台湾旅行の持ち物!Peach機内持ち込み7.0Kg以内パッキング

通勤&旅行の持ち物

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『Peachの機内持ち込み7.0Kg以内のパッキングで台湾旅行』についての内容になります。

台湾旅行では、いつも羽田空港からPeachを利用して台湾桃園国際空港まで行きますが、この場合のパッキングは全ての荷物を機内に持ち込むパターンになります。

全ての荷物を機内に持ち込むため、Peach手荷物規定を遵守する必要があります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に持参する持ち物

台湾旅行に持参うる持ち物は何が必要なのか?についての基本的な持ち物リストになります。あくまでも筆者の場合になるため、参考になるのか?分かりません。

基本的な持ちもリスト

① お金、貴重品、パスポート
② スマホなどのガジェット
③ 便利グッズ
④ 着替え衣服
⑤ バッグ

 

季節によって増減する持ち物

基本的に台湾には夏シーズンに旅行する場合が多いですが、冬~春の季節に旅行する場合もあるため、季節によっても荷物が異なります。

台湾の季節と日本の季節が重なっている場合では持ち物が少ないのですが、異なる場合は両方の気温の変化に対応できるように着替え衣服も対応させる必要があります。

そのため、季節が異なる場合は持参する荷物も増えてしまいます。

 

お土産を購入するのか?も重要なポイント

台湾に限らず、旅行のパッキングを行う場合では、旅先で購入する機会のあるお土産商品の取り扱いが重要なポイントになります。

お土産は買わないで現地で食べて満足するという場合であれば、何も問題ないのですが、家族や友人、会社の同僚にお土産をプレゼントする場合では帰りのパッキングにも配慮が必要になります。

お土産を購入するのか?によっても持参するバッグのサイズも関係しますし、お土産用の折りたたみバッグを持参する必要も出て来ると思います。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に持参する貴重品

ここでは貴重品についての紹介となります。貴重品といっても人によっても個人差があるため、必ずしも皆さんと同じになるとは限りません。

お金 及び 貴重品

① パスポート 及び パスポートのコピー
② 日本円、台湾元(前回の旅行で余った台湾元)
③ クレジットカード
④ 悠遊カード
⑤ メッシュのファスナーポーチ(財布の用途で使用)

 

台湾元について

筆者の場合は、台湾入国時に両替したお金は基本的に帰国時に再両替していません。為替レートによってはマイナスになる場合があるからです。

それに、台湾リピーターでもあるため、今回の旅行で余ったお金は次回の旅行で利用すれば良い!という考え方になります。

 

悠遊カード(悠遊卡)

台湾の交通系ICカードである悠遊カードを持参しています。日本のSuicaやPasmoと同じように利用できる台湾旅行の必需品です。

Amazonや楽天市場といったネット通販や台湾桃園空港の迎賓ロビーのフロアにある電子票證聯合服務でも購入できます。台湾の市内アチコチにあるコンビニでも購入&チャージできます。

 

台湾旅行の持ち物!必需品の悠遊カードで鉄道MRTバス乗車&買物を
皆さん こんにちは! 台湾旅行の必需品はSIMフリースマホも該当しますが、台湾の交通系ICカードである悠遊カードもその内の1つに入ります。今回の記事は悠遊カード(悠遊卡)についての紹介になります。 悠遊カードは台湾の空港...

 

台湾旅行に持参するガジェット

ここでは台湾旅行に持参しているスマホなどのガジェットについての紹介になります。基本的にiPad mini などのタブレット端末は持参していません。

SIMフリースマホ

台湾旅行ではスマホも必需品の1つに該当しますが、持参しているスマホは、SIMフリー仕様になります。

台湾桃園国際空港で台湾のプリペイドSIMを購入しているため、SIMフリースマホが必要になります。

日本でモバイルWi-Fiルータをレンタルする方法も有りますが、余計な荷物になりますし、プリメイドSIMの方が格安料金になるため、利用していません。

 

台湾旅行の持ち物!SIMフリースマホは必需品。プリペイドSIMを台湾桃園空港で購入を
皆さん こんにちは! 台湾旅行の必需品と言うと、悠遊カードが該当しますが、実はSIMフリーのスマートフォンも必需品の1つに数えられます。 何故か?と言うと、台湾をアチコチ移動する場合ではバスも利用する事になるため、バスに...

 

モバイルバッテリー

台湾旅行に持参しているモバイルバッテリーは基本的に5000mAhになります。旅行に持参するモバイルバッテリーとして容量が少なめなのでは?と思うかも知れませんが丁度良いです。

容量が大きくなれば、重量も比例して重たくなるため、スマホを丸1回分充電する事が出来れば問題ないと考えています。

それに出発時と帰国時に利用する羽田空港には充電できるスポットが多いので充電に困る事はないのである。

 

3in1自動巻取式USB充電ケーブル

スマホのUSB充電ケーブルは3in1仕様の自動巻取式を持参しています。長さを自由に調節できますし、モバイルバッテリーの充電にも使えるので丁度良いです。

筆者が使っているモバイルバッテリーはMicroUSBで充電するタイプなのである。

 

3in1自動巻取式USB充電ケーブル&スマホスタンドのレビュー
皆さん こんにちは! 通勤&旅行にも持参しているスマホの3in1自動巻取式USB充電ケーブル&スマホスタンドについての紹介になります。 Androidスマホを利用しているのでUSB Type-Cだけあれば良いのですが、自...

