Windows10 スクリーンショット 方法!切り取り&スケッチが便利に使える

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows10で画面全体のスクリーンショット(ハードコピー)を撮影する場合では、ショートカットキーを利用するのが簡単でかつ最適に感じます。

というのも、スクリーンショットされた画像ファイルはピクチャの下にあるスクリーンショットのフォルダに自動保存されるため、画像は何処かな?という心配をしなくて良いからです。

但し、あくまでも画面全体をスクリーンショットする場合は最適かも知れませんが、画面の一部だけを撮影したい場合に利用できません。

この場合では、別の方法(切り取り&スケッチ)で対応する事になります。

今回の記事は『Windows10 スクリーンショット方法!切り取り&スケッチが便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 スクリーンショットする方法

Windws10で画面のスクリーンショット(ハードコピー)を撮影する場合はどのように行えば良いのでしょうか?

ショートカットキーでスクリーンショットを撮影

画面全体のスクリーンショットを撮影する場合では、ショートカットキーの「WindowsキーPrint Screen(プリントスクリーン)」を使うと撮影できます。

但し、あくまでも画面全体のハードコピーになるため、画面の特定の一部分を指定する事ができないため、必ずしも便利に利用できるという訳ではないです。

とはいえ、ペイントを起動してトリミング加工する方法で対応する事も可能なので、多少の手間が発生しても問題ないよ!という場合には重宝する方法になります。

 

切り取り&スケッチでスクリーンショットを撮影

Windowsキー + Print Screenを利用する場合では、画面全体のスクリーンショットを撮影する事になります。いやいや!画面全体ではなく画面の一部のみを切り取ってスクリーンショットしたいんだよ!という場合もあります。

このような場合では対応できないため、「切り取り&スケッチ」を利用するのが賢明です。幸いな事に、切り取り&スケッチはWindows10の標準アプリに含まれているため、スタートメニューから利用できます。

又は、タスクバーにある🔎「ここに入力して検索」に切り取り&スケッチと入力した上で、開くをクリックすると表示する事ができます。

 

スクリーンショットの保存先

① Windowsキー + Print Screen
こちらの方法でスクリーンショットを行った場合は、ピクチャの下にあるスクリーンショットのフォルダに保存されます。

 

② 切り取り&スケッチ
こっちの方法の場合は、「名前を付けて保存」ができるため、保存先を選択する事ができます。

 

スポンサーリンク

Windows10 スクリーンショットは「切り取り&スケッチ」が便利

ここでは、Windws10標準アプリの切り取り&スケッチについての紹介になります。このアプリはスクリーンショットを撮影できます。

画面の一部を指定して撮影できる

画面全体ではなく、ある特定の範囲だけに限定したスクリーンショットを撮影したい場合もありますが、この場合ではWindowsキー + Print Screenでは対応できません。

厳密に言えば、全体を撮影した上で、ペイントでトリミングするといった方法も利用できますが、この場合では、余計な手間が発生するので、必ずしも最適とは言えません。

そのため、余計な手間を掛けなくても良いように、最初から必要に感じる部分だけ切り取って撮影した方が良いと思います。

 

画面全体のスクリーンショットを撮影できる

Windowsキー + Print Screenの場合では、画面全体のスクリーンショットを撮影できますが、切り取り&スイッチの場合でも画面全体を撮影できます。

それに加えて、領域を切り取って撮影できるため、自分にとって最適に感じるスクリーンショットを撮影できるようになります。

こちらの方が自由度が有って便利に活用できる感じです。

 

保存先を選択できる

WindowsキーPrint Screenでスクリーンショットする場合では、保存先は必ずピクチャの下にあるスクリーンショットのフォルダになります。

それに対して、切り取り&スケッチの場合は、名前を付けて保存が行えるため、必要に応じて、保存先を自由に選択できるようになっています。

 

Windows10 「切り取り&スケッチ」のメリット&デメリット

切り取り&スケッチを利用してスクリーンショットを撮影する場合では、一長一短に感じる部分もあります。ここではその紹介となります。

メリット

① ペイントツール
インク(ペン)ツール 及び トリミングが利用できるため、ペイントを利用する必要がありません。

 

② ズーム
何と!ズーム機能も搭載しているため、小さくて見えないような単語でも、このアプリでスクリーンショットすればズームできます。

 

③ 使い方
正直のところ、ひたすら使って覚えた方が良いのではないかな?と感じます。あれこれ試行錯誤を繰り返した方が頭の中に入っていくので、意外と身に付くものです。

 

デメリット

① 保存形式
Windowsキー + Print Screen でもそうですが、保存した場合ではJPEGではなくPNG形式のファイルで保存されます。そのため、JPEGに変換する作業も発生する場合があります。

 

② よく分からない機能あり
新規にある「3秒後に切り取り」、「10秒後に切り取り」という2つの機能がありますが、これはいったい何に使うのかな?といった感じです。

 

スポンサーリンク

Windows10 「切り取り&スケッチ」の使い方

ここでは、Windows10標準アプリの切り取り&スケッチの使い方についての紹介になります。スタートメニューにピン留めする内容も含みます。

Windows10 デスクトップの表示方法!ショートカットキーやマウス操作が便利に使える
皆さん こんにちは! Windows PCで複数のウィンドウを表示している場合に、デスクトップ画面に置いてあるファイルを開きたい事もあります。でも、デスクトップ画面を表示するアイコンはないので、アプリを最小化するといった操作に...

切り取り&スケッチ 起動方法

① 起動方法
切り取り&スケッチはWindows10の標準アプリに含まれています。起動する場合はスタートメニューを表示して切り取り&スケッチを探す 又は タスクバーの🔎(ここに入力して検索)で「切り取り&スケッチ」と入力して表示できます。

 

② ピン留め
継続して利用するのであれば、スタートメニューにピン留めした方が便利に使えます。

この場合は、スタートメニューのアプリ一覧から「切り取り&スケッチ」を見つけて右クリックすると、スタートにピン留めするが表示されるのでクリックします。

 

切り取り&スケッチの使い方

① 新規
画面が開いたら、新規(新しい領域の切り取り)をクリックします。

 

② 撮影方法を選択
「四角形の領域を切り取り」、「フリーフォーム領域切り取り」、「ウィンドウの領域切り取り」、「全画面表示の切り取り」の4種類から選択できます。

 

③ 画面の一部を撮影する場合
ここでは参考例として、画面の一部分をスクリーンショットする場合について説明します。この場合は、「四角形の領域を切り取り」を選択します。

が表示されるため、この状態で任意の場所をドラッグ&ドロップ操作を行うと、範囲指定できるため、その部分だけを撮影できます。

 

④ 画面に表示
特定の一部の領域をドラッグ&ドロップしたら、画面に表示されます。

 

切り取り&スケッチの保存方法

① 名前を付けて保存
画面に表示された画像を保存する場合は、ディスクのアイコン(名前を付けて保存)をクリックします。デフォルトではピクチャが開きますが、任意の場所に選択して保存できます。

 

② 名前を入力
任意の名前を付けて保存先のフォルダを指定した上で保存をクリックすれば完了です。