台湾旅行の持ち物!スマホスタンド付3in1自動巻取式USB充電ケーブル持参

通勤&旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

台湾旅行に持参しているスマホのスタンド付3in1自動巻取式USB充電ケーブルについての紹介になります。

日常生活の必需品でもあるスマホは旅行でもよく利用する機会に恵まれるため、バッテリーも減少しやすくなります。

持参しているモバイルバッテリーや充電できる場所でスムーズに充電したいものです。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に持参するスマホ関連グッズ

台湾旅行には愛用しているスマートフォンも持参する事になりますが、モバイルバッテリーやUSB充電ケーブルも必要になります。

スマートフォン

台湾旅行にはSIMフリーに対応したスマートフォンを持参しいています。どうしてSIMフリーなのか?というと、台湾桃園国際空港でプリペイドSIMを購入するためです。

台湾旅行中もスマホでネット検索や調べ物を行う場合に必要になるのである。特に鉄道やバスを利用してアチコチ出掛ける場合では運賃や時刻表が気になるため、調べたくなるものです。

これらを調べるにはインターネットが必要になるので、プリペイドSIMは必須アイテムと言っても過言ではないと思います。

モバイルWi-Fiルーターという選択もありますが、余計な荷物になるため、必ずしも最適とは言い難いです。

 

モバイルバッテリー

旅行にスマホを持参する上で必ずではないのですが、必要になるのがモバイルバッテリーになります。正直のところ、そんなに大容量タイプの必要性は感じられないと言った方が正解だと思います。

スマホを丸1回分充電できる容量があれば良いのではないか?というのが個人的な見解です。その理由としては、空港でも充電できますし、省電力モードを利用すれば、どうにかなると考えるからである。

 

USBコンセント&充電ケーブル

モバイルバッテリーよりも重要なのがUSBコンセント充電ケーブルになります。充電ケーブルが無ければ、モバイルバッテリーから充電させる事も出来ません。

スマホ本体に付属されている純正のUSBコード&コンセントを持参するのが良いと思いますが、必ずしも最適とは言い難いため、自分の好みに合わせて持参するのが賢明です。

 

スポンサーリンク

台湾旅行ではSIMフリースマホが必需品の1つ

台湾旅行ではSIMフリースマホが必需品に近い存在になります。というのも、スマホのアプリを検索して情報収集する場合が多いからです。

インターネットが必需品

台湾旅行ではインターネットが無いとちょっと厳しいと思います。美味しい台湾料理を楽しむ場合では、お店までのルートも調べる必要があります。

この場合では鉄道やバスを利用する事になるため、時刻表や悠遊カードの残高確認、Google Mapなどの地図アプリで検索する必要に迫られるからです。

これらの必要としている情報は持参しているスマホで調べる事になるため、日常生活の必需品であるスマートフォンは台湾旅行でも必需品なのである。

iPad mini などのタブレット端末でも良いですけど、プリペイドSIMが利用できる端末が望ましいです。

 

台湾桃園国際空港でプリペイドSIM購入

筆者の場合は、台湾桃園国際空港を利用しているため、いつもこの空港で台湾のプリペイドSIMを購入しています。

初期設定などは全て行ってくれるため、手続さえ終われば直ぐにインターネットを利用する事が出来ます。

購入する場合は現金が必要になるため、迎賓ロビーに出て来る前に両替を済ませておくのが賢明の選択になります。

クレジットカードでプリペイドSIMは購入できないので要注意です。

 

フリーWi-Fiはオススメできない

itaiwanなどのフリーWi-Fiを利用するのも1つの方法になりますが、ハッキリ言ってあまりオススメ出来ません。

というのも、移動中はインターネットに接続できないため、必要としている時に利用できないので返って不便に感じます。

それにホテルなどの宿泊施設ではWi-Fi完備しているので、あえて登録する必要はないと思います。

 

台湾旅行に持参の3in1自動巻取USB充電ケーブル

台湾旅行にも持参しているAndroidスマホやiPhone、自撮りセルカ棒などを充電する場合に有ると便利なスマホの簡易スタンド付3in1自動巻取USB充電ケーブルについての紹介になります。

3in1自動巻取USB充電ケーブルの仕様

サイズ : 52mm × 52mm × 25mm
重量  : 42g

充電端子: USB Type-C、MicroUSB、Lightning
便利機能: 引き出し式の簡易スマホスタンドを搭載

最大出力: 2.1A急速充電対応
ケーブル: 自動巻取式(長さ 20cm ~ 95cm)

 

簡易的なスマホスタンドを装備

自動巻取式USB充電ケーブルも十分に便利なのですが、これに加えて横向き専用のスマホスタンドも搭載しているのである。

角度調整が出来ないのが残念な部分に該当しますが、通勤や旅行という場面においては、この機能だけあれば十分なので特に問題ありません。

充電しなくても簡易なスマホスタンドとしても使えるので、旅行に持参すると重宝するグッズだと感じます。

 

マカロン型の自動巻取式USB充電ケーブル

通勤や旅行に持ち歩く場合では、軽量コンパクトなグッズが最適です。この3in1充電&自動巻取式ケーブルの場合では、長さ 20cm~95cm に伸縮できるコードを装備しているので便利です。

伸縮コードは両サイドを持って引き出す必要がありますが、収納する場合は両サイドのUSB端子をちょっと引っ張るだけで自動的に伸縮できます。

縮んだら後はUSB端子をケースに入れ込むだけなので持ち運びが便利です。

 

 

台湾旅行での3in1充電ケーブルの使い勝手

実際の台湾旅行でのスタンド付3in1充電ケーブルの使い勝手についての紹介になります。あまり参考にならないと思います。

羽田空港では

① 出発前
いつも筆者の場合は羽田空港を利用していますが、台湾に出発する飛行機の搭乗する前にスマホのバッテリーを満タンにしています。

 

② 帰国後
Peachを利用している関係で日本に帰国したら、夜中なので電車が既に営業終了となっている時間帯という事もあり、朝まで仮眠などして過ごしています。

この場合ではスマホではなく、持参しているモバイルバッテリーを先に満タンにする為に使っています。

 

羽田空港はUSB充電端子があるので便利

羽田空港にはUSB充電端子があるので、コンセントを持参していない場合でもスマホに充電できるので便利に感じます。

3in1充電ケーブルの場合は最長で95cmまで長さ調節ができるため、多少離れていても問題なく充電できるのが便利です。

コードを仕舞う場合でもチョンと両方のコードを引っ張ればスルスルスルっとコードが短縮するので手間が掛かりません。

 

 

3in1自動巻取式USB充電ケーブル&スマホスタンドのレビュー
皆さん こんにちは! 通勤&旅行にも持参しているスマホの3in1自動巻取式USB充電ケーブル&スマホスタンドについての紹介になります。 Androidスマホを利用しているのでUSB Type-Cだけあれば良いのですが、自...