Windows10 スタートメニューに表示するフォルダの設定方法!ダウンロードのフォルダも追加できる

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows PCを利用する場合では、インターネットでOfficeの雛形といったファイルをダウンロードする機会もありますが、この場合ではタスクバーにピン留めされているエクスプローラーをクリックして、PCのダウンロードをクリックして中身を表示する事になります。

実は、これ以外(エクスプローラー)の方法でもダウンロードのフォルダを表示する事ができるのはご存知でしょうか?

スタートメニューにダウンロードのフォルダを表示できるので、あまり使わないかも知れませんが、表示しておいても良いのでは?と思います。

今回の記事は『Windows10 スタートメニューに表示するフォルダの設定方法!ダウンロードのフォルダも追加できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーは便利に使える

Windows PCのタスクバーにはアイコンやショートカットをピン留めできるだけでなく、場所を移動したりできるため、便利に利用できます。

タスクバーは移動できる

Windows10のタスクバーはデフォルトでは画面の下側に配置されていますが、左・右上・下の4箇所に移動できます。

この場合では、タスクバーの「隠れているインジケーターを表示する」アイコンを右クリックすると「タスクバーを固定する」の表示を確認できます。

ここで、レ点が入っている場合では固定されているので移動できません。他の場所に移動する場合はレ点をクリックしてレ点を非表示にした上で、タスクバーをドラッグして右側に移動した上でドロップ操作をすると右側に配置できます。

 

タスクバーの通知領域のアイコンは選択できる

タスクバーには通知領域がありますが、ここに表示されている様々なアイコンは変更できます。デフォルトで表示されているのは、「Microsoft OneDrive」、「電源」、「ネットワーク」、「音量」の4つになります。

デフォルトの状態ではなく、これ以外に他のアイコンを表示したい場合は設定を変更する事で自分にとって最適に感じる通知領域にする事ができます。

この場合は、隠れているインジケーターを表示するアイコンを右クリックすると、「タスクバーの設定」が表示されるため、これをクリックします。

通知領域にある「タスクバーに表示されているアイコンを選択します」をクリックすると、設定を変更できるようになります。

 

スポンサーリンク

Windows10 スタートメニューも便利に使える

タスクバーは便利に利用できるのでデフォルトの状態ではなく、何かしらのカスタマイズを行っている場合も多いですが、それならばスタートメニューはどうなのでしょうか?

スタートメニューは便利に使っている?

Windowsロゴマークをクリックするとスタートメニューが表示されますが、このメニューは便利に使っているのかな?と感じます。

というのも、よく使うアプリはタスクバーピン留めしている場合が多いですから、ピン留めされていないアプリはあまり使わないのでは?と感じます。

確かにスタートメニューも利用するのですが、設定を開いたり、シャットダウンや再起動する場合にしか使わないといったパターンも多いのでは?と思います。

流石にこれではちょっと勿体ない使い方になっているのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

 

スタートメニューもカスタマイズできる

タスクバーがカスタマイズできるのですから、スタートメニューもカスタマイズできます。でも、その方法が分からない場合が多いため、実際にはタイルにアプリをピン留めする程度で済ませている場合が多いです。

これでも自分が便利に感じていれば何も問題ないですが、少しでも便利に使いたいと考えている場合では、やっぱり何かしらのカスタマイズを行った方が良いのでは?と思います。

パソコンは便利に使ってこそ、活用できるため、作業の効率化を考慮するのであれば、多少は面倒に感じるかも知れませんが、スタートメニューも自分好みに変更した方が良いです。

但し、タイルは非表示にできないため、この場合はアプリ一覧を非表示にするのも1つの方法になります。

 

