ロジクールFolio Touchトラックパッド・キーボードケースのレビュー(iPad Air 4)

iPad アクセサリ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad Air 4 の ロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースのレビュー』についての内容になります。

iPad Air 4 で入力作業を行う場合に必要になるのがキーボードになりますが、Apple純正のMagic Keyboard や Smart Keyboard Folio は買わないで、ロジクール Folio Touchを購入となります。

購入してどうだったのか?についての紹介になります。参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 と同時購入したアクセサリー

USB Type-Cを搭載した iPad Air 4(Wi-Fi)及び 関連アクセサリーも一緒に同時購入したので、その紹介となります。

iPad Air 4 256GB Wi-Fi 仕様

サイズ : 247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重量  : 458g
容量  : 256GB

チップ : A14 Bionicチップ
画面等 : 10.9インチ Liquid Retinaディスプレイ

端子等 : USB Type-C、Smart Connector

その他 : ステレオスピーカー、12MP広角カメラ
同梱物 : USB Type-C充電ケーブル(1m)、20W USB-C電源アダプタ

 

iPad Smart Folio

iPad Air を持ち運ぶ用途に使う目的で購入となります。でも、実際には一緒に同時購入したロジクール Folio Touch キーボードケースの方がよく使っているのが実情になります。

通勤で持ち歩く用途に持参する程度の使い方になるので、ちょっと勿体ない買物だったかも知れません。

 

Apple Pencil 第2世代

ロジクール Crayon for iPad を所有しているので、Apple Pencil を購入しなくても良かったのですが、充電方法 及び 持ち運びがスマートに出来る事が魅力的に感じまして第2世代のApple Pencil を購入となります。

 

ロジクール Folio Touch キーボードケース

Apple純正のMagic Keybord 及び Smart Keybord を買わないで、 ロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースを購入となります。

どうして買わなかったのか?というと、トラックパッド付キーボードのMagic Keyboardは確かに魅力的に感じましたが、Folio Touch よりも重たいのである。

それならば、Folio Touch で良いかな?と思いました。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 購入レビュー

USB Type-Cを搭載した iPad Air 4(Wi-Fi)256GB の購入レビューになります。気になった事や感じた事になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad Air 4 全般

① ディスプレイ
ディスプレイのベゼル幅は決して狭いとは感じません。むしろ、太いよね?と感じるのは気のせいでしょうか?

 

② 256GB
64GBでは足らないと思うので256GBを購入しましたが、こんなに使わないよね?という微妙さを感じます。ノートPCでさえ100GBも使わないのに・・・

使い方や個人差によっても変わって来るため、購入する際は大いに悩める部分かも知れません。

 

③ Wi-Fiモデル
仕事で必要になったので、iPad Air 4を購入したのですが、買ったのはWi-Fiモデルになります。仕事活用であれば、セルラーモデルの方が良いのでは?と考えると思います。

でも、実際の使用環境を考慮すると、Wi-Fiが利用できる環境で使うパターンが圧倒的に多いので迷わずWi-Fiモデルを選択になります。

 

iPad Air 4「USB Type-C」

iPad Air 4 にはUSB Type-Cが搭載されているのですが、PCで使用しているUSB Type-Cハブを利用できます。

ワイヤレスWi-FiマウスだったとしてもUSB Type-Cハブにレシーバーを接続すると、iPad で使えるのである。

マウスの使い勝手は悪いので使っていませんが、USB Type-C端子は利便性が高いです。

 

iPad Air 4「Smart Connector」

Smart Connector を利用しているのは、Logicool Folio Touch トラックパッド・キーボードケースだけなので、どう評価すれば良いのか?何とも言えません。

でも、電源供給 及び ペアリング無しでキーボードを利用できるのは便利なので、助かっていると思います。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad Air 4 & iPad Smart Folio レビュー』についての内容になります。 iPad mini 好んで仕事でも使っていましたが、画面サイズが小さいという事...

 

ロジクール Folio Touch キーボードケースのレビュー

iPad Air 4 に対応するロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースの購入レビューになります。気になった事や感じた事になるため、参考になるのか?分かりません。

Folio Touch ノートPCのように使える

Logicool Folio Touch トラックパッド・キーボードケースに iPad Air を装着すると、ノートPCのような感じで利用する事が出来ます。

トラックパッドも搭載しているのでマウス不要で使えるのが魅力的に感じます。

 

Folio Touch 軽量ではない(重たく感じる)

Logicool Folio Touch はノートPCスタイルで利用できるのがメリットになりますが、トラックパッド・キーボードケースの重量は639gあります。

iPad Air 4 Wi-Fiモデルの本体重量が458gであるため、合計で1097gになります。決して軽量なノートPCという訳ではないのである。

ディスプレイにガラスフィルムを貼ってしまうと、1100gを超えてしまうので、11インチのノートPCと考えると、重たい部類に入ると思います。

 

Folio Touch 一長一短な部分

Logicool Folio Touch のメリットはトラックパッドを搭載している事と、Surfaceのような利用方法が行える事に尽きます。

入力作業を行わない時はキーボードが有ると邪魔に感じるため、折り畳めるようになっているのですが、そんなに便利かな?と微妙に感じます。

というのも、折り畳んでスタンドスタイルにすると、キーボードは底部分になるため、キーボードが汚れてしまうと思います。

 

