Windows10 IMEパッドの出し方(表示方法)読めない漢字入力は手書き検索

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

パソコン入力している場合に読めない漢字や分からない漢字が出てきたらどうしていますか?その漢字は回避して使わないようにする事もありますが、一度出て来るという事は以後も可能性があるので対策も必要になります。

この場合では、ユーザー辞書に登録する必要も発生するので、最低でも読み方だけは調べておく必要があります。この場合に便利に感じるのが、漢字を手書きして検索できる機能になります。

幸いな事にWindowsパソコンにはIMEパッドが搭載されているので、このツールを利用する事で読めない漢字や分からない漢字への対処が可能になっています。

今回の記事は『Windows10 IMEパッドの出し方(表示方法)読めない漢字入力は手書き検索』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 読めない漢字を調べる手書き検索

Windowsパソコンで文書入力をしている場合では読めない漢字も出て来る場合があります。この場合では入力したくても出来ないので調べてコピー&ペーストしたり、ユーザー辞書に登録するといった行動になると思います。

読めない(分からない)漢字を調べる場合

読めない漢字を調べる場合では、読めないのでマウス操作で手書きして調べる方法があります。この方法を利用するにはIMEパッドを利用するのが最適です。

幸いな事にWindowsパソコンの場合はIMEパッドが標準搭載しているので重宝しますが、とても残念な事に、そのIMEパッドはどこで表示すれば良いのか?分からない場合もあります。

というのも、スタートメニューのアプリ一覧を表示してもIMEパッドが見つからないからです。このツールが何処にあるのかな?といった感じで困惑します。

それらしいところを開いても見つからないのである。IMEパッドは、アプリ一覧ではなくIMEツールバーから起動できるツールなのである。

 

ユーザー辞書にも登録

無事にIMEパッドを開く事ができた場合では、マウスで手書き入力して漢字を検索しますが、この場合では次回から簡単に利用できるようにユーザー辞書にも登録する事になります。

それならばユーザー辞書は何処にあるのか?と言うと、スタートメニューのアプリ一覧ではなく、IMEツールバーにあります。

そのため、WindowsパソコンでMicrosoft IMEを利用する場合では、IMEツールバーは必須の機能になると個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

Windows10 IMEツールバーの出し方(表示する方法)

IMEパッドを表示するには、IMEツールバーをタスクバーの上に表示させる必要があるため、先にIMEツールバーの出し方についての紹介になります。

IMEツールバーの出し方(表示する方法)

① 設定を開く
スタートボタンから設定を開きます。

 

② 時刻と言語
時刻と言語を選択した上で、言語をクリックします。

 

③ 言語
日本語が表示されているので、日本語をクリックして、オプションもクリックします。

 

④ 言語のオプション:日本語
Microsoft IMEをクリックして、オプションもクリックします。

 

⑤ Microsoft IME
デザインをクリックすると、IME ツールバーのスイッチが表示されまるのでオンにします。

 

Microsoft IMEの補足事項

IMEツールバーは基本的にはユーザー辞書に単語を登録する場合 又は 編集・削除する場合に利用するパターンが多いのでは?と思います。

Microsoft IMEを利用する場合では、IMEツールバーは表示しておいた方が便利に感じます。もし、邪魔に感じる場合があったら非表示にする事もできます。

この場合は、IMEツールバー(5つのアイコン)の設定をクリックすると「IMEツールバーの非表示」という項目があるので、これをクリックすると非表示になります。

 

IMEツールバーを非表示にした場合

IMEツールバーを非表示にした場合では、ユーザー辞書に簡単にアクセスできなくなるので、便利に使えないのでは?と思うかも知れません。

この場合では「」を右クリックすると「IMEツールバーの表示/非表示」の項目があるので、これをクリックすれば表示できます。

 

Windows10 IMEパッドの出し方(表示方法)

無事にIMEツールバーをタスクバーの上に表示させる事ができれば、IMEツールバーを開くことができます。ここではメリット・デメリットも含めて紹介となります。

IMEパッドの出し方(表示方法)

① IMEツールバー
タスクバーの上(時刻の上)にIMEツールバーが表示されています。

 

② 左から2番目
IMEツールバーには5つのアイコンが表示されています。左から2番目のアイコンをクリックします。「あ」の隣。

 

③ IMEパッド
画面中央にIMEパッドが表示されます。

 

IMEパッドの使い方

① 手書き
読めない漢字がある場合は「ここにマウスで文字を描いてください」と表示されている部分に漢字を手書き入力すると、該当する漢字の候補が結果に表示されます。

 

② 文字一覧
文字一覧をクリックすると、文字のカテゴリごとに対応する文字が表示されます。

 

③ ソフトキーボード
ソフトキーボードをクリックするとキーボードが表示されます。

 

④ 総画数
画数のドロップダウンリストを選択すると、それぞれ対応する画数の漢字が結果に表示されます。

 

⑤ 部首
部首では、画数部首の組み合わせによる漢字検索が行えます。また、フォントの変更できるので、見やすいように調整できます。

 

IMEパッドのメリット&デメリット

IMEパッドを表示すると、読めない漢字を調べることができて便利に感じますが、解像度によっては小さく表示されるので必ずしも便利に使えるという訳ではないのが実情になります。

因みに、「1920 × 1080」の場合ではとても小さく感じるので便利とは言い難いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 Google 日本語入力を使っている場合

ここでは、Microsoft IMEではなく、Google 日本語入力を利用している場合に、IMEツールバーを表示する方法についての紹介になります。

Windows10 ユーザー辞書に単語を登録・編集・削除する方法
皆さん こんにちは! Windows PCでOfficeのWordなどの文書を作成する場合では日本語変換も行いますが、この時に自分にとって最適な日本語変換できれば何も問題ありません。 でも、ローマ字変換した場合に自分の求...

日本語IMEはGoogle日本語入力の場合

色々な事情でWindowsパソコンでMicrosoft IMEを利用していない場合もあります。特にGoogle 日本語入力などの日本語IMEを利用している場合ではIMEツールバーが非表示になっているため、利用できません。

IMEパッドを利用したい場合は、一度、Microsoft IMEに切り替えると、IMEツールバーが表示されるので利用できるようになります。

どこで切り替えれば良いのか?というと、タスクバーに表示されている「あ」の右隣をクリックすると現在標準設定されているIMEの下に、Microsoft IMEが表示されるのでクリックして選択すれば良いです。

 

Chrome拡張機能 Google手書き入力

分からない漢字を検索したいのであれば、IMEパッドではなく、Google Chromeの拡張機能でも対応することができます。

幸いな事にMicrosoft EdgeブラウザはChrome拡張機能を利用できるため、Google手書き入力という方法も十分に有りなのではないか?と個人的に考えます。

とはいえ、Chrome拡張機能なので、Chrome 又は Edge 上で利用する事になるため、他のアプリでは利用できないデメリットがあります。