LibreOffice Calc マクロの記録を使う(利用)方法

LibreOffice

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『LibreOffice Calc マクロの記録を使う方法』についての内容になります。

LibreOffice Calc でもマクロを利用する事は出来ますが、ツールのマクロの中にはMicroSoft Excel には「マクロの記録」が有るのにCalcでは無いので、この便利な機能は使えないのか~といった感じになります。

でも、これはあくまでも標準仕様なので自分好みにカスタマイズすれば使えるようになるのである。参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

LibreOffice Calc でマクロを使う場合

表計算のCalcでVBAマクロを利用しようとすると、Java実行環境(JRE)をインストールして下さいというメッセージが表示されます。

Java実行環境(JRE)を要求してくる

LibreOffice Calc でマクロを実行しようとすると、Java実行環境(JRE)をインストールしてからLibreOfficeを再起動して下さいというメッセージが表示されます。

え?マクロを利用するにはJavaが必要なのか?と思ってしまいます。このメッセージを額面通りに解釈すると、マクロはJavaがないと使えないと勘違いする事になります。

Java実行環境をPCにインストールするのは面倒に感じる場合が多いため、この場合ではマクロを利用しないで使う方法での利用となるパターンが多いです。

その結果、仕事の効率化にも影響を及ぼす事になる場合があるため、それならばMicroSoft Excel の方が良いのでは?と乗り換えてしまう可能性も高くなります。

 

Java実行環境なしで使う設定変更

表計算のCalcでVBAマクロを利用するには、オプション変更を行う必要があります。ツールメニューのオプションの詳細を開いて1~2箇所を変更します。

オプションの詳細を開くと、Javaオプション(詳細)の箇所に「Java実行環境を使用」にチェックが入っているので、このチェックを外して適用&OKをクリックします。

この1箇所を変更すれば、Java実行環境を利用しなくてもマクロを使えるようになります。実はもう1箇所設定した方が良い場合もあります。

 

スポンサーリンク

LibreOffice Calc マクロの記録を使う場合

Java実行環境(JRE)を利用しなくてもマクロを使えるように設定すれば基本的にはLibreOffice Calc でマクロを使えるようになります。

マクロメニューを確認

Java実行環境(JRE)を利用しなくてもCalcでマクロを利用できるようになりましたが、これで安心してはいけません。

次なる関門が待ち構えています。それは何なのか?というと、ツールのマクロを開くと、ある事に気が付きます。

「マクロの実行、マクロの編集、マクロの管理」は有るのに「マクロの記録」が無いのである。あれ?何処に有るんだろう?となります。

 

「マクロの記録」がない

マクロの設定変更を行って、さあ!これから自動記録方式でマクロを作るぞーと思った時に困る展開が待ち受けています。

ツールのマクロを開いても「マクロの記録」が無いのである。あれ?MicroSoft Excel には有るのに、どうしてLibreOffice Calcにはないのか?といった感じ。

これではVBAプログラミングするしかマクロを作成できないじゃないか!?となってしまいます。これでは初心者にはハードルが高くなってしまいます。

 

自動記録でマクロを作成する場合

マクロの記録がない」と自動記録による方式でマクロを作成する事が出来ないと勘違いする展開になりますが、実はマクロを記録する事は可能なのである。

よく思い出して見ると、ヒントが隠されている事に気が付きます。Java実行環境を利用しないでマクロを利用できるように設定変更した画面で、この変更も行えます。

 

LibreOffice Calc マクロの記録を有効にする

表計算のCalcでマクロの記録を有効にする場合はどのように行えば良いのか?についての紹介になります。本来であれば設定変更の時に一緒に変更しておけば良い内容になります。

マクロの記録は設定変更が必要

Javaオプション(詳細)の箇所に「Java実行環境を使用」しないという設定変更を行ったと思いますが、この画面で「マクロの記録」を有効にする事が出来ます。

この画面下には、オプションの機能という箇所があり、一番下に「マクロの記録を有効にする(限定的)」が表示されています。

ここにチェックを入れて適用&OKをクリックすると有効になります。

 

ツールのマクロに表示される

オプションの詳細で、「マクロの記録を有効にする(限定的)」にチェックを入れて適用すると、ツールのマクロに表示されます。

LibreOffice Calc では、標準ではマクロの記録は使わない設定になっているので注意が必要になります。

VBAを勉強する場合でも、マクロの記録があると助かりますから、使い方やオプション設定は理解しておいた方が良いと思います。

 

 

LibreOffice Calc マクロの記録のメリット・デメリット

表計算のCalcでマクロの記録を利用する方法でマクロを作成する場合のメリットやデメリットについての紹介になります。

マクロの記録・メリット

VBAプログラミングしなくても自動記録による方式でマクロを作成する事が出来るため、マクロの初心者にとっては作業の効率化に繋がります。

VBAプログラムも自動で作成されるため、プログラミングについての関心も高まる場合があります。

プログラミングはVBAだけではないので、他のプログラミング言語にもチャレンジしたくなる展開もあるのでは?と思います。

 

マクロの記録・デメリット

マクロを自動記録で作成する場合では余計な作業も全て記録してしまうので、本来では不要な作業も含まれている場合があります。

他のパターンでマクロを実行しようとすると上手く実行されない場合もあるのが実情になります。

そのため、マクロに慣れたら、「マクロの記録」は利用しないで、VBAプログラミングする事をオススメ致します。

 

 

LibreOffice Calc ボタンでVBAマクロ実行の方法(ツールバーからボタン実行)
皆さん こんにちは! 今回の記事は『無料で使えるオフィスソフトである LibreOffice Calc(表計算)で、ツールバーからボタンをクリックする方法でマクロを実行する方法』についての内容になります。 LibreOf...