Windows10 デジタル時計・日付・カレンダーを表示する方法(ショートカットキーで素早く表示)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windowsパソコンのタスクバーの通知領域には時刻と日付が表示されていますが、とても表示が小さいので見やすいとは言い難いのが実情になります。

さらには標準で日付に曜日が表示されていないので、曜日を調べる場合はカレンダーを表示して確認するといった手間も発生します。

とはいえ、タスクバーにカレンダーをピン留め固定していれば、ワンクリックで起動できるので、そんなに苦にならないのが、せめてもの救いといった感じでしょうか?

でも、一発で時刻と日付と曜日をパッと見て分かるようにするには、ある程度の文字の大きさも必要に感じます。

今回の記事は『Windows10 デジタル時計・日付・カレンダーを表示する方法(ショートカットキーで素早く操作して表示)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーの通知領域に表示の時刻・日付

Windowsパソコンのタスクバーには時刻・日付が表示されていますが、とても見やすく感じるという訳ではないので、とりあえず時刻と日付も確認できるよ!といった感じの表示になります。

表示文字が小さい

タスクバーに表示されている時刻は小さくても圧迫感がないので比較的に見やすいのではないか?と感じますが、日付に限って言えば、見やすいとは言い難いです。

というのも、サイズにピッタリフィットしているといった感じでギリギリ収まっている感があるので、よくこの表示で収まっているな?といった感じに見えます。

もう少し大きな文字サイズにして欲しいと感じますが、たぶん文字サイズを大きくすると表示し切れないんだと思います。

 

曜日が表示されていない

タスクバーに表示されている時刻日付には足らない物があります。それは曜日です。デフォルトの状態では曜日が表示されていないので曜日を調べる場合はカレンダーアプリを起動する必要があります。

タスクバーにカレンダーアプリをピン留め固定していれば、ワンクリックで起動できるので便利に使えますが、ピン留めしていない場合ではスタートメニューのアプリ一覧から見つける必要があるので手間が発生します。

これをどうにか?したいのであれば、日付をカスタマイズして曜日を表示できるようにする必要があります。

 

日付のカスタマイズ

デフォルトではタスクバーの通知領域に表示されている日付には曜日が表示されていませんが、「カレンダーの設定変更」を行うことで、曜日が表示できるようになります。

但し、簡単に行えるという訳ではなく、それなりに長い工程が待ち受けいるので、それでも問題ないよ!と考えている場合はチャレンジしてみるのも1つの方法だと思います。

 

スポンサーリンク

Windows10 時計ならばアプリも1つの方法

タスクバーの時刻はパッと見ても小さい文字なので目が悪い人には不親切感があります。そこで時刻を知りたい時にいつでも大きな文字で確認したい場合はアプリを利用する方法もあります。

Windows10 アナログ時計アプリを利用する

タスクバーに表示されているデジタル時計は見る事はできるのですが、小さいと感じるため、必ずしも自分にとって最適とは限りません。

この文字の大きさを変更する事ができれば良いのですが、残念ながらそれができないため、それならばアプリを利用してワンクリックでいつでも表示できるようにしておくのも1つの方法に感じます。

というのも、タスクバーに時計アプリをピン留め固定しておけば、ワンクリックで起動できますし、利用していない時はそのまま開いた状態にしておけば、いつでも大きな文字で確認できるので便利に感じます。

 

時計アプリをインストールする場合

① スタートメニューを表示
スタートボタンからスタートメニューを表示して、Microsoft Store を見つけます。

 

② Microsoft Store
スタートメニューのタイルには Microsoft Store がピン留めされているため、これをクリックするとアプリの検索&ダウンロードできるページにアクセスできます。

 

③ アナログ時計
仮に、アナログ時計をインストールする場合では、検索をクリックして、「Analog clock」と入力して検索すれば、該当するアプリの一覧が表示されます。

 

④ すべて表示
表示されたアプリの中で良さそうな物が無かったら、すべて表示をクリックして自分にとって最適に感じるアプリを見つけにいきます。

 

⑤ 入手
もし、良さそうに感じるアプリが見つかったら、クリックして「入手」をクリックするとダウンロード&インストールできます。

 

Windows10 デジタル時計・日付・カレンダーを表示する方法

タスクバーの通知領域に表示されている時刻・日付がとても小さくて不便に感じている場合ではアプリを利用するのも1つの方法になりますが、実はそんな事をしなくても解決できる方法があります。

タスクバーに曜日を表示しても不便

タスクバーの通知領域に日付が表示されていますが、デフォルトの状態では曜日が非表示となっています。でも、カスタマイズすることで曜日も表示できるようになるのでチャレンジしてみる価値はあります。

でも、曜日を表示するための工程は比較的に長いですし、やっとの事で曜日を表示させたら、1文字だけが表示なのである。「日、月、火、水、木、金、土」の該当する1文字。

パッと表示するだけなら、これでも良いのですが、「英数字+漢字」意外と目が疲れるような気がするので、必ずしも最適ではない事に気が付きます。

 

時計アプリをインストールする必要なし

タスクバーに曜日を表示させても便利に感じないのであれば、アプリに頼るのも1つの方法になりますが、わざわざアプリをインストールする必要はないです。

というのも、便利に使えるのか?は別として、アプリをインストールしなくても標準機能だけで「デジタル時計、日付、カレンダー」を一発で表示する事も可能だからです。

この事に気が付いかないと、たぶんアプリを頼るパターンになるのでは?と思います。

 

キーボード・ショートカットキーで対応できる

標準機能だけで「デジタル時計、日付、カレンダー」を一発で表示する事ができるとの事ですが、具体的にそのように行えば良いのでしょうか?

タスクバーにはそのような機能はないので、本当にそんな事が可能なのかな?と思うかも知れません。でも、キーボード・ショートカットキーを利用すれば可能なのである。

Windowsキー + Alt + D」を同時に押すと、いつでも何処でも「デジタル時計、日付、カレンダー」が画面右側に表示されます。

 

スポンサーリンク

Windows10 デジタル時計・日付・カレンダーの補足

キーボード・ショートカットキーの操作だけで「デジタル時計、日付、カレンダー」が表示されるので便利に感じますが、必ずしも最適という訳ではないため、補足事項も含めて紹介となります。

Windows10 タスクバーの時刻・日付に曜日を表示する方法
皆さん こんにちは! Windowsパソコンのタスクバーには時刻と日付が表示されていますが、曜日は表示されていません。曜日を調べたい場合はカレンダーアプリを起動する必要があります。 又は、時刻と日付にマウスのカーソルを合...

予定を隠す(非表示)事もできる

ショートカットキーの操作で表示されたデジタル時計+カレンダーには予定も含まれています。何も予定を入力していない場合では、予定は表示したくないと感じる場合もあります。

この場合では予定の部分を非表示にする事もできます。マウスのカーソルボタンを操作して一番下を表示すると「予定をを隠す」が表示されます。

ここをクリックすると、予定部分が非表示になります。

 

不便に感じる部分

ショートカットキーの操作で簡単に表示できる「デジタル時計&日付カレンダー」ですが、必ずしも便利に活用できるという訳ではないです。

というのも、表示しても何か別のウィンドウを開くと非表示になってしまうので、またショートカットキーで表示しないといけないからです。

アプリであればピン留めされていなくてもタスクバーに表示されるのでクリックすれば瞬時に表示できるのですが、アクションセンターのような類の画面なので、その場を維持できないのである。

とりあえず表示しておいて、確認したい時にまた見れば良いといった感じの使い方をする場合に不向きです。