Excel代替で使えるLibreOffice Calcの活用を

LibreOffice

 

皆さん こんにちは!

生活やビジネスの必需品とも言えるソフトウェアがOfficeシリーズのExcelになりますが、表計算ソフトはMicrosoftでなくても色々なアプリがあります。

皆さんは何を使っているのでしょうか?一般的にはMicroSoft Excel を利用している場合が多いのでは?と思います。

PC購入時にプリインストールされている場合もあれば、同時購入する場合もありますが、購入時にインストールされていない場合もあります。

このような場合はOfficeソフトを購入するのでしょうか?それともGoogleやAppleのOfficeアプリを利用する 又は Office互換ソフトを検討すると思います。

そこで今回の記事は「Office互換のLibreOffice Calcを活用」についての内容になります。参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LibreOffice について

リブレオフィスはMicroSoft Office互換ソフトの1つになります。無料で使えるにも関わらずインストールすると6つのソフトウェアも利用できるスグレモノです。

LibreOffice 6つのソフトウェアから構成

Writer、Calc、Impress、Draw、Math、Base の6つのソフトウェアから構成されているのがLibreOffice(リブレオフィス)になります。

実際には全てのソフトウェアを利用できるのは一握りの人だけだと思います。というのも、用途的に必要に感じている人がどれぐらい居るのかな?と言った方が正解だからです。

一般の用途では「Writer文書作成、Calc表計算、Impressプレゼンテーション」だけで十分だと思います。

因みに、MicroSoft Office互換ソフトなので、ファイルを開いて編集する事も出来ます。

 

LibreOffice 特徴

無料で利用できるのも特徴の1つになりますが、必要と感じていないソフトまで含まれているのも特徴の1つだと思います。

一般的な利用では、何の用途で使えば良いのかな?と考えてしまうアプリも含まれているので、宝の持ち腐れになる場合が多いです。

テンプレート機能もありますが、最初からインストールされているテンプレートは少ないので、自分で作成する必要が発生します。

 

スポンサーリンク

LibreOffice はWriterとCalcを使用

仕事用PCにインストールして利用しているOfficeソフトはLibreOfficeになります。実際に使っているのはWriterとCalcになります。他にも4つのソフトウェアがありますけど、全く使っていません。

WriterはWord互換

仕事では文書作成も行うので、この用途で利用している場合が圧倒的に多いのですが、Word感覚で使えると思います。

但し、テンプレートは少ないのでWord文書のテンプレートを利用する 又は 自分で作成するのが最適です。

あと、「はがき」の差し込み印刷に対応するテンプレートは無いので、この用途で利用する場合は、自分ではがきフォームを作成する等の作業が必要になります。

 

CalcはExcel互換

LibreOfficeはCalcメインで利用している感じになりますが、Excel感覚で使える表計算ソフトです。実際の使い勝手は自分の使いやすいように設定しないと使い勝手は悪いと思います。

これも無料で利用できるから仕方のない部分になりますが、割り切って利用するのが最適なのではないか?と考えます。

逆に割り切る事が出来ない場合は残念ながらMicrosoft Officeシリーズを利用した方が良いと思います。

VBAマクロも利用できるので、使いこなす事が出来ればExcelよりも使えます。

 

ImpressはPowerpoint互換

ハッキリ言って、ほとんど使った事がないのがPowerpoint互換のImpressプレゼンテーションになります。

仕事でもプレゼンテーションは、あまり使わないのであまり必要に感じていません。そのため、使う用途が無いので使わないといった感じです。

使い方は全くと言って良いほど分かりません。

 

LibreOffice Calc活用(使い勝手)

Office互換ソフトのLibreOfficeは、文書作成のWriterも確かに使っていますけど、圧倒的に表計算のCalcを利用している場合が多いです。

Excel互換に最適

Excelファイルを開いて編集する事が出来るため、別に自宅で使う分にはExcelだろうが、Calcだろうが、特に関係ないのでは?というのが率直な感想になります。

使い勝手という部分は確かにMicroSoft Officeシリーズの方が慣れている事もあり、色々と便利に感じますが、これは慣れているからそのように感じるだけだと思います。

LibreOffice Calc の使い方に慣れてしまえば使い勝手という面は少しでも向上できるのではないか?と考えます。

 

カスタマイズして使い勝手を良くする

LibreOfficeをインストールした状態で最初にCalcを利用すると、とても不快に感じるぐらいに使い勝手が悪く感じます。

特にそのように感じるのがセルのデータをクリアする場合に「内容の削除」という名称のポップアップが毎回のように表示されるのである。

イライラ状態になること間違いなし!なのですが、ショートカットキーはカスタマイズで変更できるため、BackSpaceキーDelキーに割り当てられている機能を変更できます。

誰でも簡単に行えるようになっているため、不快に感じる場合はサクッと自分好みに設定変更(カスタマイズ)するのが最適です。

 

LibreOffice Calc VBAマクロ

ExcelではVBAマクロを利用する事が出来ましたが、LibreOffice Calcでも利用する事が出来ます。でも、最初にマクロを使う場合では、Java実行環境が必要と勘違いしてしまうメッセージが表示されます。

こんなメッセージが出てしまうと、これが無いとマクロが使えないのか?と思ってしまうので良くないのですが、仕様だから仕方ありません。

マクロは設定変更を行う事で、Java実行環境なしで利用する事が出来ます。

 

 

LibreOffice Calc 活用(実際の用途)

実際にLibreOffice Calcをどのように活用しているのか?についての紹介になります。筆者の場合はWriterとCalcしか利用していないので他の機能については紹介できません。

生活の用途

① 家計簿
自宅でLibreOffice Calcを利用して何を行っているのか?というと、毎日のように家計簿をやっています。

家計簿や出費明細を入力して家計を豊かにすべく分析も兼ねて日課になっています。それだけで満足するのではなく、月末には印刷してチェックもしています。

 

② サークル活動
サークル活動の会計の用途でも利用しています。会計係なのでお金の管理はしっかりやらないといけません。

 

学習の用途(VBAマクロ)

参考書などの書籍を購入すると、CDなどのメディアが付録されていると思います。この付録CDにはExcelファイルが入っているので(Excel関連の参考書を購入した場合)、自宅で学習する場合に利用する事が出来ます。

特にマクロが含まれている場合ではサンプルファイルが有ると勉強に役立ちますから重宝しています。

仕事でマクロを使う場合にサンプルファイルは参考になるので自宅での学習用途に最適です。

 

差し込み印刷(はがき)

本当はWriterと連携してCalcで作成した住所録データを利用してはがきの差し込み印刷を行いたいのですが、残念ながら、まだこのような活用方法は行っていません。

Writerで「はがき」の印刷フォームを作成するのが面倒に感じているため、作りたくないな~という気分の方が勝っている状態だからです。

テンプレートで最初から含まれていれば良いんですけど、無いので仕方ありません。必要ならば作成するしかないのである。

ここまで出来れば万歳なんですけど、この部分に関して言えば、MicroSoft Officeが便利に感じます。活用するのも大変というのが率直な感想になります。

 

 

LibreOffice リブレオフィス!無料で使えるオフィスソフト
皆さん こんにちは! 今回の記事は『無料で使えるオフィスソフトであるLibreOffice(リブレオフィス)』についての内容になります。 オフィスソフトと言えばMicroSoftのOfficeシリーズが定番ですが、購入す...