黒糖生姜レビュー&飲みレポ!台湾で買う黒糖生姜湯(黒糖薑母茶)

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『台湾旅行に行った時に自分へのお土産として購入 及び ネット通販で購入している黒糖生姜湯(黒糖薑母茶)のレビュー&飲みレポ』についての内容になります。

台湾が好きという事もあり、台湾旅行した場合は必ずと言って良いほど購入しているのが黒糖生姜茶になります。旅行できない場合ではネット通販での購入となります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾の黒糖生姜(黒糖薑母茶)を愛飲

台湾旅行の自分へのお土産は全聯福利中心を利用しています。このお店に販売されている黒糖生姜茶(黒糖薑母茶、黒糖老薑茶)を購入しています。

黒糖生姜茶の購入は全聯福利中心

黒糖生姜茶の場合は別に全聯でなくても他のお店でも販売していますが、いつもこのお店で購入しています。

その理由の1つとして、行き慣れているお店なので、陳列されている場所が分かりやすいのが影響していると思います。

それに、自分へのお土産だからお土産専門店で購入しなくても良いのである。スーパーであれば、品揃えが豊富ですし、旅のおやつとして試食も兼ねて購入するのも容易なので丁度良いです。

 

黒糖生姜はネット通販でも購入

毎年のように台湾旅行していますが、それでも色々な事情で台湾に行けない場合も当然の事ながら実際にあります。

この場合では割高ですが、ネット通販で台湾の黒糖生姜茶である黒糖薑母茶や黒糖老薑茶を購入しています。

黒糖生姜は沖縄産もありますが、自分に適合しているのは台湾産なので好んで愛飲しています。とはいえ、たまに沖縄産の黒糖生姜も購入しています。

 

冬の免疫力アップがメインの目的

黒糖生姜を愛飲している理由は色々ありますけど、風邪咳(せき)の症状を回復させる 及び 免疫力アップを期待して愛飲しています。

これを飲んだからと言って、症状が回復するという訳ではないですが、風邪の症状に良いと言われている黒糖と生姜を飲んで、このシーズンを何とか乗り切りたい!というのがメインの目的になります。

冬の寒いシーズンに飲むと、飲み終わった後にポカポカ感を感じる事が出来るので、免疫力アップが期待できます。冬に限らず、免疫力が低下していると感じる場合は飲んでいます。

 

スポンサーリンク

台湾の全聯で買う2種類の黒糖生姜

台湾のチェーン店スーパーである全聯福利中心で購入している黒糖生姜は主に2種類あります。自分へのお土産なので1種類で良いのですが、味が異なるので2つ買っています。

全聯で買う黒糖薑母茶

いつも全聯で購入しているのは 110mm × 85mm × 80mm サイズの小さな箱が黒糖薑母茶になります。このサイズ感が絶妙に丁度良いです。

この小さな箱の中には10袋入っていて、内容量が200gとなります。帰りのパッキング時に気になる重量を計算するのに計算しやすいのである。

どんな感じの黒糖生姜なのか?と言うと、粉末タイプであり、生姜の辛さよりも黒糖の甘さの方が強いため、生姜が苦手な人でも飲みやすいと思います。

甘さが強い沖縄産の黒糖生姜とは全く異なる味わいです。

 

全聯で買う黒糖老薑茶

全聯で購入しているのは、黒糖薑母茶だけではなく、黒糖老薑茶も購入しています。どちらか?というと、コチラの方が自分にとって最適に感じる黒糖生姜になります。

内容量500gの缶入タイプです。これを2~3個購入しています。全聯で購入する粉末の黒糖薑母茶と比較すると、生姜の辛さの方が完全に勝っている黒糖生姜だと感じます。

どっちの味わいが自分にとって最適なのか?は実際に飲み比べてみないと分からないと思います。筆者の場合は黒糖老薑茶が最適だったという事になります。

 

黒糖生姜は固形タイプもある

全聯で購入している黒糖生姜は粉末タイプなのですが、固形タイプもあります。固形でもサイズがバラバラな物も有りますし、サイズが均等に揃っている商品もあるため、よくパッケージを見てから購入した方が良いです。

固形タイプは正直のところ、あまり購入した事がありません。余計に飲み過ぎてしまう感じがするからです。

 

