キーボードシールのレビュー!文字が見えなくなったキーボードを修復・再生

PC & Accessories
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

メインで利用しているパソコンはWindowsノートPCになりますが、よく使っているキーなどは文字が見えなくなってしまう場合もあります。

基本的には油性ペンで書いて対応しているのですが、油性ペンで書いても、いつの間にか消えているので、流石にこのいたちごっこは面倒に感じます。

この煩わしいと感じる油性ペンではなく、もっと簡単に文字が見えなくなったキーボードを修復・再生が行える便利なグッズがあるので、それを利用した方が全てにおいて満足できます。

今回の記事は『キーボードシールのレビュー!文字が見えなくなったキーボードを修復・再生』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

キーボードのキーは文字が消える

メインで利用しているパソコンはWindowsノートPCになりますが、よく入力を伴う作業をしていると、キートップに表示されている文字や記号などが消えてしまう場合もあります。

日本語キーボードシール(白地黒文字)

サイズ : 180mm × 65mm
キー部 : 13mm × 11mm

シール : 全部で48枚

カラー : ホワイト(白地黒文字)、ブラック(黒字白文字)の2種類

備考等 : 日本語JIS配列

 

キーボードシールについて

キーボードの文字が消えてしまった場合に貼り付ける事で簡単に修復して再生できる便利なグッズがキーボードシール(キートップラベル)になります。

日本語だけではなく、英語も含めて中国語などのラベルも販売されています。カラーはホワイト・ブラックの2パターンが多いです。

 

購入する場合の注意事項

① サイズ確認
キーボードシールを購入する場合では注意事項があります。実際に使用しているキーボードの1つ1つのキーサイズを確認した方が良いです。キーサイズがシールよりも小さい場合も実際にあるからです。

 

② 全てのキーに対応していない
キーボードにあるキー全てのラベルが有るとは限りません。たいていの場合はキー48個分になるのでは?と感じます。

 

スポンサーリンク

文字が見えなくなったキーボードの修復

ここでは、キーボードのキートップの文字が消えてしまった場合はどのように対応すれば良いのか?についての紹介になります。現状では3つの方法が利用できると思います。

油性ペンで書く

油性ペンで書く方法が一番安上がりでの対応が行えますが、油性ペンの場合でも、いつの間にか文字が消えてしまうので、ちょっと驚きといった感じになります。

油性ペンでも消えてしまうんだな~と改めて認識できたので、これはこれで良い勉強になりました。消えていたら、また書けば良いですけど、あまり頻繁にこの作業がある場合は良い選択とは言えないと思います。

 

キーボードシールを利用する

キーボードのキートップの文字が消えてしまった場合に、簡単に修復して再生できる便利なグッズと言えば、キーボードシール(キートップラベル)になります。

日本語JIS配列に対応しているシール・ラベルを購入する事で、修復できる可能性が高くなります。だからといって、必ず全てのキーボードに対応しているという訳ではないです。

というのも、1つ1つのキーラベルにはサイズがあるので、そのサイズよりも小さい場合では利用できないため、購入する場合はよく確認してから買うのが賢明の選択になります。

 

他のキーボードを利用する

文字が見えなくなったキーボードをどうにか?する場合では、新品に交換するのも1つの方法ですが、ノートPCの場合では一体型になっているので、そうもいきません。

この場合では、外付キーボードだけを購入して利用するのも1つの方法ですが、現実的にはあまり良い選択とは言い難いため、何だかんだ言ってもキーボードシールが良さそうに感じます。

 

日本語キーボードシール(キートップラベル)レビュー

プライベートで使用しているWindowsノートPCのキーボードの文字が消えて見えなくなってしまったので、日本語キーボードシールを購入して修復しています。このキーボードシールについてのレビューを紹介したいと思います。

一長一短に感じる部分

キーボードシールのカラーがホワイトの場合では、文字の色はブラックなのですが、暗い場所でもよく見えるので入力しやすいと感じます。

その反面、1つのキーボードシールのサイズが「13mm × 11mm」になるため、このサイズよりも小さいキーには貼り付ける事ができません。

このシールを利用できるキーボードやノートPCも限られてしまうのではないか?と個人的に考えます。因みに13.3インチのノートPCの場合では問題なく貼り付ける事ができたので良かったと思います。

