WindowsからChromebook 乗り換えはオススメしない!便利に活用も考慮を

PC & 周辺機器 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

新たにノートパソコンを購入しようと考えた時に真っ先に検討候補に上がる機種と言えば、手頃な価格帯でかつ人気のあるChromebook、2番手に来るのはWindowsノートPC 又は Macbook といった感じになると思います。

どうしてこのような感じになるのか?と言えば、何だかんだ言ってもお財布との相談も必要になるため、手頃な価格で購入できる性能の高いパソコンを魅力的に感じるのである。

これは「好み」や「感じ方」には皆さん一律的に同じではないので、そのように感じるのは必然であり、仕方ない事です。これだけで購入するのは時期尚早になるため、もっと他に検討しなければならない事も要検討が必須です。

特に、同じOSの機種に買い換えるのであれば問題ありませんが、他OSに切り替える場合はそれなりにリスクを伴う事になるので、その対策はできているのかな?といった感じ。

今回の記事は『WindowsからChromebook 乗り換えはオススメしない!便利に活用も考慮を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

新しいノートパソコンを購入する場合に検討する内容

現在使っているパソコンが有るのに、新しくノートパソコンを購入しようとしている場合では、避けて通れない問題があるので、これを克服や解決してから購入するのが賢明の選択になります。

現在使用しているPCはどうするのか?

現在使っているパソコンが有るのに、新しいパソコンが発売されたり、新しいOSが発表されると、パソコンの買い替えに繋がる可能性が高いです。

買い換えるのは問題ないのですが、現在使っているパソコンがまだ利用できるのにも関わらず、新しいパソコンを購入する事になるので、どうするのか?という問題が発生します。

たぶん一般的な用途で利用する場合ではパソコン2台を併用しても、1台は持て余す結果に繋がる場合が多いですから、確実に自宅で眠る 又は 宝の持ち腐れになるパターン。

この部分は避けて通れない問題になるため、現在使っているパソコンはどうするのか?はよく考えた方が良いです。

 

購入を検討しているPCについて要検討

おそらく一番重要になる部分かも知れませんが、購入を検討しているPCについて、どのぐらい調べているのでしょうか?たぶん、PC性能は熟知しているけれども、それ以外はあまり調べていない場合も多いです。

何故か?と言うと、あまり興味や関心のない部分は見えない 又は 見えないようにしている場合が多いからです。

この部分が有ると、実際に購入してから躓く結果になるので、しっかり細部まで検討する必要があります。

その一例を挙げるとすれば、基本ソフト(OS)になるのでは?同じOSのPCに買い換える場合は特に問題ありませんが、異なるOSに乗り換える場合は検討事項も多くなります。

 

購入検討しているPCのOS(基本ソフト)

① 同じOSの場合
現在使っているパソコンのOSと同じPCを購入する場合ではOSの使い勝手などを気にする必要がないため、特にあれこれ考えなくても問題ありません。

 

② 違うOSの場合
問題は現在のOSから異なるOS乗り換える場合では検討事項が増えるので要注意した方が良いです。

これは使い勝手という根幹に関わる部分になるため、買ったは良いけど使いこなせなくて悩む結果に繋がる可能性があります。

よくそのOSについて理解した上で購入する必要があるため、自分なりにちゃんと調べているのか?が問われます。

 

WindowsノートPCからChromebookに乗り換える場合

人気のあるChromebookに興味や関心がある場合では、新しいノートパソコンを購入する場合に真っ先に検討したい候補に入って来る可能性が高いです。メイン利用しているWindowsからChromebookに乗り換える場合も有ると思います。

WindowsノートPCからChromebookは有りなのか?

新しいノートパソコンを購入する場合では比較的に安価で購入できるChromebookという選択も現実味を帯びて来ますが、果たして本当にこの選択は最適なのでしょうか?

というのも、WindowsパソコンからChromebookに乗り換える場合では、それなりにリスクも伴うと考えます。

特にデータの管理という部分が根本的に異なるので、クラウドに「重要なデータ」も預けるという部分に対して、自分なりの考えがどうなのか?も考慮が必要になります。

Chromebook IdeaPad Duet レビュー(Lenovo)
皆さん こんにちは! iPad Air 、iPad mini 、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持して、実際に使っていますが、同じ用途で利用できる競合商品だったりします。 そのため、用途...

 

足りない部分はAndroidアプリで補完できるのか?

メインで利用しているパソコンで画像編集動画編集を行っている場合では、新しく購入しようとしているChromebookでも行えるのか?ちゃんとよく調べる必要があります。

高性能CPUメモリを多く搭載しているから問題ないと考えていると落とし穴に落下します。というのも、Chromebookの場合は基本的にGoogle Chromeで全ての作業を行うパソコンになります。

これで足りない部分はAndroidアプリで補完するパターンとなるため、現在使っているソフトウェアが利用できない可能性が高いです。

対応しているAndroiアプリがあれば利用できるので問題ないと考える事もできますが、Androidアプリはモバイル版なのでフル機能を搭載していない場合が多いです。

この辺の部分についてよく調べているのでしょうか?