 

台湾旅行に持参する便利グッズ

ここでは台湾旅行に持参している便利グッズについての紹介になります。雨具も含めて、ここで紹介させて頂きます。

折りたたみ傘

台湾旅行では雨具の折りたたみ傘も持参していますが、はっきり言って、使わない方が多いというのが実情になります。

持参しているのは「晴雨兼用UVカット折りたたみ傘」になります。夏の台湾は日差しが強いのでUVカット仕様で日傘として使えるのが最適だからです。

 

ポケッタブル・ジャケット

飛行機の機内防寒 及び 急な雨でのカッパ、風が強い場合に羽織るウィンドブレーカーの役割も兼ねる防水仕様のノースフェイス・ベンチャージャケットを持参しています。

防水加工が施されているため、多少の雨でも問題ないのが魅力的になりますが、重量も230gという軽さなのである。

これに加えて、スタッフバッグに収納すると、手のひらサイズに収まってしまうので便利に感じます。

 

THE NORTH FACE 防水ベンチャージャケット・レビュー!軽量ポケッタブルが魅力的
皆さん こんにちは! 今回の記事は『軽量ポケッタブルで防水対応の THE NORTH FACE ベンチャージャケットのレビュー』についての内容になります。 通勤や旅行時にポケッタブル状態で持ち歩くポケッタブルジャケット&...

 

秋冬シーズン(夏以外)

9~10月頃に台湾旅行する場合では、日本帰国時が寒い場合も十分に想定できるため、ユニクロのウルトラライトダウン・パーカーも持参します。

ポケッタブルジャケットと組み合わせれば、多少寒い場合でも十分に保温性を保てるため、風邪を引いてしまうような事はありません。

但し、持参するポケッタブルジャケットは袖口をベルクロ等で留める事が出来るタイプが望ましいです。

 

台湾旅行に持参する着替え衣服

ここでは台湾旅行に持参している着替え衣服についての紹介になります。はっきり言って全く参考にならないと思います。

2泊3日分の着替え衣服を持参

いつも台湾旅行する場合では3泊4日 又は 4泊5日が多いのですが、どちらの場合でも基本的に2泊3日分の着替え衣服を持参しています。

宿泊日数分の着替え衣服を持参すると、全体重量がそれなりに重たくなってしまうため、旅先のホテルで洗濯しています。

ホテルで洗濯を行えば、出発時に着て行く服装も含めると、3泊4日分の着替え衣服を持参している事になるため、十分に回転させる事が出来ます。

 

洗濯セット(グッズ)を持参

旅先のホテルで洗濯を行う場合に必要になるのが洗濯グッズになります。以前はセットタイプを持参していましたが、現在は個別に購入した洗濯グッズになります。

 

【持参している洗濯グッズ】
① 折りたたみハンガー
② トラベル洗濯ピンチ
③ 洗濯ひも
④ 洗濯ばさみ
⑤ 洗濯洗剤
⑥ メッシュのファスナーポーチ
⑦ マイクロファイバータオル

 

メッシュのファスナーポーチに収納

①~⑤の洗濯グッズは100均ショップで購入したメッシュのファスナーポーチに収納しています。洗濯洗剤も含めて収納できるので管理がしやすいです。

流石にマイクロファイバータオルは一緒に収納できませんが、パスポートサイズまでコンパクトになるので、汗拭きタオルの用途としても使っています。

 

 

パッキングポーチ

着替え衣服を小分け収納 及び 汚れ物と綺麗な物に分けて使い分けする場合に重宝する2種類のパッキングポーチを使っています。

1つは、イーグルクリークのPACK-ITスペクターキューブ、もう1つはファスナー式トラベル圧縮バッグになります。

 

イーグルクリークPack-itスペクターキューブのレビュー!旅行トラベル衣類収納ポーチ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行トラベル衣類収納ポーチの超軽量イーグルクリークPack-itスペクターキューブのレビュー』についての内容になります。 宿泊を伴う旅行には着替え衣服を持参しますが、軽量な衣類収納ポー...
ファスナー式トラベル圧縮収納バッグのレビュー!衣類圧縮2way収納トラベルポーチ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『宿泊を伴う旅行に持参すると便利なファスナー式トラベル圧縮収納バッグのレビュー』についての内容になります。 宿泊旅行では着替え衣服が必需品になりますが、この場合に有ると便利に感じるのがト...

