iPad Bluetoothスピーカー SANAG X6S 使用レビュー

Gadget
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 を所持していますが、お気に入りの音楽等を聴く用途ではPCを利用しているのが実情になります。iPadではYoutubeにて動画を視聴する場合があるといった感じです。

PCではヘッドホンを利用して聴く場合が多いのですが、耳の健康の事を考慮すると、なるべく控えめにした方が良いのでは?という結論に到達した事もあり、とりあえずBluetoothスピーカーを買ってお試し中となります。

実際に使ってみると色々と合わない部分も多く、必ずしも最適な選択ではない事も判明して良い勉強になっています。そこで、どのガジェットと相性が良いのか?も気になった事もあり、iPadでも試してみる事にしました。

今回の記事は『iPad Bluetooth スピーカー SANAG X6S 使用レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadで利用しているBluetoothスピーカー

メインで利用しているWindowsノートPCとBluetooth連携しているワイヤレススピーカーは2種類あり、その内の1つをiPad Air でペアリング設定して使用となります。

Mini Wireless speaker

最初に購入したBluetoothスピーカーが、Mini Wireless speakerになります。

こちらのスピーカーは日本国内で購入したのにも関わらず、技適マークがない商品だったので、Bluetooth接続ではなく、USB変換3.5mm AUXケーブルにて接続して利用となります。

別途、USB変換ケーブルを購入する羽目になったので、或る意味、不完全燃焼になっている状態です。

不満に感じる部分は「技適マークがない」及び「起動時の大音量アナウンス」だけなので、その他はWindows PCとの使い勝手が良いです。

USB変換ケーブルが届くまでの期間は暫定的にBluetooth接続にて使っていた事もあり、使い勝手はUSB接続の場合と何ら変わりません。

 

SANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカー

2回目に購入したBluetoothスピーカーが、SANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーになります。

最初に購入したMini Wireless speakerがまさかの技適マークなしという展開で、技適マーク有りのBluetoothスピーカーの購入に迫られたのが購入理由となります。

何故か?と言うと、iPadChromebookでもBluetooth連携でYoutube動画視聴したいからです。そういう理由も関係してSANAG X6Sを購入となります。

因みに、Windows PCとBluetooth連携した場合では、最高に相性が悪かったです。ハッキリ言って使い物にならないぐらいの相性の悪さだったので、かなり不安に感じました。

でも、Chromebookとペアリングして使ったら相性が良かったので、もしかするとiPadでも便利に使えるのでは?と思ったのである。

 

スポンサーリンク

SANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーの紹介

ヘッドホンやイヤホンの利用を制限する目的で購入したSANAG X6S Bluetooth ポータブルスピーカーの紹介になります。MicroSDカードにも対応しています。

SANAG X6S スピーカーの仕様

サイズ : 89mm × 75mm × 75mm
重量等 : 285g

通信等 : Bluetooth 5.0
再生等 : 18時間連続再生

機能等 : AUX、MicroSDカード対応、高音質重低音、ハンズフリー

備考等 : 40mmの低音振動膜を搭載、技適マーク、カラーが豊富

付属品 : ストラップ、SIMピン、MicroUSBケーブル、AUXケーブル、説明書

 

SANAG X6S 付属品

このスピーカーには5つの付属品がありますが、その中でも理解に苦しむ付属品がSIMピンと専用ストラップになります。

どうしてこのように感じるのか?と言うと、スピーカー本体にはストラップホールが有るので普通であればこの穴にストラップの紐を通せば装着できます。

でも、このスピーカーは違うのである。ストラップの紐を入れたら最後、もう片側の穴から出て来ません。これはどうやってストラップを装着すれば良いのかな?となります。

そこで登場するのがSIMピン。これでやってね!という事なのかな?と勝手に解釈してアレコレやったのですがダメでしたね。もしかすると、大当たりを引いてしまったのかな?といった感じです。

 

SANAG X6S 特徴

① 技適マークあり
Mini Wireless speakerとは異なり、SANAG X6S ポータブルスピーカーには技適マークがあります。

 

② 触り心地が良い
ちょうど手のひらにスッポリ収まるサイズ感もバッチリなのですが、それ以上に実際に触った感じが最高に良いと感じます。柔らかみは無いんですけれども、そのような感じがするのである。

 