Folio Touch 使い勝手

使い勝手に関して言えば、Folio Touch をiPad Air に装着すればノートPCのような利用方法を実現できるため、使い勝手が良くなります。

でも、あくまでも自宅で作業を行う場合に限るのではないか?と思います。ガラスフィルムを装着しない状態で、iPad Air 4 + Folio Touch の合計重量が 1097g というのは、とても持ち運びしたくないと感じます。

 

 

Logicool Folio Touch キーボードケースの角度調整

Folio Touch トラックパッド・キーボードケースには角度調整できるスタンドも搭載していますが、この使い勝手も気になると思います。

Folio Touch 角度調整の使い勝手

角度調整に関して言えば、申し分ないぐらいに幅の広い角度調整が行えますが、一番広くした場合(寝かせた場合)では、ビョンビョンといった感じで飛び跳ねるような感じになります。

この状態でApple Pencil や ロジクールCrayon foy iPad を使う場合は沈み込みが有る事を考慮して使った方が良いです。

尚、キーボード入力する場合は角度的に一番見やすい感じです。でも、その分、デスクの占有スペースが大きくなってしまうため、一長一短があります。

結局のところ、Surface スタイルで利用するのが最適なのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

角度調整のイマイチに感じる部分

Folio Touch の角度調整でイマイチに感じるのは、デスクの奥行が狭い場合での使い方がイマイチに感じます。

というのも、スタンドがしっかり固定できないので、ある程度、スタンドを開く事が出来るぐらいの空間を確保する必要があるからです。

デスクの奥行が狭ければ狭いほど、ディスプレイが安定しないため、最低でも30cm程度のサイズが欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ロジクール Folio Touch 活用レビュー

iPad Air 4 に対応するロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースをどのように使っているのか?の活用レビューになります。気になった事や感じた事になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad オフィスソフト

iPad シリーズでオフィスソフトを利用する場合では、Apple純正のアプリを利用する 又は office for ipad をインストールする事になります。

でも、筆者の場合はいずれの選択も行っていません。Collabora Office というアプリを利用しています。使い勝手は良くないのでオススメできないと思います。

 

ブログ用途では使っていない

まるでノートPCのように使えるロジクール Folio Touch トラックパッド・キーボードケースを利用したとしても、ブログ用途に最適とは言い難いです。

ノートPCの方が圧倒的に便利に感じるため、この用途には今のところ、使いません。後で使えるのか?試してみますけど、優先度は低いと思います。

 

基本的には仕事活用

使い勝手の悪いCollabora Officeを利用している時点で、仕事に活用できるのか?と思うかも知れませんが、使い込んでみてから判断すれば良いのである。

使って見ないと何とも言えない部分も有りますから、限界に感じるまでは、とりあえず頑張ってみるといった使い方になります。

ちょっとしたアイデアや改善等を書き留める用途で使っているメモアプリは、Google Keepです。Folio Touch が活用できるので丁度良いですが、仕事ではFolio Touchを持参しいていません。

iClever IC-BK08 折りたたみタッチパッド・キーボードを持参しています。

 

 

ロジクールFolio Touch 気の利いた装備(追記)

Folio Touch Keyboard Case with Trackpad for iPad Air 4には気の利いた装備があります。それはApple Pencilを収納できるフリップカバーになります。

Apple Pencil(第2世代)の収納

ロジクールFolio Touchには Apple Pencilを収納できるフリップカバーが装備されています。Apple Pencilを利用しない場合では収納しておく事が出来るのである。

マグネット吸着させておくと充電モードになってしまうため、必ずしも最適とは言い難いですが、バックルに収納してしまえば問題ありません。

しかも邪魔にならないようにフリップカバーを裏側にマグネット吸着できるようになっています。

 

Apple Pencilを収納しない場合でも便利

基本的にはApple Pencilを収納できるようになっているため、収納した方が良いのですが、購入しなかった場合や忘れてしまった場合も便利に使えます。

フリップカバーの場合では、そのままにしておくとディスプレイ側に垂れて来る場合がありますが、背面にマグネット吸着させておく事が出来ます。

以外とこれも便利に感じます。

 

ロジクールFolio TouchとUSB Type-Cハブ

iPad Air にはUSB Type-C端子が搭載されているため、USB Type-Cハブを接続することで、ワイヤレスWi-Fiマウスも利用できるようになります。

ロジクールFolio TouchとUSB Type-Cハブの連携

iPad Air 本体に限って言えば、直挿タイプのUSB Type-Cハブ(ドッキングステーション)を接続すれば何でもござれ!といった感じで周辺機器との連携が容易に行えるようになります。

ですが、ロジクールFolio Touchを装着した場合では、直挿タイプのUSB Type-Cハブが利用できないため、一長一短を感じます。

 

USB Type-Cハブを利用する場合

ロジクールFolio Touchに装着した状態でUSB Type-Cハブを使いたい場合は、直挿タイプではないUSB Type-Cハブが必要になります。

さらに追加で補足を付け加えると、ケーブルの長さ(Type-C端子)が140mm未満の場合は、Surfaceスタイルでタイピングする時にスタンドの角度によってはUSBハブがぶら下がるような感じになります。

ハッキリ言って、スマートではないため、自宅でUSBハブを利用するのが最適だと思います。