Officeソフト買う?無料のLibreOfficeも魅力的(リブレオフィス)

LibreOffice

 

皆さん こんにちは!

新しいPCを購入する時に悩むのがOfficeソフト。Officeがプリインストールされていれば問題ないけど、インストールされていない場合も有ります。

だからといって、Officeが無いと学習や仕事の用途でも困る展開になりやすいため、これが無いと困る必需品に該当するソフトウェアになります。

そんな必需品でもあるOfficeソフトはMicroSoft Officeシリーズになりますが、購入すると高いのでお財布に優しいとは言えないのが実情だと思います。

それでいて使いこなせるとも限らないので購入するのは一長一短。そこで検討して欲しいのが無料で利用できるOffice互換のLibreOffice になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

PCを購入する場合はOfficeソフトも必要

人によっても個人差があるため、一概には何とも言えませんが、1人1台はPCを購入するのでは?と思います。この場合に考慮しないといけないのがOfficeソフトになります。

1台目PCはOfficeが必要

あくまでも個人的な見解になりますが、1台目PCに限って言えば、MicroSoft Officeをインストールしておいた方が無難だと思います。

初めてPCを購入するのであれば、生活必需品でもあるOfficeソフトも購入しておいた方が賢明の選択です。

とはいえ、価格も高いですし、購入したからといって、全ての機能を満足するまで使いこなせるとは限らないため、価格が高いOfficeソフトは必要なのかな?と思います。

使いこなせる自信が無いのであればOffice互換ソフトでも良さそうに感じます。

 

2台目PCはOffice互換でも問題ない

1台目のPCであれば、迷う事無くMicroSoft Officeは是非ともプリインストール 又は 同時購入しておいた方が良いです。

でも、サブの用途で利用するPCの場合ではOffice互換ソフトでも十分に問題ないと思います。何故か?と言うと、メインで使わないので利用頻度が少ないからです。

利用頻度が少ないのに高価なOfficeソフトを購入するのはお金が勿体ないです。

 

スポンサーリンク

Officeソフトはドレを選んだ方が良いのか?

Officeソフトは生活やビジネスの用途には必需品に該当するソフトウェアになるため、新しいPC購入時に一緒に買う必要がありますが、価格が高いのでお財布との相談になる場合が多いです。

MicroSoft Officeシリーズ

定番中の定番が MicroSoft Office になります。これさえインストールしておけば先ず間違いなしと言えるソフトなので新しいPCを購入する場合は是非とも一緒に購入しておきたいと思います。

でも、PCと同時に購入するにはちょっと価格が高いので、PC購入費用が高くなってしまうのが悩みのタネになる場合が多いです。

でも、純正Officeなので仕方のないところでもあります。

 

安価ならWPS Officeも魅力的

MicroSoft Officeシリーズに比べて格安で購入できる使い勝手の良いOfficeアプリと言えば、キングソフトの WPS Office が魅力的に感じます。

使い勝手が良好でかつ、MicroSoft Officeシリーズよりも安く購入できるのが魅力的に感じます。実際に2台目PC用として購入して使っていますが、一般的に使うのであれば十分に感じます。

2台目PCで使うのであればOffice互換ソフトでも十分に使えると思います。

 

 

無料で理由できるアプリ

無料で利用できるOfficeアプリの代名詞と言えば、GoogleのOfficeアプリやiPhoneやiPadで利用できるAppleのOfficeアプリではないでしょうか?

パソコンに限らず、スマホやタブレット端末でも利用できるので一番身近に感じる事が出来るOfficeアプリだと思います。

でも、使い勝手の観点から考慮するとMicroSoft Officeシリーズの方が上になる場合が多いため、ベストな選択とは言い難いのが実情になります。

 

無料で使えるLibreOfficeも魅力的

MicroSoft Office互換ソフトの1つである無料で利用できるLibreOffice(リブレオフィス)は全部入りのOfficeソフトになります。

LibreOfficeはOffice互換ソフト

MicroSoft Officeを購入しなくてもOffice互換ソフトを利用すれば、Officeファイルの編集が行えます。

Office互換ソフトには色々ありますけど、実際に使ってみて使い勝手が良好だったのはWPS Officeになります。

でも、このソフトは一長一短に感じる部分もあるため、必ずしも最適という訳ではないのが実情です。それならば無料で使えるOffice互換ソフトでも良いのではないか?と思います。

 

LibreOffice 一通り揃っている

LibreOfficeには6つのソフトウェアから構成されている事もあり、インストールした時点で、6つのソフトが利用できるようになります。

無料で利用できるOffice互換ソフトなのにも関わらず、ほぼ全部入りなのである。とはいえ、必ずしも便利に感じるソフトなのか?と言うと、微妙に感じる部分もあります。

特に「Draw(図形描画)、Math(数式)やBase(データベース)」は一般的には利用しないと思います。特定の業種に従事している 又は 勉強している」場合に限られるのではないか?と考えます。

一般的には Writer、Calc、Impress がメインになるため、これを無料で利用できるのは十分に魅力的に感じます。

 

Office互換ソフト

このソフトはOffice互換なので、MicroSoft Excel などのファイルを開いて編集する事が出来ます。参考書などの書籍を購入すると、CDなどのメディアでサンプルファイルが同梱されていますが、このようなサンプルも使えるのである。

 

 

LibreOffice(リブレオフィス)の検討を

無料で使えるOffice互換ソフトのLibreOfficeを導入して学習やビジネスへの活用を検討してみませんか?についての紹介になります。

検討して欲しい理由

どうしてLibreOfficeを検討して欲しいのか?と言うと、MicroSoft Officeを購入しなくても一通り揃っているので問題ないのが最大の理由になります。

無料で使えるのも十分に魅力的なのですが、実際に使ってみてどうしても自分には適合しない場合もあります。

その場合は、MicroSoft Officeシリーズを購入すれば良いと考えます。でも、購入してからやっぱり使いこなせなかった!では購入費用が勿体ないです。

買うからには使いこなせるようになる必要が有ると思います。

 

メインの用途でもOffice互換ソフトで問題ない

MicroSoft Officeシリーズと互換している使い勝手の良い WPS Office も魅力的ですが、インターネットに接続して使うのが基本となるため、オフラインでの利用に不向きになります。

それに対して、LibreOfficeの場合はオフラインでも利用できますし、最初から6つのソフトを利用できる状態なので、今は使わなくても後からいつでも利用できるのが魅力的です。

Office互換ソフトなのでMicroSoft Officeファイルを開いて編集・保存する事も可能です。2台目のPCにインストールする用途に最適です。

LibreOfficeを使いこなす事が出来れば十分にメインの用途に利用できると思います。

 

 

LibreOffice リブレオフィス!無料で使えるオフィスソフト
皆さん こんにちは! 今回の記事は『無料で使えるオフィスソフトであるLibreOffice(リブレオフィス)』についての内容になります。 オフィスソフトと言えばMicroSoftのOfficeシリーズが定番ですが、購入す...