iPad Air Smart FolioとESR iPadケースの比較レビュー

スポンサーリンク
iPad Review

 

皆さん こんにちは!

Apple純正品のiPad Air 4のスマートカバーであるSmart Folioはマグネット吸着&オートスリープに対応していますが、この機能だけで言えば、他のメーカーも同様の製品があります。

しかも純正品よりも価格が安い(半分以下の価格)のが特徴の1つになります。それならば、どっちが良いのか?も気になります。

そこで総合的にどっちが良いのか?というテーマで比較を行ってみたいと思います。

今回の記事は、「iPad Air 4のスマートカバーであるSmart Folio と ESR iPad Air ケースの比較レビュー」についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air Smart Folio について

iPad Air のスマートカバーも兼iPadスタンドであるSmart Folio についての紹介になります。

iPad Air Smart Folioの特徴

① マグネット磁気吸着
はめ込み式ではなく、裏面をマグネットで磁気吸着して保護するカバーケースのため、手間なく簡単に装着する事が出来ます。

 

② iPadスタンドも兼ねる
iPad Air Smart FolioはiPadスタンドも兼ねるカバーケースになります。2種類の角度調整に対応しています。

 

③ ディスプレイ保護
ディスプレイ面も含めて内側には簡易なフリース素材のような感じになっているため、触り心地も気持ち良いです。

 

④ 軽量
iPad Air Smart Folioの重量は182gという軽さ。

 

Apple Pencilへの対応

残念ながら、Apple Pencilの収納には対応していません。外出時に持ち歩く場合では、iPad Air にマグネット吸着させて持参すると、バッグから取り出すと落ちている場合も多いです。

別途、スリーブケースやロジクールFolio Touchなどのキーボードケースを利用した方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

ESR iPad Air ケースについて

iPad Smart Folio と同様の機能を持つマグネット吸着&オートスリープに対応したESR iPad Air ケースについての紹介になります。

ESR iPad Air ケースの特徴

① 磁気吸着
ケースに、はめ込むタイプではなく、マグネットで磁気吸着するタイプになっているため、誰でも簡単に装着できるようになっています。

 

② オートスリープ対応
スマートカバーを開ければ電源ON、カバーを閉じれば電源OFFになるオートスリープ機能に対応しています。

 

③ 重量
重量はiPad Smart Folioよりも重たい253gとなります。実際に持った感触としてはそんなに重たいのかな?といった感じなので、あまり気になりません。

 

Apple Pencil 充電&収納に対応

iPad Air を外出先に持ち歩く場合ではApple Pencilも一緒に持ち歩く場合もあります。この場合ではiPad Air にマグネット装着して持ち歩くのがスマートです。

ESR iPad Air ケースにはApple Pencil用の専用フリップカバーが装備されているため、何かの拍子で当たって落下しない(外れない)ような設計になっています。

ペン先と後ろがちょこっと飛び出る程度の状態になるため、バッグの中にApple Pencilだけが落ちているといった事もありません。

 

スポンサーリンク

iPad Air Smart FolioとESR iPadケース比較レビュー

iPad Air 4に装着するスマートカバーケースの比較レビューになります。Smart Folio と ESR iPad Air ケースを筆者の視点で比較となります。

触り心地で比較

触り心地で判断する場合では、文句なしでESR iPad Airケースに軍配が上がります。

外側に関して言えば、滑り易いのがちょっと気になりますが、滑り易い方が汚れも付きにくいといった感じなので、汚れや指紋を気にしなくても良いの裏返しでもあります。

それに対してケース内側(ディスプレイ表面)は格の違いといった感じで、Smart Folioの触り心地が良いです。

 

汚れや指紋の付きにくさで比較

① ディスプレイ表面
内側になるディスプレイ表面を保護する部分についてはApple純正品のiPad Air Smart Folioの方が圧倒的に良いです。簡易なフリース素材といった感じで、よくホコリが取れているように感じます。

 

② 表側
外側部分に関して言えば、ESR iPad Air ケースに軍配が上がります。Smart Folioの場合は、指紋や汚れが付きやすいため、汚らしくなります。

特に白っぽい汚れが目立つブラックネイビーといったカラーの場合では、とても気になる感じなので外出先に一緒に持ち歩くのは躊躇する場合もあります。

 

Apple Pencil 収納で比較

Apple Pencilがスッポリ包み込むように収納できるESR iPad Airケースに軍配が上がります。これならばバッグの中に収納してもApple Pencilが落下する心配もありません。

外出先に持参する場合ではバッグの中に収納する事になるため、Smart Folioの場合では外れてしまう場合も多いのですが、その心配がないのが魅力的に感じます。

外出時でもApple Pencilを一体運用できるのはポイントが高いと思います。

 

ESR iPad Air 4ケースのレビュー!マグネット磁気吸着オートスリープ対応スタンド
皆さん こんにちは! iPad Air を購入する時に一緒に同時購入した iPad Smart Folioを使っているのにも関わらず、ESR iPad Air 4ケースを購入しました。 どうして買ったのか?と言うと、困っ...

 

総合的に判断すると、iPad Smart Folioが良い

確かに個別項目ではESR iPad Air ケースの方が評価が高いのですが、総合的な観点から考慮すると、Apple純正品の方が評価が高いです。その理由とは・・・

iPad Air Smart Folio の評価が高い理由

iPad Air を装着した場合では、ESR iPad Air ケースとも同じ感覚なので、この点について特に差は感じられません。

では、いったいどの部分に差が生じるのか?と言うと、装着した時に視線を USB Type-C端子に合わせると一目瞭然となります。

ESR iPad Air ケースの場合は、マグネット磁気吸着している底面は確かにピタッと吸着している状態なので何も問題ありませんが、ディスプレイ側には隙間が発生します。

この隙間は、Apple Pencilの収納も兼ねるフリップカバーで留めているため、フリップカバー側から力を加えると、三つ折りスタンドも兼ねるカバーが折れ曲がって余計に隙間が大きくなるのである。

それに対して、iPad Air Smart Folio にはフリップカバーがないため、そのような隙間は発生しません。

 

総合的な評価

皆さん、どのような基準で判断するのか?は個人差があるため、一概には何とも言えないと思います。

筆者の場合は、「隙間がどの程度あるのか?」や「ディスプレイ保護」をポイントにして判断しています。

そのため、この観点から考慮すると、iPad Air Smart Folioが最適という結果になります。他の基準で考慮すれば、純正品の半分以下で購入できるESR iPad Air ケースで何ら問題ないと思います。