Windows10 Cortana タスクバーから非表示できる(コルタナ不要&利用しない)

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windws10を搭載しているPCのタスクバーには音声認識機能付きのアシスタント機能であるCortanaのアイコンが表示されています。

実際に利用しているのであれば何も問題ありませんが、全く利用していない場合では、邪魔に感じるので、こんなの不要に思うのでは?

設定を表示してCortanaを無効化しようとしても、どこを探してもCortanaの設定が見つからないので、どうにもならないといった感じ。

無効化する設定が無いのであれば、仕方ないからタスクバーから取っ払ってしまうのも1つの方法になります。

今回の記事は『Windows10 Cortana タスクバーから非表示できる(コルタナ不要&利用しない)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 Cortana コルタナは利用している?

Windows10には音声認識機能付きのアシスタント機能であるCortana(コルタナ)が搭載されていますが、この機能を利用していますか?

Cortanaの必要性について

Cortanaは何ができるのでしょうか?何ができるのか?分からないと必要性があるのか?分からないと思います。基本的には、検索機能やアプリの起動、ミュージックの再生、簡単な計算、情報収集などが利用できます。

その他の機能としては、メモも利用できます。(メモの場合はOneDriveに保存されます)

でも、ここでよく考えて欲しいのは、これらの列挙した機能は別に音声で利用しなくても毎日のように携帯して利用しているスマホでも行えます。

それなのに、わざわざパソコンで行う必要がどの程度あるのか?という事も考慮した方が良いのではないでしょうか?

iPhoneのSiri や AndroidスマホのGoogleアシスタントも優秀なので、音声アシスタントを利用するのであればどれか?1つに一本化した方が良さそうに感じます。

 

あまり必要性を感じない

音声アシスタント機能があると便利に感じる場合もありますが、普段からそのような機能を利用していない場合では、有るだけで邪魔に感じます。

何せこのアイコンがタスクバーに表示されているだけで、間違ってクリックする可能性も否定できませんし、アイコン1個分が勿体ないです。

というのも、タスクバーにはアプリのアイコンをピン留め固定できますが、デスクトップツールバーを表示したりすると、直ぐに起動できるアイコンが少なく表示されてしまいます。

そのため、全く使っていないアイコンはタスクバーから撤去した方が逆に便利に使えます。Cortanaの必要性を感じていない場合はタスクバーから消したいと考えると思います。

 

スポンサーリンク

Windows10 Cortana コルタナを設定で無効化したい!

Cortanaを利用していない場合では、使っていないので設定で無効化してしまうのが一番良いのですが、残念ながら設定を調べてもそんな設定はどこにも見あたらない感じなのである。

Cortana コルタナ 無効化の設定は見つからない

Cortanaの設定を開く場合では、Cortanaにサインインしていない状態では、いくら探しても見つかりません。それこそ、設定をくまなく探してもそんな表記はどこにもない感じ。

それならば、コルタナにサインインすれば無効化の設定が表示するのかな?と考えて、サインインしてみましたが、コルタナの設定は表示できても無効化できる設定ではない事に気が付きます。

正にお手上げ!といった感じになります。

 

Cortana コルタナはアンインストールできる

コルタナを設定で無効化できないのであれば、アンインストールするのも1つの方法になります。幸いな事にアンインストールも行えるようになっているので本当に利用しないのであれば削除してしまえば良いと思います。

でも、Windows10の標準機能の1つなので、今後も全く利用しない事が断言できる場合でも削除する事によって他の機能に影響が有るのでは?の判断がつきません。

安易な判断でアンインストールするのもどうかな?と感じます。

 

Cortana コルタナをアンインストールしない場合の対応

Cortanaをアンインストールする事によって発生するかも知れない不具合の事を考慮すると利用していなくても現実的には削除しない方が良いのかな?といった気分になります。

この場合では、他の方法を試す必要性に迫られます。例えば、タスクバーからCortanaを消すのも1つの方法になるのでは?と個人的に考えます。

 

Windows10 Cortana コルタナをタスクバーから非表示する方法

ここでは、Cortanaのアンインストールはしないで、タスクバーから消す方法についての紹介になります。消すといっても非表示にするだけなので、必要に感じたらまた表示すれば良いです。

Cortana コルタナをタスクバーから非表示にする操作方法

① タスクバー
タスクバーの空いている部分にマウスのカーソルを合わせます。

 

② 右クリック
タスクバーの空いている部分 又は 隠れているインジケーターのアイコン を右クリックします。

 

③ 左クリック
Cortanaのボタンを表示するをクリックします。

 

④ 確認
タスクバーからCortanaのアイコンが非表示になります。

 

Cortana コルタナをタスクバーに表示する方法

Cortanaは全く利用していないので非表示にしたけれども、やっぱり利用したい場合もあります。この場合ではどのように行なえば良いのでしょうか?

基本的にはCortanaを非表示にする操作方法と全く同じ操作となります。

 

Cortanaは後で使うかも知れない

今は魅力的に感じない場合も多いですが、もっと賢くなって使えるようになる場合も否定できないため、利用しないからといってアンインストールする選択はしない方が良いかも知れません。

タスクバーから非表示にしておけば、使いたいと思った時にいつでも簡単に表示できるので便利に感じます。

 

スポンサーリンク

Windows10 Cortana タスクビューは非表示しない方が良い

Cortanaと同様にタスクビューも非表示にする事ができますが、この機能は便利に使えるので使わなくても非表示にしない方が良いと思います。

Windows10 タスクバーの通知領域はカスタマイズできる!アイコン表示を選択する方法
nbsp; 皆さん こんにちは! Windows PCを利用している場合では、タスクバーを何かしらで利用していますが、アプリを起動する目的で使っている場合が多いのでは?と思います。 ユーザー辞書に単語を登録する用途でも利用...

タスクビュー(仮想デスクトップ)は必要

タスクビューって何かな?と思いますが、複数のアプリを起動している場合に、ウィンドウを切り替えたい場合に便利に感じる機能になります。

タスクバーにピン留め固定しているアプリを開いている場合では、基本的にアプリのアイコンをクリックすれば切り替える事ができます。

でも、ピン留めしているアプリのアイコンが多い場合では、一度に表示し切れないパターンも多いです。(マウスで上下の矢印が表示されています)

この場合ではタスクバーに表示されている矢印をマウスでクリック操作して表示させる必要があるため、面倒に感じます。

この面倒に感じるアプリの切り替え作業を簡単に行える機能がタスクビューになります。

 

仮想デスクトップ以外は不要に感じる

タスクビューはピン留め固定されていないアプリを起動した場合に、他のアプリに切り替える時に便利に感じますが、あくまでも便利に感じるのはこれだけなのが実情になります。

他の機能にスポットライトを当てても、これといって便利に感じない場合が多いです。タイムラインも表示できますが、ハッキリ言って、これが表示できても意味ないよね?といった感じです。