Windows10 仮想デスクトップの名前を変更する方法(表示名を編集して活用)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windws PCを利用している場合ではタスクビューを表示してデスクトップ画面を作成したり、切り替えたりする場合も有ると思います。

この場合では、デスクトップ画面の名前は作成したままの状態で利用しているのでしょうか?それとも用途別に名前を変更しているのかな? やっぱり便利に活用するのであれば自分仕様にカスタマイズも必要になります。

でも、名前を変更するにしても、クリックすると直ぐに切り替わってしまうので、どうやって名前を変更すれば良いのかな?と思います。

今回の記事は『Windows10 仮想デスクトップの名前は変更する方法(表示名を編集して活用)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 仮想デスクトップは便利に使える

Windows PCには仮想デスクトップという便利な機能も利用できますが便利に使っていますか?まだ利用していない場合では一度使ってみた方が良いと思います。

仮想デスクトップ作成

仮想デスクトップを利用するにしてもどのように使えば分からない?という場合も有りますが、先ずはデスクトップ画面を作成する必要があります。

これはタスクビューで作成できるので、タスクバーに表示されているタスクビューのアイコンをマウスでクリックして表示します。

タスクビューを表示したら、右上に「+ 新しいデスクトップ」と表示されているので、これをクリックすれば作成できます。

 

簡単に切り替える事ができる

次に、新しく作成したデスクトップ画面を利用する場合では、現在利用しているデスクトップ画面から新しいデスクトップ画面に切り替える事になります。

この場合ではタスクビューを表示すれば簡単に切り替える事ができます。因みに新しく作成したデスクトップの名前は「デスクトップ2」となっているので、これをクリックすれば良いです。

そうすると、デスクトップ2が表示されます。

 

並行して別の作業が行える

新しくデスクトップ画面を作成して切り替える事が出来たら、メインとは異なる作業をここで行えば良いです。例えば、メインではプライベートな作業を行い、サブでは仕事関係の作業を行うといった感じ。

利用するアプリは同じ物を使いますが、用途別に作業を並行して行えるようになるため、何かをしながら別の何か?を行う用途に最適に感じます。

 

スポンサーリンク

Windows10 仮想デスクトップを活用するコツ

ここでは、仮想デスクトップを便利に活用するにはどうすれば良いのか?についての内容になります。作成して満足ではしょうがないので活用しないといけません。

ショートカットキーでデスクトップを切り替える

デスクトップ画面を切り替える場合ではタスクビューを表示して切り替えるのが簡単でかつ最適に感じますが、切り替えるのであればショートカットキーが便利に使えます。

タスクビューを表示しないで切り替える事ができるので作業の効率化に繋がります。この場合では「Windowsキー + Ctrl + 左右のカーソル(← →)」でおこないます。

 

ウィンドウの切り替えもショートカットキー

仮想デスクトップとは直接的に関係ありませんが、開いているウィンドウを切り替える場合はタスクビューを表示しなくても切り替える事ができます。

この場合でもキーボード・ショートカットキーを利用します。「Altキー + Tabキー」を同時に押すと画面に現在開いているウィンドウが表示されるので簡単に切り替えれます。

仮想デスクトップをショートカットキーで切り替えるのであれば、ウィンドウも同様に操作するのも良いのでは?と思います。

 

デスクトップの名前を変更する

タスクビューやショートカットキーでデスクトップ画面を作成した場合では、名前を変更した方が良いです。特に両方とも同じウィンドウを開く場合では、それこそパッと見ても分からないのでゴチャ混ぜになります。

ハッキリ言って全く意味がない状態になるため、自分にとって最適に感じる名前を付けるのが良いです。

 

Windows10 仮想デスクトップの名前を変更する方法

タスクビューで仮想デスクトップを作成した場合は、デスクトップの名前を変更して分かりやすい名称にした方が良いのではないか?と思います。

デスクトップの名前を変更について

仮想デスクトップを作成したら名前を変更した方が良いです。名前を変更しなくても、そんなに関係なさそうに感じますが、3つ以上のデスクトップ画面がある場合は分かりやすい名称に変更した方が良いと思います。

特にタスクビューを利用して切り替える場合では用途別にした方が分かりやすいです。但し、タスクビューは全く利用しないよ!という場合では名称を変更しなくても良いかも知れません。

というのも、ショートカットキーで切り替える場合ではデスクトップの名前は関係ないからです。そのため、実際にどのような方法で切り替えるのか?も考慮した方が良いと考えます。

 

デスクトップ画面が2つしかない場合

仮想デスクトップは1つだけ作成して2つのデスクトップ画面だけで運用する場合もありますが、この場合では別に名前を変更しなくても良いのでは?と思います。

但し、メインとサブのデスクトップに同じウィンドウを開いている場合は名前を変更した方が良いです。

そんな事は実際には無いと思いますが、仕事でも生活でもOfficeは利用するので、もしかすると十分に有り得る可能性あり。

 

デスクトップの名前を変更する方法

① タスクビューを表示
タスクバーからタスクビューをクリックして表示します。

 

② 変更したいデスクトップ
変更したいデスクトップの名前をクリックします。下の画像 及び 名称の隣の✕ はクリックしてはいけません。

 

③ 名前を入力
デスクトップの名前を入力して名称を変更します。

 

④ クリック
入力が終えたら、任意の場所をクリックして変更を確定します。

 

スポンサーリンク

Windows10 仮想デスクトップの補足事項

ここでは、仮想デスクトップの補足事項についての紹介になります。実際に利用してみると、こういう事を行うと良くない!という場合もあるので、その辺も含めて紹介したいと思います。

Windows10 仮想デスクトップの作成・削除、切り替える方法
皆さん こんにちは! Windws PCでタスクビューを利用している場合では、複数のウィンドウを切り替える事ができますが、ここではデスクトップも切り替える事ができるので便利に感じると思います。 デスクトップ?と思うかも知...

デスクトップは作り過ぎない

タスクビューでデスクトップ画面を作成する場合では、作り過ぎてしまう事は先ずないのでは?と感じますが、キーボード・ショートカットキーを利用すると、自分でも気が付かない内に作成されている場合があります。

というのも、タスクビューを表示しないで作成するため、本当に作成したのか?こんがらかってしまい、次から次へと作成してしまうのである。

そのため、デスクトップ画面の作成に関して言えば、タスクビューで行った方が最適です。

 

デスクトップを削除する場合

仮想デスクトップを作成した場合では、作り過ぎてしまう場合もありますが、これ以外には注意した方が良い事項があります。

それはサブのデスクトップ画面を削除する場合になります。基本的にタスクビューでデスクトップにカーソルを合わせると表示されるをクリックすれば簡単に削除できます。

でも、アプリやウィンドウを開いた状態で✕をクリックして削除すると、困る事が発生します。イメージ的には強制終了になるのかな?と思いますが、そのようにはなりません。

メインのデスクトップ画面に開いていたアプリが表示されます。まさしく、ゴチャ混ぜ状態に陥ります。これは非効率的なので、このようにならないようにした方が良いです。

 

タスクビュー

デスクトップ画面を切り替える場合では、タスクビューを表示しますが、タスクビューの任意の場所をクリックすると、元の画面に戻ってしまいます。また、二度手間、三度手間になってしまうので注意が必要です。