ロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー

iPad アクセサリ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad mini 5 と一緒に利用しているロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー 及び 充電&実際の活用レビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ロジクール デジタルペンシル Crayon

iPad mini 5 で使っているロジクールのデジタルペンシルであるCrayon(クレヨン)for iPad についての紹介になります。一番よく使っている周辺機器になります。

 

 

Logicool Crayon 商品詳細

サイズ : 163mm × 15mm
充電端子: Lightning 端子
カラー : オレンジ

 

Logicool Crayon 充電方法

Crayon に充電する場合は、iPad を購入した場合に付属されている Lightning 充電ケーブルを使います。

Apple Pencil の場合は iPad に差し込んで充電しますが、ロジクール Crayon の場合は Lightning 充電ケーブルを利用して充電する事が出来ます。

この部分に関して言えば、優れています。

 

ペアリング不要で使える

Apple Pencil の場合は iPad とのペアリングが必要でしたが、ロジクールCrayon の場合はペアリング不要で利用する事が出来ます。

充電して電源ONにするだけで利用できる手軽さが魅力の1つです。

但し、初めて使う場合は何も反応しない!という展開に陥ってしまう場合があるので注意も必要になります。

 

スポンサーリンク

ロジクール Crayon を初めて使う場合

ロジクール Crayon を購入して初めて iPad で利用する場合は電源ONにしても何も反応しない!どうして何だろう?と感じてしまう事があります。

 

iPad と同時購入の場合

iPad と Crayon を同時に購入した場合では、ペアリング不要で利用できるからと言って、そのままCrayonの電源をONにしても利用できません。

どうして使えないんだろう?といったまさかの展開に陥ってしまう場合が多いのではないでしょうか?

筆者の場合はアクセシビリティのタッチ操作の設定をアレコレ弄っていたら、いつの間にか使えるようになっていたという感じになります。

 

Apple Pencil を利用していた場合

ロジクールのデジタルペンシルであるクレヨンを初めて利用する場合は注意が必要になります。特にApple Pencil を利用している場合では先にペアリングを解除しないと利用できません。

この事に気がつかないと、ちょっと悩んでしまう事になります。

 

ロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー

ロジクールのデジタルペンシルである Crayon fpr iPad の商品レビューになります。あくまでも気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

Logicool Crayon 使い勝手

① 持ちやすい形状
ロジクールのCrayon の場合は平べったい形状になっているため、非常に持ちやすい形状です。それでいて胴体はアルミ素材なのでひんやり感があります。

特に蒸し暑い夏場で利用する場合に最適な感じです。

 

② 充電する場合
Crayon を充電する場合ではペン先とは反対側にあるキャップを開いた上で、Lightning 充電ケーブルを差し込んで充電する事になりますが、Lightning 充電端子のキャップがCrayon本体と一体型になっているため、失くしてしまう心配がありません。

 

電源ONなのか?よく分からない

Crayonを使っていて良く分からないのが電源ONなのか?OFFなのか?よく分からない事です。どういう事なのか?というと、確かに電源ONにした場合では黄緑色のLEDが点灯するのですが、ちょっと時間が経過すると、いつの間にか消えているのである。

だからiPad mini の画面をタッチしてみて使えたら電源ONで、使えなかったらOFFなんだな!といった感じで使っています。

 

イマイチに感じる部分

基本的には特に不満はないのですが、唯一、うーんと思ってしまうのが、Apple Pencil 対応のキーボードケースで利用できないのがイマイチになります。

Apple Pencil 対応のカバーケースを購入したのですが、見事に失敗したのである。たぶん使えるだろう?と思ってしまったのが敗因になります。

筆者が購入したタイプのカバーケースにはApple Pencil 対応と記載がありましたが、ロジクールのCrayon 対応との記載はありませんでした。

このようなケースを購入する場合は、よく確認した上で購入するのが最適になります。

 

ロジクール クレヨン Crayon for iPad の充電レビュー

ロジクール Crayon を実際に使ってみて色々と分かった事があります。特に充電する時が一番びっくりしたのですが、もう流石に慣れたので、いつもの日常といった感じになります。

 

ロジクール Crayon for iPad の充電は要注意

何が新発見なのか?と言うと、充電しながら使う事が出来ません。流石に超痛いデメリットになります。これさえ無ければ申し分ないのですが、これは仕様なので仕方ないと筆者の場合は諦めました。

でも、筆者の場合は出張にも持ち歩く事が多いので、もう1本、ロジクールCrayon を購入してあるので充電している時は予備の方を使うといった感じでローテーション利用しているので、このデメリットは克服している状態になります。

そのお陰もあり、特にデメリットに感じていないというのが実情になります。まだ流石に落下して壊れてしまうという展開にもなっていないですし、何処かに置き忘れてしまうという事もないため、取り扱いには十分に注意しています。

 

ロジクール Crayon は2本あると便利

これは実際に2本購入して使っているから言える事になりますが、充電方法の事を考慮すると、使いたい時にバッテリー切れで使えないという状態では何のためのデジタルペンシルなのか?という事になってしまいます。

充電しながら利用する事が出来れば一番良いのですが、それが出来ないというまさかの展開なので、これを考慮すると、ロジクール Crayon for iPad を2本購入して運用した方が何かと便利だと感じます。

とはいえ、同じ物を2本買うのか?という話にもなってしまうため、それならば確実にバッテリー切れにならないように、上手く充電のタイミングを見計らって運用するのが賢明の選択になります。

 

ロジクール クレヨン Crayon for iPad 活用レビュー

ロジクール Crayon for iPad はどのような用途で利用しているのか?についての活用レビューになります。参考になるのか?分かりませんが紹介したいと思います。

 

 

ジグソーパズルで使用

日常生活ではちょっとした合間の時間が意外とあります。ほんの10〜15分程度といった時間の場合は何をやるにも中途半端な感があるため、このような時間は、iPad でジグソーパズルを楽しんでいる場合が多いです。

だいたい10分程度で完成できるパズルを選んでいるのですが、指先でやるよりもCrayonを利用した方がスムーズです。

 

出張の用途

iPad mini 5 は出張に持参する用途で購入したので、基本的に出張の用途にも持参しています。どのように使っているのか?と言うと、手書きメモを取りたい場合に最適です。特にシステム手帳(スケジュール管理)の用途で使う事が多いです。

でも、Smart Keybord case を装着している場合では、一体運用が出来ないため、必ずしも便利に使えるという訳ではありません。

そのため、最近ではNIDOO のiPad mini スリーブケースに Smart Cover を装着したまま iPad mini 5 と ロジクール Crayon を収納して持ち運ぶようにしています。

NIDOO のスリーブケースの場合はフロント側にもファスナーポケットを装備しており、Crayon を斜めにすれば収納できるのです。別に斜めに収納しなくてもiPad mini 5 と一緒にメインルームに入れた方が何かと便利です。

とても便利に感じるスリーブケースになるため、いつでも何処でも持ち歩いている感じになります。

 

旅行の用途

筆者の場合は国内旅行(鉄道の旅)では iPad mini 5 を持参しています。海外旅行では持参していません。

海外旅行に持参しない理由としては、少しでも持参の荷物は軽量が良いという考え方になります。必要に感じていてもスマホと同じ用途で利用できるタブレット端末はスマホと用途が被ってしまうので別に持って行かなくても良いかな?といった感じになります。

 

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPad mini ...