台湾旅行の持ち物!パッキングポーチPACK-ITスペクターキューブ持参

通勤&旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行で着替え衣服の収納に使っているパッキングポーチのPACK-ITスペクターキューブ』についての内容になります。

台湾に限らず宿泊を伴う旅行では着替え衣服が必需品になりますが、衣類収納ポーチによっても重たい物や軽い物といった感じに様々あります。

イーグルクリークのPACK-ITスペクターキューブは超軽量という言葉が相応しいぐらいに軽量なのでパッキング荷物の軽量化にも役立ちます。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

旅行のパッキングポーチについて

台湾旅行では着替え衣服も持参する事になりますが、この着替え衣服はバッグにそのままポンポン入れて持参するという事は無いと思います。

旅行では衣類収納ポーチも持参する

宿泊を伴う旅行では着替え衣服も必要になりますけど、着替え衣服はどのようにバッグにパッキングしているのでしょうか?

バッグにポンポン詰め込んでしまうとシワになったりするので着る時に困ってしまうと思います。このような場合に重宝するのが、旅行のパッキングポーチになります。

 

風呂敷を使っていた事もある

パッキングポーチを利用する前まで実際に愛用していた着替え衣服を収納するグッズは風呂敷になります。

風呂敷?と思うかも知れませんが、とっても軽量ですし、スーツケースであればどのようにアレンジしてもOKといった感じで便利です。

しかも使わない場合は小さく折り畳んで置けますから、キャリーバッグで旅行する場合は便利だと考えます。

因みに、現在は使っていないのですが、どうして使わなくなったのか?というと、台湾旅行を経験してからバッグパッカーに変身したのである。

 

圧縮バッグも使う

以前は100円ショップで購入できる簡易な圧縮袋を使っていたのですが、手押し圧縮という事もあり、思ったよりもそんなに圧縮できていない事に気が付いたのである。

それならば、圧縮バッグでも良いかな?と思って、ファスナー式の圧縮バッグを使ってみたら、意外と使えるという事が判明して、旅行のパッキングポーチの1つになっています。

正直、そんなに圧縮バッグはあまり用途がないと考えていたので、新たな発見になりました。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に持参しているパッキングポーチ

実際の台湾旅行に使っているパッキングポーチは2種類あります。ほぼ2つの固定している感じなので、よく使っている旅行グッズに該当します。

台湾旅行で使っているのは2種類

ほぼ固定化しているポジションに該当するのが、イーグルクリークのPACK-ITパッキングポーチ 及び ファスナー式圧縮バッグになります。

どっちかに固定できれば良いのですが、どっちも魅力的過ぎて統一できないというのが実情だと思います。

PACK-ITは超軽量という表現に相応しいぐらいの軽さですし、圧縮バッグは圧縮しないでも使えるので汎用性があります。

旅行では何が発生するか?分からないですから、汎用性のあるグッズもチョイスしておきたいのである。

 

ファスナー式圧縮バッグ

ネット通販で購入したファスナー式圧縮バッグは色々なメーカーがあるので、どれでも特に問題ないと思います。

圧縮袋のように手押し圧縮しないでファスナー開閉による圧縮が出来るバッグになります。バッグパックのパッキングで台湾旅行する場合では重宝するのである。

しかも、両面開きになっているため、汚れ物衣類と綺麗な衣類に分けて収納も可能になっているのもイチ押しポイントになります。

 

PACK-ITスペクターキューブ

PACK-ITパッキングポーチの場合は圧倒的に軽量なのが特徴になります。僅か28.4gという軽さなので風呂敷並に便利です。

流石に風呂敷はバッグパックでのパッキングに不向きですが、超軽量なパッキングポーチであれば、リュックとの相性も抜群なので愛用しています。

 

台湾旅行に持参のPACK-ITスペクターキューブ

台湾も含めて宿泊旅行で利用している衣類収納パッキングポーチのパックイット・スペクターキューブについての紹介になります。

PACK-ITスペクターキューブの仕様

サイズ : 360mm × 255mm × 80mm
重量  : 28.4g

容量  : 10.5L
素材  : 30D Silnylon Ripstop

装備  : 大きな持ち手

 

超軽量で丈夫な生地が魅力

ペッチャンコな形状にも関わらず丈夫でしっかりしている生地になっているため、切り裂けて壊れるといった感じではないです。

何度洗濯しても繰り返し使えるのが便利です。不織布の衣類収納ケースの場合では洗濯できないですし、Pack-itスペクターキューブよりも重たい場合もあります。

それに対して、PACK-ITスペクターキューブは、28.4gという軽さなので旅行に持参する衣類収納ポーチとしては申し分ないと思います。

 

サイズ以上に収納できる

形状も関係していると思いますが、サイズ以上に収納できるのも魅力的に感じます。それこそ押し込めば、どんどん入っていく感じなので何かとがさばる着替え衣服をコンパクトに収納できます。

因みに押し込んだとしても、しっかり丈夫な生地になっているため、切り裂けるというような事はありませんから、問題ありません。

但し、あまりギュウギュウ押し込むと壊れる原因にも繋がるため、節度ある詰め込み方を心掛けた方が良いと考えます。

 

 

台湾旅行でのPACK-ITスペクターキューブ

実際の台湾旅行ではどのように使っているのか?についての紹介になります。あくまでも筆者の場合になるため、参考になるのか?分かりません。

弱点を考慮した着替え衣服

PACK-ITスペクターキューブには最大の弱点があります。それは何なのか?というと、ペッチャンコな形状であるという部分に尽きます。

つまり、どういう事なのか?というと、圧倒的に軽量なのは確かに魅力的に感じますが、逆を言えば衣類が型崩れしやすいという事を意味します。

そのため、このポーチに収納する着替え衣服はシワになっても問題ない衣類が望ましいという事になります。

幸いな事に夏の台湾は半袖Tシャツでも大丈夫なので、筆者の場合は特に問題ありません。

 

2泊3日分の着替え衣服を全て収納

夏のシーズンに台湾旅行する場合では、持参する着替え衣服も少なくて済むため、2泊3日分の着替え衣服を全てPACK-ITスペクターキューブに詰め込んでしまいます。

この時に収納し切れなかったら、ファスナー式圧縮ポーチに入れ替えています。入れ替えたら持参する必要はないと思うかも知れませんが、旅行に持参しています。

どうしてか?というと、筆者の場合は旅先のホテルで着替え衣服を洗濯しているため、洗濯物を一時的に保管して置く場所が必要なのである。

この用途でもPACK-ITスペクターキューブを使っています。何せ重量が28.4gなので、この程度荷物を増やしても問題ありません。

 

 

イーグルクリークPack-itスペクターキューブのレビュー!旅行トラベル衣類収納ポーチ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行トラベル衣類収納ポーチの超軽量イーグルクリークPack-itスペクターキューブのレビュー』についての内容になります。 宿泊を伴う旅行には着替え衣服を持参しますが、軽量な衣類収納ポー...