Windows10 ショートカットキーでタスクバーからアプリ起動できる

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windws10を搭載するパソコンではタスクバーからアプリを起動したり、スタートボタンやアクションセンターをよく利用するのではないでしょうか?

そのぐらいタスクバーをよく利用していると思います。逆にこれがないと困ってしまう事も多いので、必需品に近い存在だったりします。

このタスクバーを利用する場合では基本的にはマウスで操作する場合が圧倒的に多いと思います。Windws PCではマウスを利用しないと逆に不便に感じる場合も多いので、アプリを起動する場合でも、いつものようにマウスでクリック操作となります。

でも、キーボード操作でもタスクバーにピン留め固定されているアプリは起動できるのをご存知でしょうか?

今回の記事は『Windows10 ショートカットキーでタスクバーからアプリ起動できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 アプリを起動する場合

Windows10でアプリを起動する場合では、大きく分けて3種類の方法があります。どの方法が最適にアプリを起動できるのでしょうか?

デスクトップ画面

アプリの起動やOfficeのExcelファイルなどを開く場合では、デスクトップ画面にショートカットを配置してダブルクリック 又は 選択して右クリックして開くという方法で起動できます。

デスクトップ画面はスペースも広いですから、ココに配置しておくのが分かりやすいですし、便利だったりします。とはいえ、あまりショートカットやフォルダも含めてファイルを置いておくと探すのが面倒に感じます。

可能ならば、ファイルは種類ごとにフォルダ分けして格納しておいた方が逆に使いやすいです。

 

スタートメニューからアプリを起動

タスクバーにピン留め固定していないアプリを起動する場合に利用するのがスタートメニューになるのでは?と思います。

スタートボタンをクリックするとアプリ一覧が表示されるので、ここから目的のアプリを見つけて、タスクバーに固定する 又は タイルから外すといった操作を行う場合に利用する場合もあります。

また、ここから各種設定画面には移動 及び 再起動・シャットダウンも行えるため、よく使う機能の1つに該当します。

 

タスクバー

タスクバーにアプリをピン留め固定している場合では、ワンクリックで簡単にアプリを起動できます。アプリだけでなくツールバーも固定できるため、使い方次第では便利に活用できる機能になります。

但し、検索ボックスを表示してある場合では、アプリをピン留めする場合に少なからず影響が出る場合が多いです。必要に応じて変更も含めたカスタマイズを行った方が良いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーにアプリをピン留め固定できる

Windws PCで利用できるタスクバーでは、アプリをピン留め固定できるようになっていますが、頻繁に使うアプリのみ固定するのが賢明の選択になります。

タスクバーにアプリをピン留め固定できる

タスクバーの機能としては、スタートメニューやアクションセンターへの入り口、アプリをピン留め固定、通知領域の表示といった感じで便利に活用できます。

その中でも、よく使うアプリに関して言えば、スタートメニューにあるアプリ一覧から起動するのはちょっと面倒に感じるため、可能ならばワンクリックで起動したいと思います。

この用途に最適なのがタスクバーになりますが、タスクバーにに固定するアプリは最大で8個以内にするのが良いのではないか?と個人的に考えます。

ディスプレイサイズによっても異なりますが、13.3インチ(解像度 1920 × 1080)の場合では9個以上のアプリをピン留めすると矢印が表示されます。

9個目以降は起動が面倒になるので、全く利用していないCortanaを非表示にしたり、検索ボックスを🔎に変更したりといったカスタマイズも必要になります。

 

よく使うアプリはタスクバーから起動できる

よく使うアプリはどこから起動していますか?デスクトップ画面にもアプリのショートカットを配置できますが、ここから起動する場合ではダブルクリックが必要になります。

それに対して、タスクバーからアプリを起動する場合は、ワンクリックだけで起動できるので、とても便利に利用できます。

とはいえ、タスクバーにピン留めするアプリが多い場合では、必ずしも便利に利用できるという訳ではないのも事実です。

何故か?と言うと、タスクバーに矢印が表示されてしまうからです。この矢印をクリック操作して表示しきれていないアプリをクリックする必要があるので、便利とは言い難いです。