台湾の全聯で買う黒糖薑母茶のレビュー

台湾旅行での自分へのお土産として購入している全聯で買う黒糖薑母茶のレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

1袋(20g)は多いと思う

110mm × 85mm × 80mm サイズの箱の中には10袋の黒糖生姜が入っていますが、1袋(20g)の内容量になります。

これをコーヒーカップに全部入れて熱湯を注いでしまうと、最高に美味しいと感じる事が出来る状態の黒糖生姜茶になります。

あえて、言えば、この状態で飲んでしまうと確実に糖分の摂り過ぎになってしまうのでは?と感じます。甘くなっているのは生姜の辛さを目立たないようにする目的で黒糖が含まれていると思います。

という事は、相当量の糖分が含まれている事になります。1袋を複数回に分けて飲んだ方が良いのではないか?というのが率直な感想になります。

 

1袋をそのまま飲むと絶品な味わい

1袋をコーヒーカップに全部入れて飲んだ事がありますが、こんなに美味しいのか!といった感じで病み付きになってしまうぐらいの絶品な味わいを感じました。

 

免疫力アップ効果への期待は軽微だと思う

冬の寒い季節に飲むと体がポカポカするので、風邪や咳(せき)対策としても期待できますが、とっても美味しくなっているバージョンなので、この用途には不向きなのでは?と思います。。

風邪や咳の症状への対策として期待できるのは生姜の辛さが強いタイプの黒糖生姜が良いのでは?と個人的に考えているため、黒糖の甘さが多い方はどうなんでしょう?といった感じがするのである。

そのため、お土産として購入する用途と自分への用途は区別して購入した方が良いと考えます。その結果、全聯で買う黒糖生姜は2種類(プレゼント用と自分用)で落ち着きました。

 

 

台湾の全聯で買う黒糖薑母茶の飲みレポ

黒糖薑母茶の飲みレポになります。実際に飲んでみて、気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

一口飲んだ場合の感想

口の中に入れた瞬間に甘さを感じる事が出来るのでとても美味しく飲める黒糖が入った生姜湯というのが率直な印象になります。

沖縄の黒糖生姜の場合では、生姜の辛さは一口飲んだ後に喉の奥からウワーっと後出しじゃんけんのようにやって来る感じになりますが、全聯の黒糖薑母茶の場合は甘いけれども生姜の辛さも一緒に合わさっているのである。

混ざりっけ無しの黒糖生姜といった感じがするので、台湾の黒糖生姜の方が生姜湯を飲んでいるという気分になると思います。

 

甘くて美味しいけど生姜の辛味も感じる

黒糖生姜の場合はどのタイプも基本的には甘くて美味しい生姜湯が多いです。黒糖薑母茶の場合も甘くて美味しいのですが、こちらのタイプは、小さな子供や生姜の辛味が苦手な人でも受け入れ易いのではないか?と感じます。

生姜の辛さも感じますけど、黒糖の甘さの方が勝っているため、強烈な辛さがなく、甘くてちょっと辛いといった感じの味わいになります。

台湾旅行のお土産として家族や友人等にプレゼントする場合では、黒糖の甘さが強い黒糖薑母茶を選んでおけば先ず間違いありません。

とはいえ、そもそもチェーン店スーパーで購入する商品よりもお土産専門店で買った方が見栄えや品質も良いのでは?と思います。

 

自分の飲み方で飲んでいる

筆者が購入しているのは1箱(10袋入り)のタイプなのですが、1袋をカップに全部入れてしまうと、とっても甘くて美味し過ぎる状態になります。

この味に慣れてしまうと、この味が当たり前になってしまうので、糖分の摂り過ぎにも気が付かないのではないか?と個人的に考えます。

そのため、筆者の場合は、1袋を3〜4回に分けて湯のみ茶碗で飲んでいます。

 

 

黒糖生姜は風邪や咳(せき)対策のポカポカ飲料!免疫力アップを期待して継続的に愛飲
皆さん こんにちは! 今回の記事は『黒糖生姜と言えば、冬の季節に飲む風邪や咳(せき)対策のポカポカ飲料になりますが、免疫力アップも期待できる美味しい飲み物』についての内容になります。 黒糖生姜を飲んだからといって、効果が...