Windows10 タスクビューで仮想デスクトップを作成できる

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windws PCを利用している場合では、複数のウィンドウを開いておくといった利用も多いのではないでしょうか?とりあえず開いておいて、必要に応じて切り替えるといった感じ。

この場合では、どのようにウィンドウを切り替えているのでしょうか?タスクバーにピン留め固定しているアプリであれば、マウスでクリックすれば簡単に切り替えることができます。

それに、クリックしなくてもカーソルをアイコンに合わせるだけで、何の画面が開いているのか?表示されるので分かりやすいです。この場合ではタスクビューを利用しても良いのでは?と逆に感じます。

今回の記事は『Windows10 タスクビューで仮想デスクトップを作成できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクビューは利用している?

Windows10ではタスクビューを利用する事ができますが、便利に使っていますか?といってもタスクビューは何かな?とか何処にあるのかな?と思っている場合では利用していないかも知れません。

タスクビュー

タスクビューとは何かな?についてになりますが、複数のウィンドウを切り替える場合に役立つ機能になります。

どのように役立つのか?と言えば、これを表示すると、ウィンドウの画像も表示されるのでパッと見て分かります。

パッと見て分かれば、何のウィンドウに切り替えれば良いのか?も瞬時に分かるので作業の効率化にも繋がる場合があります。

また、ウィンドウだけでなく仮想デスクトップへの切り替えも簡単に行えるため、利用した方が良い機能の1つになるのでは?と考えます。

 

タスクビューのアイコンはタスクバーにある

タスクビューを利用すると便利に活用できるようになる場合もありますが、それならば何処に有るのかな?も気になると思います。

タスクビューはタスクバーに表示されています。デフォルトの状態であれば音声機能付アシスタントのCortana(コルタナ)の右隣にアイコンが表示されています。

マウスのカーソルを合わせるとタスクビューと表示されるので利用する場合はクリックします。

 

タスクビューを利用しない場合

複数のウィンドウを切り替える場合に便利に使えるタスクビューだったとしても利用していない場合も意外と多いのでは?と思います。

この場合ではタスクバーから撤去する事もできます。タスクバーの空いている部分を右クリックすると、「タスクビューボタンを表示」があるのでこれをクリックすると非表示にできます。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクビューはウィンドウ切り替えに便利

3つ以上のウィンドウを開いている場合に、他のウィンドウに切り替える時に役立つ機能がタスクビューになります。また仮想デスクトップへの切り替えもここで行なえます。

タスクビューの表示

タスクビューは基本的にはタスクバーに有るので、マウスでクリックすれば表示できますが、キーボード・ショートカットキーでも表示できます。

瞬時にアプリを切り替えたい場合ではマウスよりもショートカットキーの方が便利かも知れません。この場合は「Windowsキー + Tabキー」を同時に押します。

 

複数のウィンドウを切り替える

タスクビューの機能の1つに複数開いているウィンドウを切り替える事ができる機能があります。これを利用する事で、簡単に他のウィンドウを直ぐに表示できるので便利に感じます。

とは言え、別にこの機能を利用しなくてもタスクバーに表示しているアイコンをマウスでクリックすれば目的のアプリを切り替える事ができるので、必ずしも最適という訳ではないです。

今開いているウィンドウが何なのか?を把握している場合ではタスクビューを利用しない方が素早く切り替える事ができると思います。

 

仮想デスクトップを切り替える

タスクビューでは仮想デスクトップの切り替えも行えます。切り替えるだけでなく、仮想デスクトップを追加したり、削除したりといった一連の操作も行えるので便利に利用できます。

とはいえ、仮想デスクトップを作成しても全く利用しないのでは意味がないため、同時進行で並行して何か別の作業を行う用途がない場合は別に利用しなくても問題ありません。

この機能は仕事などの用途で利用すると役立つのではないか?と考えます。

 

Windows10 タスクビューで仮想デスクトップを作成できる

タスクビューではウィンドウの切り替えだけでなく、仮想デスクトップの切り替えも簡単に行えますが、仮想デスクトップを作成する事もできます。

仮想デスクトップを作成する場合

タスクバーを表示すると、画面上部(左上)に「+ 新しいデスクトップ」が表示されます。ここをクリックすると仮想デスクトップが1つ追加されます。

もう1つ追加する場合は、2番目の右隣りに「新しいデスクトップ」があるので、 をクリックすれば追加できます。

 

仮想デスクトップを切り替える場合

① タスクビューで切り替える
仮想デスクトップを切り替える場合ではタスクビューを表示して画面上部に表示されているデスクトップ1やデスクトップ2をクリックすれば良いです。

 

② ショートカットキーで切り替える
タスクビューを表示しないで仮想デスクトップを切り替える事もできます。この場合はキーボード・ショートカットキーを利用します。

Windowsキー + Ctrl + ← →」を同時に押す事でタスクビューを表示しないでもデスクトップを切り替える事ができるので便利に使えます。

← → これはカーソルキーのこと。

 

仮想デスクトップを削除する場合

いくつも仮想デスクトップを作成してしまう場合もあります。特にキーボード・ショートカットキーを利用して仮想デスクトップを作成する場合では自分では気が付かない内についポンポン作ってしまったりします。

このような場合では利用していない仮想デスクトップを削除する必要があります。この削除はタスクバーで簡単に行えます。不要に感じるデスクトップをにすれば削除完了となります。

 

スポンサーリンク

Windows10 仮想デスクトップを活用して作業の効率化を

タスクビューでは仮想デスクトップを作成や削除、切り替える事ができますが、この機能はどのような場合に役立つのでしょうか?というのも気になります。

Windows10 タスクバーに新規ツールバーを設定して使う活用方法
皆さん こんにちは! Windws10のタスクバーには色々と便利に使える機能が搭載されているので、自分好みに使いやすいようにカスタマイズする事も可能です。 仮に自分だけのオリジナル仕様のタスクバーにする場合では、デスクト...

仮想デスクトップはどんな時に役立つのか?

複数のウィンドウを同時進行で作業を行いたい時に仮想デスクトップを作成して利用する使い方が最適です。あえていえば、仕事などの用途で利用するのが良いのではないか?と個人的に考えます。

とはいえ、仕事以外(プライベートや生活など)でも利用できるため、適切な用途さえ用意する事ができれば上手く活用できると思います。

ジャンル別に作業スペースを分けて、ゴチャ混ぜにならないように管理できるようになるので便利に活用できます。

 

仮想デスクトップは名前を変更した方が良い

仮想デスクトップを1つ作成した場合では、デスクトップが2つになりますが、この時の名称はデスクトップ1、デスクトップ2になります。

残念ながら、この名称では活用するのは逆に難しいのでは?と思います。何せ両方とも1文字違いなので、どっちが何の用途で利用しているのか?分からないからです。

パッと見て分かるような名前に変更して管理する事も忘れずに行った方が良いです。

 

サブPC

サブPCを利用している場合もありますが、仮想デスクトップを活用すれば、もしかすると、サブPCの用途をカバーできるかも知れません。

仮想デスクトップだったとしてもアプリも起動して編集作業も行えますから、一般的に利用する程度であれば、2つのPCに分けて作業する必要もないのでは?と考えます。

とはいえ、必ずしもそのようなパターンになるとも限らないので、こればっかりは一概には何とも言えません。