そのため、タスクバーにピン留めするアプリは厳選する必要があります。

 

Windows10 タスクバーのアプリをショートカットキーで起動する方法

ここでは、キーボード・ショートカットキーの操作でタスクバーにピン留めされているアプリを起動する方法 及び 補足事項も含めての紹介になります。

タスクバーのアプリはショートカットキーで起動できる

Windwsキー + 1 ~ 0」を同時に押すと、ショートカットキーの組み合わせでタスクバーにピン留め固定されているアプリを起動できます。

例えば「Windwsキー + 1」の組み合わせの場合では、タスクビューのアイコンの隣にピン留め固定されているアプリが起動します。

因みに「Windwsキー + 0」の組み合わせの場合は、1番目のアプリから数えて10番目のアプリが起動します。

但し、10番目のアプリはピン留め固定されていないアプリも含みます。要するに、タスクバーにピン留めされているアプリ 及び ピン留めされていないアプリも含めて、10個まではショートカットキーで起動できるという事になります。

 

ショートカットキーで起動する場合の補足事項

マウス操作ではなく、キーボードのショートカットキー操作でタスクバーにピン留め固定されているアプリを起動する場合では補足事項があります。

あくまでもショートカットキーで起動できるのは10個のアプリに限られます。仮に11個以上のアプリがタスクバーにピン留め固定 及び 起動している場合では、11個目のアプリは操作できません。

この場合はマウスにて操作が必要になるため、便利に活用するであれば、ピン留め固定するアプリは10個に厳選する必要があります。

もしくは、ピン留めされていないアプリはマウスで操作するといった運用方法が求められます。

 

スポンサーリンク

Windows10 ショートカットキーで起動できる機能

ここでは、タスクバーからアプリを起動する以外の便利に使えるショートカットキーについての紹介になります。何でもマウス操作も良いですけど、これだとマウスが無い時に困るので、いつでも使えるようにしておいた方が良いです。

Windows10 ショートカットキーで設定やデスクトップを表示する方法
皆さん こんにちは! Windows PCでウェブブラウザを閲覧している場合にデスクトップ画面を表示したい場合もありますが、どのように行っていますか? 幸いな事にいくつかの方法が用意されているので、自分にとって最適に感じ...

スタートメニューを表示する場合

Windws PCの場合ではキーボードにWindowsキーが搭載されています。このWindowsキーを1回押すとスタートボタン押した状態になるため、スタートメニューを表示する事ができます。

マウスのカーソルを左端に移動させてクリックしなくてもWindowsキーを1回だけ押せば良いので簡単でかつ、効率的に操作できるため、活用した方が良いです。

 

アクションセンターを表示する場合

スタートボタン並に利用する機会が多く感じるのがアクションセンターになります。

ここを表示すると、通知情報を確認できるだけでなく、各種モードの切り替えやスイッチなども有るので便利に利用できます。

Windowsキー+ A」を同時に押すと、アクションセンターが右側からスライド表示します。

 

タスクビューを表示する場合

複数のアプリやウィンドウを開いている場合に目的のウィンドウを選択して切り替えたい場合に便利に使えるのがタスクビューになります。

Windowsキー+ Tab」を同時に押すと、タスクビューを表示できます。

 

仮想デスクトップを表示する場合

仮想デスクトップを利用すると、現在開いているアプリを閉じなくても、他の作業が行えるようになるため、上手く活用することで作業の効率化に繋がります。並行して作業を行う場合に利用する使い方。

Windowsキー + Ctrl + D」を同時に押すと、仮想デスクトップを追加できます。

因みに、仮想デスクトップを切り替える場合では「Windowsキー + Ctrl + ← →」を押します。