Windows10 スタートメニューの表示は変更できる

Windowsロゴマークをクリックするとスタートメニューが表示されますが、この表示はデフォルトの状態でずっと利用している場合も多いと思います。

スタートメニュー

スタートメニューにはアプリの一覧 及び スタートのタイル表示 及び 電源や設定などの表示の3種類が表示されますが、これらの表示は変更できるようになっています。

流石に電源を非表示には出来ませんが、アプリ一覧を非表示にしたり、スタートのタイル表示を増やす事はできるため、必要に応じてカスタマイズが行えます。

たいていの場合では、何も設定を変更しないままの状態で継続的に利用している場合が多いですが、Windows10を活用するのであれば、自分仕様のスタートメニューにするのも1つの方法になります。

 

スタートメニューの表示は変更できる

スタートメニューをデフォルトの表示のままで使っている場合も多いですが、せっかくパソコンを買っても便利に使いこなしているとは言い難いです。

やっぱり、自分オリジナル仕様の使いやすいスタートメニューにした方が、作業の効率化にも繋がるのではないかな?と個人的に考えます。

でも、残念な事にその方法が分からないと、設定を変更できないため、結局はそのままの状態でも何も問題ない!といった感じで終わらせてしまう場合もあります。

スタートメニューの表示は設定で変更できるのでチャレンジしてみた方が良いです。

 

スタートメニューの表示を設定変更する方法

① Windowsロゴマーク
Windowsロゴマークのスタートボタンをクリックした上で設定を選択します。

 

② 個人用設定
設定のホーム画面が表示されますが、個人用設定をクリックします。

 

③ スタート
個人用設定が開いたら、左側のメニューにある「スタート」をクリックします。

 

④ 各種スイッチ
スタートの画面にはスタートメニューの表示を変更できる各種スイッチがあります。タイルを増やしたり、アプリの一覧を非表示にできるスイッチもあります。

 

⑤ オン・オフ
スイッチはオン・オフしかないので、オンにしたけど、やっぱりイマイチに感じるから元に戻すといった事も直ぐに行えるので便利に感じます。

 

スポンサーリンク

Windows10 スタートメニューにフォルダを表示できる

スタートメニューを表示した場合では、アプリの一覧や設定などが表示されていますが、ダウンロードのフォルダも追加できるようになっています。

Windows10 タスクバーを便利に使う活用方法!デスクトップ・ツールバーを追加
皆さん こんにちは! Windows PCを利用している場合では、タスクバーも便利に使っていると思いますが、具体的にどのように利用しているのでしょうか? ただ単にソフトを素早く起動する目的で使っている場合も多いのでは?と...

デフォルトの表示

Windows10のロゴマークをクリックして表示されるスタートメニューにはアプリの一覧が表示されますが、これ以外ににも「電源」、「設定」の他に「ドキュメント」、「ピクチャ」といったフォルダも表示されています。

ここで1つ疑問に思う事が有ると思います。それは、まだ上には何かを表示できるエリアが有るので、もしかすると、他にもまだ表示できるのではないかな?といった感じ。

でも、その設定はどこで変更すれば良いのか?分からない場合があります。スタートメニューに表示されているので、ここの設定を変更すれば、どうにかなるとは思うのですが、肝心要のその場所が見当たらなかったりします。

 

ダウンロードのフォルダも追加できる

インターネットでOfficeファイルのテンプレートをダウンロードする場合もありますが、この場合ではダウンロードのフォルダに格納されます。

タスクバーにピン留めされているエクスプローラーを開いても良いですが、ダウンロードのフォルダはスタートメニューにピン留めする事もできます。

どちら?が便利なのか?は別として、選択肢は多くしておいても良いのでは?と思います。

 

スタートメニューにフォルダを表示する方法

① Windowsロゴマーク
Windowsロゴマークのスタートボタンをクリックした上で設定を選択します。

 

② 個人用設定
設定のホーム画面が表示されますが、個人用設定をクリックします。

 

③ スタート
個人用設定が開いたら、左側のメニューにある「スタート」をクリックします。ここまでは同じです。

 

④ 一番下
スタートの一番下に「スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ」が表示されているので、これをクリックします。

 

⑤ フォルダーのスイッチ
スタートメニューに追加できるフォルダーのスイッチ一覧が表示されるので、自分にとって最適に感じるスイッチをオン・オフします。