ノートパソコン おすすめ PC周辺機器・便利グッズ・アクセサリー

PC & 周辺機器 活用
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

ノートパソコンを利用する場合では基本的にオールインワンといった感じなので特に周辺機器やデスク周り便利グッズも含めてPCアクセサリーは必要ないのでは?と思ってしまうのでは?

これでも良いのですが、少しでも便利にノートパソコンを利用したい!と考えている場合では便利に感じるPC周辺機器グッズやアクセサリーも必要になります。

問題はどの程度の周辺グッズが必要なのか?も重要な要素になります。というのも、多過ぎるとデスク周りがゴチャ混ぜになるので省スペースにも配慮が必要だからです。

なるべくバランスの取れた配分で周辺機器を利用するのが全てにおいて丁度よいと思います。

今回の記事は『ノートパソコン おすすめ PC周辺機器・便利グッズ・アクセサリー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ノートPCではマウスやマウスパッドは必要に感じる

デスクトップPCの場合ではマウスが必需品になりますが、ノートパソコンの場合ではタッチパッドが搭載されているので必需品ではないです。

ノートPCでも便利なマウス

マウスは必需品ではないので別に利用しなくても何ら問題ありませんが、便利に使うのであればマウスが有った方が良いと感じます。その理由の1つとして、ドラッグ&ドロップ操作が便利にという点が挙げられます。

この操作に限って言えば、タッチパッドよりマウスで操作した方が圧倒的に便利に感じます。でも、マウスの場合は或る日突然バッテリー切れになる可能性も否定できないため、USB充電に対応したマウスが便利に感じます。

 

おすすめのマウスは、USB充電式 ワイヤレスマウス

ワイヤレスマウスは無線(Wi-Fi)接続で利用できるタイプがオススメです。その理由の1つとして種類が多く、「通常タイプ、薄型タイプ」も有るため、自分にとって最適に感じるマウスに出会う可能性が高いです。

その中でもオススメに感じるのがUSB充電に対応しているマウスになります。何故か?と言うと、急なバッテリー切れでもUSB充電しながら利用できるからです。

その反面、USBレシーバー(USB Type-A)をノートパソコンにUSB端子に差し込む必要があるため、何かと便利に感じるUSBポートが埋まります。

これが嫌な場合では別途、USB-Cハブを利用するのも1つの方法となります。

 

 

2in1ノートPCにおすすめのBluetooth マウス

ワイヤレスマウスにはBluetooth接続に対応しているワイヤレスマウスもあります。こちらのタイプは、USB端子を必要としていないので便利に感じるUSBポートを利用しなくて済みます。

キーボードが着脱できるデタッチャブルの2in1ノートPCにおすすめのマウスになります。デメリットは無線タイプと比べて種類が少ない点に尽きます。

 

 

マウスパッド

一番必要性を感じないのがマウスパッドなのではないでしょうか?ハッキリ言って、別に専用で買わなくても自作しても良さそうに感じます。又は、100均ショップで購入できる物。

その理由としては、滑り止めと言いつつ、よく滑ってしまうので、位置を変更している方が多いように感じるからです。さらにはマウスコントロールも決して良いという訳ではないので本当に必要なんだろうか?と思ってしまいます。

でも、このように考えるのはちょっと早いです。マウスパッドでも手首の疲れを軽減できる効果が期待できるゲーミングマウスパッドもあります。

さらには、マウスコントロールも最適に感じるタイプもあるので、そのようなマウスパッドであれば、自分にとって最適に感じるかも知れません。

 

 

リモートワークで便利に感じるノートPCスタンド

在宅勤務(リモートワーク)で必要に感じるノートパソコン周辺機器と言えば、ノートPCスタンドが該当するのでは?と思います。

リモートワークに便利なノートPCスタンドはオススメ!