 

台湾旅行に持参するバッグ

ここでは台湾旅行に持参しているパッキングバッグ 及び サブバッグについての紹介になります。基本的にバッグパッカーなのでスーツケースではありません。

 

カリマー イクリプス(eclipse)27

台湾旅行のパッキングバッグはカリマーイクリプス27リュックを愛用しています。このリュックは分厚いショルダーと軽量さが魅力のバッグパックになります。

気の利いたファスナーポケットがないので旅行では物足りなさを十分に感じる事が出来るというのも特徴の1つに該当します。

それなのに愛用しているのには理由があり、何だかんだ言っても重たい荷物を背負った場合では、両肩への負担も大きくなるため、少しでも軽減に繋がるリュックのショルダーは重要です。

イクリプス27は自分の求める分厚いショルダーなので旅行では、これが一番だと考えています。

 

カリマー イクリプス eclipse 27 リュックのレビュー!軽くて分厚いショルダーが魅力
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーの軽量リュックであるイクリプス(eclipse)27のレビュー』についての内容になります。 通勤から旅行まで便利に利用できる30L未満のリュックを探していたのですが、ちょうど最...

 

カリマー trek carry sacoche サコッシュ

カリマーイクリプス27リュックの決定的な弱点は気の利いたファスナーポケットを装備していないという点に尽きます。

これを解決する手段として、trek carry sacoche をバッグインバッグとして装備しています。ホテルでの食事や故宮博物院への見学といった用途でも使えるため、便利に活用しています。

あくまでもイクリプス27のバッグインバッグの用途になるため、貴重品は収納していません。

 

カリマー trek carry sacoche レビュー!超軽量なサコッシュバッグ
nbsp; 皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーの超軽量サコッシュバッグである trek carry sacoche のレビュー』についての内容になります。 サコッシュというと旅行用途で利用する場合が多いですが、使...

 

カリマー VT hip bag R ショルダー&ヒップバッグ

台湾旅行に持参しているサブバッグはカリマーの VT hip bag R になります。2way仕様のウェストバッグに該当します。

ウェストバッグの場合ではボディバッグのように斜め掛けでも利用できるため便利なのですが、これに加えて、付属のショルダーベルトを装着する事でショルダーバッグとして使えるのである。

ショルダーバッグ形態にする場合では、邪魔になるウェストベルトを専用ポケットに収納できるのも魅力的に感じます。

貴重品はこのバッグで管理しています。

 

カリマー Karrimor VT hip bag R レビュー!2wayショルダー&ヒップバッグ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『2wayショルダー&ヒップバッグであるカリマー VT hip bag R のレビュー』についての内容になります。 宿泊を伴う旅行のメインバッグも兼ねるカリマーリュックのイクリプス27の...

 

Peach機内持ち込み7.0Kg以内のパッキング

台湾旅行の場合では羽田空港からPeachを利用して台湾桃園国際空港に出発&帰国となります。この場合では全ての荷物を機内に持ち込んでいるため、合計重量はお土産も含めて7.0Kg以内となります。

台湾で買うお土産も含めて7.0Kg以内

いつも台湾旅行で購入しているのは愛飲ドリンクの1つでもある台湾の黒糖生姜(黒糖薑母茶)になります。

これさえ有れば他は何も要らないと思ってしまうぐらいに大好きなポカポカ飲料です。台湾には他にもパイナップルケーキの鳳梨酥という定番商品もありますけど、ネットでも注文できるので最近は購入していません。

台湾で買うお土産を除いて5.0Kg以内になるようにパッキングしています。これを実現するにはどうすれば良いのか?を考慮した結果、バッグパッカーが最適と判断しました。

スーツケースからバッグパックに変更するだけでも軽量化が実現できますし、歩く場所を選んで移動する手間も発生しないので丁度良いと思います。

 

基本的に着替え衣服は2泊3日分

台湾に限らず3泊以上の旅行の場合では基本的に2泊3日分の着替え衣服 及び 洗濯セットを持参しています。

旅先のホテルで洗濯を行えば、出発時に着て行く服装も含めると3泊4日分の着替え衣服になるため、1週間の旅行だったとしても十分にやりくりする事ができます。

宿泊日数に合わせて着替え衣服を持参するより、遥かに旅行の荷物を軽量化できるため、このスタイルが定着しています。

因みに2泊以内の旅行では素直に宿泊日数分の着替え衣服を持参しています。何故か?というと、旅行から帰宅した後の洗濯物の量を考慮すると、2泊3日分ぐらいが丁度良いのである。

 

台湾旅行の持ち物!洗濯セット持参で着替え衣服の軽量コンパクト化
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行で宿泊先のホテルで洗濯する場合に持参している洗濯セット』についての内容になります。 宿泊を伴う旅行の場合では宿泊先のホテル等で洗濯しているため、旅行では洗濯セットも必需品の1つ...