台湾旅行の持ち物!サブバッグはカリマーVT hip bag Rショルダー&ヒップバッグ

通勤&旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

台湾旅行に持参しているサブバッグはカリマーのVT hip bag Rショルダー&ヒップバッグになります。

飛行機を利用する旅行では空港や飛行機の機内といった場面でショルダーバッグなどのサブバッグがあると便利です。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に持参するサブバッグ

台湾に限らず宿泊を伴う旅行の場合では、サブバッグも持参する場合が多いと思います。旅先では観光や街歩き、グルメを楽しむ事になるため、サブバッグも必要になります。

旅行に持参するサブバッグ

台湾旅行にはサブバッグも持参しますが、色々な種類のバッグを実際に持参して試して見たのですが、どれも一長一短があり、これぞ!と言い切れる種類のバッグに出会った事がありません。

それでも一番自分の用途に適しているバッグは有るので、そのバッグを好んで台湾旅行に持参していますが、ちょっと小さいんですよね~。

容量的に8L以上は欲しいかな?というのが率直な感想になります。

 

お土産を収納する場合

パッキングバッグであるスーツケース等に収納できないぐらいにお土産を購入する場合がありますが、この場合に便利なのが折りたたみ仕様のポケッタブルバッグになります。

ハッキリ言って、筆者の場合は台湾旅行にこれを持参する事は無いのですが、他の地域に旅行する場合では実際に何度か持参した事があります。

生地が薄っぺらいのでお土産用途に最適で、観光用サブバッグには不向きだと考えています。

 

観光や街歩きの場合

旅先での観光やグルメを楽しむ場合では、食べ歩き等も行う事もあり、身軽でベストポジションで使えるショルダーバッグが便利だと思います。

特に旅行でも使う機会が多いスマホの収納&取り出しがスムーズで最適に感じます。

 

スポンサーリンク

飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグ

飛行機の機内に持ち込む身の回り品バッグは人それぞれ異なりますが、筆者の場合はウェストポーチが最適に感じます。

機内に持ち込む身の回り品バッグ

飛行機の機内には身の回り品バッグも持ち込む事ができます。筆者の場合は、全ての荷物を機内持ち込むパッキングを行っているため、バッグパックとサブバッグを機内に持ち込んでいます。

サブバッグは色々と試した結果、最終的には2way仕様のウェストポーチが最適に感じています。今後どうなるか?分かりませんが、臨機応変に変更すれば良いと考えています。

 

ウェストポーチが便利に感じる

機内に持ち込むバッグとしてはショルダーバッグも便利なのですが、サイズが大きいと逆に不便に感じます。

特にトイレに行く場合では、そんなに大きなショルダーバッグを一緒に持って行くのかよ!と思われるというのが率直な感想です。

というのも、トイレに行く人をよく観察していると、手ぶらな人や小さなショルダーポーチが圧倒的に多いからです。

だからといって、貴重品を持たずにトイレに行くと盗難の被害に遭う可能性も否定できないため、リスクを伴うので、色々と勘案した結果、ウェストポーチに落ち着きました。

 

持ち込んでいるのは2way仕様のウェストポーチ

実際の台湾旅行に使用しているのはショルダーバッグも兼ねる2way仕様のウェストバッグになります。

飛行機の機内ではトイレに行く場合もあるため、この時に両手がフリーになるウェストポーチが便利に感じるという事もあり、好んで使用しています。

 

台湾旅行のサブバッグはカリマー VT hip bag R

台湾旅行のサブバッグとして利用しているカリマーのショルダー&ヒップバッグである VT hip bag R についての紹介になります。

カリマー VT hip bag R 仕様

サイズ : 300mm × 180mm × 150mm
重量  : 270g
容量  : 5.5L

収納1 : メインルーム、フロント・ファスナーポケット
収納2 : ウェストベルト収納ポケット

装備等 : コンプレッションベルト、デイジーチェーン

付属品 : 25mm幅のショルダーベルト

 

2wayで利用できるボディ&ヒップバッグ

VT hip bag R はボディバッグも兼ねるウェストポーチに該当します。

ウェストベルトを専用ポケットに収納した上で、付属のショルダーベルトを装着すると、ショルダーバッグとしても利用できる2way仕様のバッグとしても利用できます。

ショルダーバッグを装着した場合に邪魔になるのがウェストベルトになりますが、身体側にある専用の収納ポケットに収納できる仕組みになっています。。

ただ単に収納するだけでは、ベルトが飛び出して来る可能性が高いですが、簡単に飛び出ないように両サイド部分にベルクロで留める事が出来るようになっているため、ベルトが飛び出ないように配慮されています。

 

付属のショルダーベルトが細いのが残念

このバッグにはショルダーベルトが付属されていますが、25mm幅なので、アレコレ収納して重たくなると、肩への食い込み感があります。

筆者の場合は他のバッグの38mm幅のベルトを流用して使っているため、そんなに食い込み感は無いのですが、夏のシーズンに台湾旅行する場合では薄着になるので、ベルト幅が狭いと結構キツイです。

秋冬シーズンはジャケット衣類を羽織っているので25mm幅でも問題ないのですが、半袖シャツ1枚だけの場合ではショルダーパッドなども必要になるのでは?と考えます。

 

 

ショルダー&ヒップバッグのVT hip bag R

VT hip bag Rはショルダーベルトが標準で付属されているため、ウェストベルトを専用ポケットに収納してショルダーベルトを装着すればショルダーバッグに変身するのが便利に感じます。

ショルダーバッグとして使える

ウェストバッグの場合ではウェストベルトがあるのでボディバッグのように斜め掛けスタイルで利用できる事もあり、使い道の幅が広がり便利に感じます。

この状態でショルダーベルトを取付すればショルダーバッグに変身できるので、幅広い用途に使える便利なグッズに該当します。

台湾旅行にVT hip bag Rを持参する理由の1つは、状況に応じた使い分けが出来るという部分に尽きます。旅行では色々な場面があるため、使い分けという部分も必要になります。

 

ウェストバッグ&斜め掛けで使える

海外旅行にウェストバッグを持参するのはリスクを伴うと言われていますが、筆者の場合は台湾旅行に持参しています。

パッキングバッグであるカリマーイクリプス27との併用での使い方が最適に感じるからです。リュックを背負いながらショルダーバッグとして使っても良いですし、斜め掛けしても良いので、どちらの場合でも便利です。

観光用の街歩きバッグとして使う場合でも斜め掛けスタイルが便利です。但し、混雑している場所に出掛ける場合では、ボディバッグのような斜め掛けよりも、ショルダーバッグとして使った方が良いと思います。

 

バッグインバッグとしても使える

台湾旅行では、リュックでの移動も多いのですが、この場合ではVT hip bag をバッグインバッグとして利用する機会もあります。

基本的にはイクリプス27に trek carry sacoche を装備しているのですが、小さいので必ずしも最適とは言い難いのである。

幸いな事にVT hip bag はメインルームにスポッと入るので台湾旅行でも便利に活用しています。

 

 

カリマー Karrimor VT hip bag R レビュー!2wayショルダー&ヒップバッグ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『2wayショルダー&ヒップバッグであるカリマー VT hip bag R のレビュー』についての内容になります。 宿泊を伴う旅行のメインバッグも兼ねるカリマーリュックのイクリプス27の...