10 タスクバーの検索ボックスは検索アイコンに変更

Windows10のタスクバーには検索ボックスがありますけど、便利に使える反面、邪魔に感じるのでは?と思います。そのためには利便性を損なわずにどうにかする必要があります。

検索ボックスの利便性を損なわずに改善する方法

タスクバーの検索ボックスは確かに便利に感じますが、幅が広すぎて逆に邪魔に感じると思います。だからと言って、非表示すると、今度は不便に感じます。

もし、非表示にしても不便に感じなければ検索ボックスは不要という事になります。でも、有用性を感じている場合では非表示するとデメリットに感じるため、必要になります。

この場合では🔎アイコンだけを表示するのが最適に感じます。仮に🔎だけを表示してもクリックした時に表示される機能は全く同じです。

 

検索ボックスから検索アイコンに変更する操作方法

① タスクバー
「タスクバーの隠れているインジケーターを表示します」のアイコンを右クリックします。(別にここの場所でなくても良いです。空いている場所があれば、そこで右クリックしてください)

 

② 検索
タスクバーを右クリックして検索にカーソルを合わせると、「検索アイコンを表示」があるのでクリックします。

 

③ 🔎
タスクバーを確認するとスタートボタンの右横の検索ボックスが🔎に変更されます。

 

検索アイコンを表示するメリット

検索ボックスは非表示にする事もできますが、今まで表示されていたのに、いきなり無くなると、やっぱり有った方が良いかも知れない事に気が付きます。

このように感じる場合では、検索アイコンを表示しておくのが最適です。アイコンサイズですから場所も取らないので、タスクバーにピン留めできるアプリの表示を増やす事に貢献できます。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーの検索アイコンは便利に使える

ここでは、タスクバーに表示する検索アイコンについての紹介になります。検索ボックスがそのまま🔎に変更されただけなのですが、便利に使えます。

Windows10 タスクバーを便利に使う活用方法!デスクトップ・ツールバーを追加
皆さん こんにちは! Windows PCを利用している場合では、タスクバーも便利に使っていると思いますが、具体的にどのように利用しているのでしょうか? ただ単にソフトを素早く起動する目的で使っている場合も多いのでは?と...

検索アイコン(すべて・タブ)説明

① 上位アプリ
よく使用しているアプリ5種類のアイコンが表示されます。アイコンをクリックするとアプリが起動します。

 

② 最近
上位アプリ以外に表示されている以外のアプリで最近使用したよく使用しているアプリが表示されます。但し、直近でこれでもか!と使ったアプリは表示されないみたいなので、正直のところ、よく分かりません。

 

③ クイック検索
「天気」、「トップニュース」、「翻訳」を調べたい場合では、ワンクリックでウェブ検索できます。

 

④ 推奨
Microsoft Edgeを標準ブラウザに設定していない場合では、表示されるのかな?と感じます。というのも、Google Chromeを標準ブラウザに設定しているため、Microsoft推奨ブラウザを試すという表示が出ます。

 

⑤ 検索ボックス
ここに入力して検索」に調べたい内容を入力してEnterキーを押すと、インストールされているアプリやウェブ検索が表示されます。

 

検索アイコン(その他のタブ)説明

① アプリ
「すべて」タブの右横にあるアプリでは、アプリよく使っているアプリ上位5つ 及び 最近使っているアプリが表示されます。

 

② ドキュメント
検索ボックスにファイル名を入力して検索します。デスクトップ画面に配置しているExcelファイルも検索して開く事ができます。

 

③ ウェブ
検索ボックスに検索したいキーワードを入力すると検索されたウェブページの一覧が表示されます。但し、ここで表示されるのはChromeを標準設定している場合でも、Microsoft Edgeにて表示となります。

 

③ その他
「フォルダー、音楽、写真、人、設定、電子メール、動画」を検索する場合に利用します。