③ ヘッドホン感覚
実際にお気に入りのミュージックをSANAG X6S ポータブルスピーカーで聴いてみると、ヘッドホン感覚で聴こえて来るので2つ以上あればステレオ効果も期待できるのでは?と感じます。

 

SANAG X6S スピーカー iPad Air 使用レビュー

ここでは、iPad Air 4 と SANAG X6S ポータブルスピーカーをBluetooth接続でペアリング設定した上で、使用してみたレビューを紹介します。

iPad Bluetooth ペアリング設定 及び 起動

① ペアリング
設定 → Bluetooth → SANAG X6S 電源ON → ペアリング設定という流れになります。

 

② 起動
次に電源を切った状態から電源を入れた場合になりますが、大音量ではないですが高い音で鈍い感じの起動音が鳴ります。スピーカー本体の電源ONで、iPadのBluetooth設定では未接続状態から自動的に接続済みに変わります。

 

③ 音量調節
Bluetooth接続すると、スピーカーの音量調節はどこで行うのかな?と気になると思いますが、コントロールセンターにX6Sの音量調節に切り替わっています。

 

Bluetooth接続後は音量調整が必要

SANAG X6S スピーカーを起動して、iPad接続済みの状態になると、自動的に音量がMAX状態になるため、音量を自分にとって最適に感じる音量に調節する必要があります。

この事に気が付かないで、そのままiPadでYoutube動画視聴やミュージック再生を行ったりすると、超びっくりに感じるぐらいの大音量でかつ、近所迷惑になります。

そのため、スピーカー起動後は真っ先にコントロールセンターを開いて、SANAG X6S Bluetoothスピーカーの音量を調節しないといけません。

 

iPad Air 使用レビュー(サウンド)

実際にお気に入りのミュージックを聴いてみた場合の感想としては、とにかくサウンドは素晴らしいの一言に尽きます。ヘッドホンなんて不要に感じるぐらいにサウンドを楽しめるので満足できると感じます。

とはいえ、iPad Air もステレオスピーカーが搭載されているので、どっちが良いサウンドなのか?と言えば、賛否両論になるのでは?と思います。

その理由としては、感じ方というのは個人差があるため、一律的に同じではないからです。こればっかりは実際に聴いてみて判断するしかないのでは?というのが個人的な見解になります。

 

スポンサーリンク

iPad 使用 SANAG X6S スピーカーの補足事項

iPad Air とBluetooth連携で利用するSANAG X6S ポータブルスピーカーの補足事項を紹介します。Bluetoothが利用できるため、PCとも連携した場合はどうなのか?についての内容になります。

SANAG X6S Bluetooth スピーカーのレビュー!高音質重低音ポータブルスピーカー
皆さん こんにちは! 毎日の日常生活では、ヘッドホンでお気に入りのミュージックを聴いている場合が多いのですが、耳の健康を考慮すると、ヘッドホンやイヤホンの利用は好ましくないです。 ヘッドホン並のサウンドが実現できるBlu...

ファイルを1曲ずつ聴く場合

いつもWindows PCでは、ミュージックファイルを1曲ずつリピート再生して、聴いている曲が飽きたら、終了させて他の曲を聴くというパターンが非常に多いです。

これをSANAG X6S スピーカーで行うと問題が発生します。基本的に1曲ずつ聴いているため、他の曲を聴く場合は一度Windows Media Player を終了させる事になります。

そうすると終了した時点でBluetooth接続がプツン!と切断してしまうのである。他の曲を再生すると自動的にPCのスピーカーに切り替わっている状態。

再度、接続し直す事になりますが、接続しても簡単に切り替わらないのである。それならばどうやって接続し直すのか?と言うと、デバイス削除してペアリングをし直すパターン。

ペアリング設定があっという間に終わってしまうぐらい簡単だから何の問題もありませんが、ちょっと宜しくないと思います。

 

Windows PCと接続はやめた方が良い

筆者の場合は1曲ずつ再生・終了の繰り返しというパターンで聴いているので、Bluetooth接続の相性が良くないと感じるのかも知れません。たぶん推奨の使用方法ではないのだと思います。

自分では最適に感じていても推奨の方法ではないというパターンは日常生活では意外と多いと思うので、これは或る意味、仕方ないのでは?と考えます。

とはいえ、Windows Media Player を終了させるとBluetooth接続が切断するというのは、ちょっと使い勝手が悪いのでは?と感じるのは気のせいでしょうか?

そういう理由もあり、SANAG X6S ポータブルスピーカーはWindows PCでは利用していません。