ノートパソコンで利用できるノートPCスタンドが有ると、リモートワークには便利に感じます。これは実際に購入して利用しているからこそ言える事でもあります。

どのように便利なのか?と言うと、目線が丁度よい角度に合わせる事ができるため、リモートワーク中の姿勢が良くなるのである。

その反面、スマホを操作する場合では、目線が下向きになってしまうので、いかにもスマホを触っているんだな!と思われてしまうのが困り物です。

正しい姿勢でPC作業を行う事で猫背対策にも繋がるため、購入して良かったと実感しています。

 

実際に使っているのは8段階調節できるノートPCスタンド

実際に購入したのは通勤バッグに収納して持ち運びできるアルミ製の折りたたみ8段階の角度調節に対応したノートPCスタンドになります。

専用の収納ケースが付属されているので持ち運ぶ際にも役立ちますが、実際に外出先に持参する場合は注意も必要な事に気が付きました。収納状態でちょっと振るとカシャカシャという音が聞こえるのである。

実際には自宅でリモートワーク専用で利用するのが最適に感じます。幸いな事に8段階の角度調節が行えるので役立っていますが、iPadのようなタブレット端末で活用する場合は角度が足らない感じです。

そのため、素直にノートパソコンで利用した方が良いと考えます。

 

 

ノートPCスマホ・ホルダーも必要に感じる

リモートワークなどの在宅勤務の場合で、ノートパソコンを利用している場合では、スマホ・ホルダーも必要に感じます。あくまでも必要に感じる程度なので必要ないかも知れません。

ノートPCに取付できるスマホ・ホルダーも必要に感じる

確かに必要性を感じていますが、どれも一長一短に感じるので、正直のところ、別になくても良いかな?とも感じています。

その理由としては、同僚は便利に使っているかも知れませんが、自分も同様に便利に使えるとは限らないからです。それに種類も少ないので比較検討の候補が、いくつも見つからない感じだからです。

安価で購入できる場合でも、比較検討したい場合もあるため、必ずしも最適とは言えないのである。

とはいえ、試しに使ってみないと実際のところはどうなのか?が分からないため、とりあえず購入しています。

 

実際に購入したのは折りたたみ式のアーム型

お試しで、ノートパソコンと一体運用できるアーム型のスマホ・ホルダーを購入しています。

ノートPCの天板にペタっと貼り付けるタイプなので、一体運用できるのは便利なのですが、スマホケースが必要になるため、ケースを利用しないで使っている人には向いていません。

金属製のパッチをスマホケースに貼り付ける事によってスマートフォンをホールドできるのである。

 

 

USB Type-C ハブは1つ有れば十分に感じる

ノートパソコンを活用する場合では、多機能で利用できるUSBハブといったPC周辺機器機器も必要になりますが、これは種類が非常に多いのが特徴になります。

USBハブは正直のところ、どれが良いのか?分からない

USBハブは大きく分けると直挿しできるタイプとケーブルタイプに大別されます。さらには種類が豊富に有るのも特徴の1つなので、どれが良いのか?良く分からないのが実情になります。

その結果、次から次へと便利に感じるUSBハブを購入するパターンになってしまう事になります。確かに買った当初は便利に感じるのですが、時間が経過するとやっぱりな~といった感じになりやすいです。

これは切りがないので1~2個で良いと思います。

 

実際に利用しているのはQGeeM 7in1 USB Type-C ハブ

メインで利用しているノートPCで使っているのはQGeeM 7in1 USB Type-Cハブ(バスパワー)になります。

USB 3.0 Type-A × 3、充電専用 USB Type-C × 1、SD/TFカード × 1、MicroSD × 1、HDMI × 1 の構成になります。

これ1つあれば十分といった感じです。というのも、ノートPCに搭載してあるUSB端子と合わせると、丁度よいと感じます。

 

 

USB Type-C ハブは1つあれば良い

ノートパソコン、スマホ、iPad Air / Pro で利用できるUSB Type-Cハブも種類が豊富にありますが、これは1個あれば十分です。

いくつも買う必要がないため、どのデバイスを利用した場合でも便利に使えるタイプを1つだけ購入するのが賢明の選択になります。

一見すると、直挿しできるタイプ(ドッキングステーション)がスマートで良さそうに感じますが、アレコレ接続しながら利用するとUSBハブが熱くなります。

実際に使ってみるとスマートな利用方法ではないですが、ノートPCと距離を置いた方が良いと感じます。

でも、外出先にも持ち歩く用途であれば、一体運用できる直挿しタイプも必要に感じます。もし、購入するのであれば、直挿しできるタイプと自宅で利用するタイプの2種類に限定した方が良いのでは?と思います。