Mini Wireless speaker レビュー!Bluetooth スマートスピーカー

Gadget
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

毎日の日常生活では、ヘッドホンでお気に入りのミュージックを聴いている場合が多いのですが、耳の健康を考慮すると、ヘッドホンやイヤホンの利用は好ましくないのが実情になります。

そこで、ヘッドホン並のサウンドが実現できるBluetooth接続のワイヤレススピーカーに興味があり、お試しでどんな感じなのか?聴いてみることにしました。

こればっかりは実際に購入してみないと何とも言えないですから、ハズレても良いという覚悟で実際に購入しています。

今回の記事は『Mini Wireless speaker レビュー!Bluetooth スマートスピーカー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Mini Wireless speaker スマートスピーカー

iPadやWindowsノートPCとBluetooth接続する目的で購入したUSB充電式のMini Wireless speaker(スマートスピーカー)の紹介になります。

Mini Wireless speaker 仕様

サイズ : 80mm × 80mm × 45mm
重量等 : 200g

待受等 : 1度の充電で連続30時間バッテリーが持つ

通信等 : Bluetooth 5.0
端子等 : MicroSDカード、MicroUSB、
備考等 : USB変換3.5mm AUXケーブルにて有線接続、ノイズリダクション機能

 

Mini Wireless speaker 特徴

手のひらサイズにスッポリ収まってしまうので持ちやすいですし、見た目も合金なので高級感があるのが特徴の1つになります。

普段イヤホン接続している場合で、イヤホンでは満足感が得られない場合に、このスピーカーを利用するとプラスαの満足感が得られる場合があります。

というのも、重低音が澄んでいるように聴こえるのでイヤホンをしない方が楽しめるといった感じ。さらにワイヤレスなので、どこでも持ち歩けますし、何かと邪魔に感じるケーブル類を利用しなくて済むのが良い部分になります。

 

Mini Wireless speaker 便利な機能

① MicroSDカード
32GBまでのMicroSDカードを利用する事ができます。

 

② USB変換AUXケーブル
別売のUSB変換3.5mm AUXケーブルを所持している場合に限りますが、有線接続にてワイヤレススピーカーを利用する事ができます。

 

③ モード切り替え
モードスイッチが搭載されており、ボタン操作で色々な機能を切り替える事ができますが、製品説明書が英文なので、理解できる人じゃないと上手く活用できないのでは?と感じます。

 

④ 音量ボタン&プレイボタン
増減の音量ボタン 及び Playボタンが搭載されています。

 

スポンサーリンク

Mini Wireless speaker メリット&デメリット

ここでは、Mini Wireless speaker(スマートスピーカー)の一長一短に感じる事を紹介する内容になります。

スマートスピーカーのデメリット

① 技適マークなし
電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼り付けされていない無線機器のため、日本国内で使用する場合は、電波法違反になる恐れがあります。

 

② 日本語説明書なし
日本語説明書が付属していないので、モード切り替えする方法が良く分からないのが実情になります。色々な魅力に感じる機能が搭載されていても、実際にはPCに接続するスピーカーの用途での利用となるのが残念に感じます。

特にハンズフリーやFMラジオといった機能も搭載しているのに、この機能を利用したくても利用できないもどかしさ等。

 

③ 電源ON時
電源ONのスイッチを入れた途端にもの凄い大音量のアナウンスが英語でおしゃべりします。早朝などの静かな時間帯に電源ONするのは良くないです。

 

USB変換3.5mm AUXケーブルで有線接続できる

そもそも技適マークがない時点で、メリットはないです。あえて言えば、USB変換3.5mm AUXケーブル接続に対応しているため、有線接続にて利用できる部分ぐらいだと思います。

USB変換3.5mm AUXケーブルが付属されていればメリットに感じますけど、残念ながら別売になっているので、むしろデメリットに感じます。

とはいえ、有線接続しても性能的には大差ないため、モード設定を攻略できれば便利に活用できる可能性が高いです。

 

Mini Wireless speaker レビュー

ここでは、Bluetooth接続に対応している Mini Wireless speaker(スマートスピーカー)についての購入レビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

購入する場合の注意事項

よく商品ページを見なかったのが全ての敗因になりますが、この商品は技適マークがないため、日本国内で無線機器を使用する場合は法令違反になる可能性が高いです。

自ら法令違反する訳にもいかないので、USB変換3.5mm AUXケーブルを別途購入して、有線接続にて活用となります。

Bluetoothスピーカーを購入する際は、技適マークの有無を確認した上で購入を心掛けでください。

 

USB変換3.5mm AUXケーブルが必要

購入してからこの商品には技適マークがない事実に気がついた事もあり、慌てて、USB変換3.5mm AUXケーブルを買い求めています。

技適マークがないが故に必然的に有線接続にて対応するしか方法がないため、Android スマホ や iPadで利用するのを諦めて、PC専用のスピーカーとして活用する選択に切り替えています。

 

Bluetooth接続(ペアリング設定)レビュー

USB変換3.5mm AUXケーブルが届くまでの期間は、Bluetooth接続にて、スピーカーを使用しています。WindowsノートPCとのペアリング設定は至って超簡単です。

設定のデバイスを開いて、「Bluetoothまたはその他のデバイスを追加する」をクリックしてBluetoothを選択すると、デバイスを追加するモードに切り替わります。

この状態で、Mini Wireless speakerの電源をONにすると、BT SPEAKERが表示されるのでクリックすれば接続できます。

 

スポンサーリンク

Mini Wireless speaker 使用レビュー

ここでは、技適マークがないUSB充電に対応している Mini Wireless speaker(スマートスピーカー)をどのように活用しているのか?を紹介するレビューとなります。

USB接続(USB変換 3.5mm AUXケーブル)で利用

本当であればBluetooth接続にて、Mini Wireless speakerを利用したいのですが、うっかり確認ミスにて技適マークがない商品を購入してしまったが故に、この選択は諦めて有線接続にて活用する選択となります。

とはいえ、有線接続するには、USB変換3.5mm AUXケーブルが必要になるため、このケーブルを購入して商品が届くまでの期間は暫定的にBluetooth接続にて使っています。

このケーブルが届いてからはWindowsノートPCと有線接続にてミュージックを聴いています。でも、そんなに良いという感じではないです。曲の初めのは音飛びしますからね~。

PCからの使い勝手はバッチリなので、とりあえずOKかな?って感じ。

 

複数デバイスとのペアリング設定

Chromebookとの接続は基本的にBluetoothにてペアリング設定する事ができますが、ここで1つ注意事項があります。WindowsノートPCとの接続している状態でのペアリングはできませんでした。

同時に複数のデバイスでペアリング設定には対応していないみたいです。

 

電源ON時の音量

① Windows
Windowsとペアリング設定して電源ONにした場合では必ず音量がMAX状態になります。しかも毎回のように必ず音量がMAXになります。Windowsとは相性が悪いのかな?といった感じです。

 

② Chromebook
Chromebookとペアリング設定して電源ONにした場合では、音量がMAXにはならず、システムメニューで音量調整した状態の設定で利用できます。Chromebookとの相性は抜群といった感じです。