Chromebook ウィジェット Taskbar 使用レビュー
皆さん こんにちは! Chromebookを便利に活用する場合では、どのように使えば良いのか?も気になる要素となります。何故か?と言うと、サブPCの用途で購入しているため、使い道に困って活用方法で悩む展開も珍しくないからです。...

 

ゲーム活用する場合

Windowsパソコンではゲームも利用している場合も有ると思います。Chromebookに乗り換えた場合ではAndroidアプリが利用できるので、一見すると特に問題なさそうに感じます。

ところがどっこい!そうはいきません。新しく購入しようとしているChromebookのPC性能が良くないと画面遷移がもたついたり、動作が遅いと感じます。

確かにChromebookでもゲームは利用できますが、あくまでも利用できる程度と考えておいた方が無難です。

主にゲーム活用する用途のウェイトが大きいのであれば、素直にiPadシリーズを購入した方が良いと思います。

 

WindowsノートPCからChromebookに乗り換えるのはオススメしない

ここでは、WindowsノートPCからChromebookに乗り換える選択はオススメできないという個人的な見解に対しての理由についての紹介になります。

おすすめしない理由

Windows PCからChromebookに乗り換えると自分のイメージしていたよりも活用できない現実が待ち受けています。

ハッキリ言えば、Windowsの機能限定バージョンといった感じのノートパソコンに該当します。

Windowsよりも起動時間は早いかも知れませんが、そんなに早いかな?と感じます。何故か?と言うと、ログイン方法がどれも素早いとはあまり感じないからです。

それに、何でもかんでもウェブブラウザのChromeで全て完結する事ができないのも実情になるため、これをAndroidアプリで本当に補完できるのか?も考慮が必要になります。

 

パソコンソフトも必要に感じる

画像編集や動画編集を行う場合では、Androidアプリで対応も可能ですが、満足できる編集が行えるのか?は実際に使ってみないと分からない部分になります。

新たに新しいアプリを見つける必要があるため、自分にとって最適に感じるアプリが見つかるまで試行錯誤を繰り返す事になりますし、操作方法も覚える必要があります。

Windowsで利用しているPCソフトが使えないとメイン用途で活用するのは厳しいのでは?と思います。

 

WindowsからChromebookには乗り換えない選択が最適

あくまでも個人的な見解になりますが、色々な事情を全て考慮すると、筆者の場合はWindowsからChromebookには乗り換えない選択が最適という結論に到達しています。

OfficeはOffice互換ソフトのLibreofficeを利用していますが、これをChromebookで使うのはLinux版を利用するしか方法がありません。

とても残念な事に筆者の場合はLinuxについて全くの無知ですから、ChromebookでLinuxを利用できるように設定変更したとしてもLinux版Libreofficeが利用できないのである。

続いて、WindowsパソコンでデジタルノートアプリのOneNoteも使っていますが、機能限定版であるAndroid版OneNoteでは満足できません。

最後にトドメを言えば、デスクトップ画面にファイルが置けない 及び フォルダを作成できないのは不便に感じます。その代わりにシェルフに固定できるので代用できますが、使い勝手はWindowsの方が圧倒的に便利に感じます。

スポンサーリンク

 

新しくパソコンを購入する場合は実際のPC活用も考慮が必要

新しいPCを買う場合では、どの用途で利用するパソコンなのか?を考慮する必要があります。メイン用途で使うのであれば活用も考慮が必要です。

メインPCの用途で購入する場合

サブPCで利用する場合では活用方法も重要になりますが、メイン用途でも同様に活用方法を考慮する必要があります。毎日のように利用するパソコンになるので、全てにおいて使い勝手が良いパソコンじゃないと厳しいです。

ただ普通にウェブページ閲覧や動画視聴の用途で利用するのであれば、どのOSでも問題ありませんが、これ以外の作業を行う場合では「フルに使える」必要があります。

Officeアプリにしても、機能限定ではなく全ての機能が使えた方が活用できる幅も広がるので、自分なりに努力すれば活用も可能になります。

でも、フル機能版ではなく機能限定版ではどんなに頑張ってもフルに利用できないですから、活用するにも限度があります。

 

ChromebookでOffice

Chromebookの場合では、Microsoft Officeを利用するにはAndroid版を利用する事になります。Android版では残念ながらPCで利用できるバージョンではないので利用できる機能が限定されます。

それならば、どうすれば良いのか?と言うと、Google ドキュメント・スプレッドシート、スライドといったGoogle アプリで代用する選択となります。

無料で利用できるのも便利ですが、Office形式でファイルを作成できるので利用してみる価値はあります。

とはいえ、今まで利用していたOfficeを全てGoogle アプリに置き換える事ができるのか?は個人差があるため、一概には何とも言えません。

 

PCで何をするのか?が一番重要

新しいPCを買うのは何も問題ありません。自分が欲しいと考えているパソコンを購入するのが全てにおいて一番良い選択になります。

但し、そのパソコンで「何をする」のかな?という根幹部分が明確でないと、上手く活用できないと思います。

特に現在利用しているパソコンがまだ現役で利用できるのにも関わらず新しいパソコンを購入する場合では「何をする」が明確でないと2つのパソコンを併用できません。

又は、新しくPCを買ったは良いけど、新品は使い勝手が悪い事もあり、今まで利用していたPCを使い続けているといったパターンも発生すると思います。