Windows10 タスクバーを便利に使う活用方法!デスクトップ・ツールバーを追加

Windows
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Windows PCを利用している場合では、タスクバーも便利に使っていると思いますが、具体的にどのように利用しているのでしょうか?

ただ単にソフトを素早く起動する目的で使っている場合も多いのでは?と感じます。実際の話、タスクバーにアイコンがピン留めされていれば、ワンクリックでソフトを起動できるので便利です。

でも、これだけの用途で利用するのはちょっと勿体ないのでは?と思います。というのも、カスタマイズできるようになっているので、標準のままで利用するだけというのは、どうなんでしょう?と考えます。

やっぱりパソコンを使うのであれば便利に使ってこそ活用できるのでは?

今回の記事は『Windows10 タスクバーを便利に使う活用方法!デスクトップ・ツールバーを追加』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーは使いこなしている?

Windows10のタスクバーでは、ただ単にアプリのアイコンを配置して、素早く起動する用途でしか使っていない場合の方が多いのではないでしょうか?

タスクバーは移動できる

Windows10のタスクバーはデフォルトでは画面の下側に配置されていますが、左・右上・下の4箇所に移動できるのはご存知でしょうか?

仮に画面の右側にタスクバーを表示したい場合では、「隠れているインジケーターを表示する」アイコンを右クリックするとタスクバーを固定するが表示されています。

ここで、レ点が入っていれば固定されているので移動させる事が出来ませんが、レ点をクリックすると表示が消えるため、タスクバーをドラッグして右側に移動した上でドロップ操作をすると右側に配置できます。

尚、タスクバーの設定でもタスクバーの位置を設定できます。

 

タスクバーの通知領域に表示するアイコンは選択できる

タスクバーには通知領域がありますが、ここに表示されているアイコンは選択できます。デフォルトで表示されているのは、「Microsoft OneDrive」、「電源」、「ネットワーク」、「音量」の4つです。

もし、これ以外に他のアイコンを表示したいと考えている場合 又は Microsoft OneDrive は表示しなくて良いと思っている場合は設定を変更できます。

この場合は、隠れているインジケーターを表示するアイコンを右クリックすると、タスクバーの設定が表示されるため、これをクリックして通知領域にある「タスクバーに表示されているアイコンを選択します」をクリックすると、設定を変更できるようになります。

 

タスクバーは設定を変更できる

タスクバーは小さいアイコン表示に変更したり、自動的に隠したり、固定する事も可能です。タスクバーを固定する場合では、直ぐに行えますが、自動的に非表示する場合は「タスクバーの設定」を開く必要があります。

ここでは、スイッチ操作(オン・オフ)で簡単にタスクバーの設定を変更できます。

各種設定ボタンのスイッチをオンにしたは良いけど、やっぱり見た目が悪いから元に戻すといった場合にオン・オフが簡単に行えるので便利です。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーからタスクビューを活用

Windows10のタスクバーにアプリのアイコンを配置して使っていると思いますが、これで満足してしまっているのではないでしょうか? これではちょっと勿体ない使い方になっています。

Cortanaを利用する

タスクバーの検索ボックスの右隣にあるアイコンはCortana(音声アシスタント)になります。便利に感じるのか?どうか?は別として、クリックすると利用できるようになります。

因みに、Cortanaのアイコンをクリックしなくてもキーボードショートカットキーで呼び出す事もできます。この場合は「Windows ロゴマーク + C」を押します。

但し、最初に使う場合では、Cortanaにサインインする必要があります。

 

タスクビューを活用

タスクバーのCortanaの右隣にあるアイコンをクリックすると、タスクビューが表示されます。ブラウザやエクスプローラ、Officeファイルなどを開いている場合で素早く切り替える事ができるようになります。

1つずつタスクバーのアイコンをクリックして確認しても良いのですが、これではどの画面が開いているのか?分からないため、出たとこ勝負になってしまいます。

でも、タスクビューを表示することで、何を開いている状態なのか?を確認できるため、ウィンドウを切り替える場合では直ぐに作業に戻ることができます。

 

タスクバーにピン留め

タスクバーにアプリのアイコンやショートカットをピン留めして配置できます。これはよくやっていると思うので、あえて説明はしませんが、配置する場合はドラッグ&ドロップ操作で行います。

 

Windows10 タスクバーを便利に活用する方法(ツールバーを表示)

ここでは、Windows10のタスクバーを便利に活用する方法についての紹介になります。ツールバーを表示すると便利に活用できるようになります。

タスクバーにデスクトップ・ツールバーを表示すると便利

Windows PCで色々なウィンドウを表示している場合では、デスクトップ画面にあるファイルを開きたい場合もあります。この場合ではどのように行っていますか?

デスクトップ画面を表示してから目的のファイルを探してクリック起動する場合だと、1~2テンポの手間が発生します。

でも、タスクバーにデスクトップを表示できるツールバーを表示する事で簡単にショートカットだけでなく、テキストファイルやOfficeファイルにもアクセスできるようになります。

 

タスクバーにデスクトップ・ツールバーを表示する操作方法

① タスクバー
隠れているインジケーターを表示しますのアイコンを右クリックします。

 

② ツールバー
ツールバーにカーソルを合わせると、デスクトップが表示されるのでクリックします。

 

③ タスクバーに表示
デスクトップがタスクバーに表示されます。

 

④ 使用方法
タスクバーに表示されているデスクトップの右横に「>>」が表示されるので、これをクリックするとデスクトップ画面にあるフォルダやファイル、アイコンが全て表示されます。

 

スポンサーリンク

Windows10 タスクバーからデスクトップのファイルにアクセス

タスクバーにデスクトップ画面に置いてあるOfficeファイルなどに素早くアクセスできるようになるのはメリットに感じますが、デメリットあるので、その紹介になります。

Windows10 ダークモード・ライトモードに設定する方法!カスタムで2つのモードに対応
皆さん こんにちは! iPadではコントロールセンターから簡単にダークモードとライトモードに切り替える事ができるので簡単ですが、Chromebookの場合はChrome拡張機能で対応可能です。 それならば、Windows...

他のアドレス、リンクは?

タスクバーにはデスクトップだけでなく、アドレスリンクも追加できるのですが、正直のところ、何だこりゃ?と思ってしまいます。

追加してもアドレス登録していない場合では何の役にも立ちません。リンクは何のリンクかな?といった感じでよく分からないので、この2つは全く利用していません。

興味のある方は自分で調べて頂けると幸いです。

 

タスクバーにデスクトップを表示するデメリット

タスクバーにデスクトップ画面に配置されている全てのファイルに簡単アクセスできるようになるのはとても便利に感じますが、同時にデメリットもあります。

それはタスクバーにデスクトップを表示してしまうと、ソフトのアイコンが一度に表示される数が少なくなってしまうので、切り替える時に若干の手間が生じる事に尽きます。

あまり不快に感じる場合は、表示させない方が良いと感じます。又は、ピン留めしているアプリのアイコンを減らすのも1つの方法になります。

いずれにしても、一長一短があるので、好みも分かれるのではないでしょうか?自分にとって最適に感じる方法で使うのが良いです。