 

イマイチに感じる部分

このキーボードシールを購入する場合では商品ページに滑り止めが効いている旨の記載があったのですが、実際にキーボードに貼り付けてみると、よく滑ります。

入力していて、これでもか!と言わんばかりに入力しづらいので剥がしたら、今度は下の文字まで見事に取れてしまう結果になったので、剥がすのはやめて、慣れるまでひたすら待つ戦略に変更しました。

(剥がす場合は、強力な粘着力なので簡単に剥がれません)

その結果、だいたい2週間程度使ったら、慣れてきたので違和感を感じる事がなくなった事も関係して、現在ではいつもの日常のような感じで入力作業が行えます。

 

使用レビュー

① シールのカラー
所持しているノートPCはバックライトキーボードなので、基本的に暗い場所でも見やすいのですが、ホワイトラベルの日本語キーボードシールとの相性が良い感じです。

ブラックラベルでも良いと思うのですが、もともとのキートップのカラーがシルバー系なのでホワイトラベルを購入しています。

もし、キートップカラーがブラックであれば、ブラックラベルが良いと思います。

 

② シール部分
1つ1つのシールラベルを剥がす場合では、簡単にシールカバーまで取れてしまいやすいので、今度はシール部分を剥がすのに苦労します。うまくテンポ良くシールだけを剥がしてキートップに貼り付けていくのが良いです。

 

③ 使用感
貼り付けた当初は、非常に入力しづらいと感じました。シールを貼り付けると、キートップ上で指が滑ってしまうので入力が不便に感じます。

筆者の場合は慣れるまでに2週間ぐらい掛かりましたが、慣れてしまえば、いつもの日常といった感じで何とも思わなくなります。

 

スポンサーリンク

日本語キーボードシール ASUS Zenbook 使用レビュー

文字が見えなくなったキーボードの修復・再生が簡単に行える便利なグッズであるキーボードシール(キートップラベル)を実際に貼り付けているのはWindowsノートPCのASUS Zenbook 13になります。

ASUS ZenBook 13 レビュー!Windows PC(i5、8GBメモリー、256GB SSD)
皆さん こんにちは! 主にプライベート用途で使っているパソコンは、13.3インチのWindowsノートPCであるASUS Zenbook 13になります。 その他にプライベート用とビジネス用に使い分けている関係で、Win...

暗くてもよく見えるのが便利

夜の時間帯では部屋の灯りとして蛍光灯を利用しますが、この場合ではキーボードシールを貼り付けている方が、暗くてもよく見えます

逆にシールが貼っていないファンクションキーや全角/半角キーなどは光の加減も関係してか?見えないので改めて、シールが貼り付けていないキーにも必要性を感じます。

 

入力作業に慣れるまで2週間

ホワイトラベルのキーボードシールをASUS Zenbook 13に貼り付けて使用していますが、貼り付けた日から数えて約2週間ぐらい経過した頃になって、やっと使い慣れた感じになります。

それまでの期間は、本当に苦痛を感じるぐらい、滑りまくっていたので、タイピングミスも多かった気がします。最後は嫌になって、iPad mini で使っていた折りたたみBluetoothキーボードを接続して入力したりしていました。

でも、自宅で折りたたみキーボードを利用しても便利ではないので、結局のところ、これは使い慣れるしかない!と諦めて我慢して使い続けていました。

ザラザラ感はありますが、これが滑り止めなのかな?って感じです。

 

ファンクションキー用も欲しい

数字キーも含めて、日本語JIS配列のキーボードシールを購入して実際に貼り付けて使ってみて、ふと思う事は、シールを貼り付けていない部分も欲しいと感じます。

特にファンクションキーやShift Enter BackSpaceなどのキーも意外とよく使っているので、文字が消えかかっているのである。これらの部分に対応しているキートップラベルも必要に感じます。

とはいえ、特にファンクションキーの場合はノートPCによってもサイズがマチマチなのでシールでの対応は難しいように感じるため、油性ペンで対応するしかないのかな?といった気分です。