カリマー trek carry sacoche レビュー!超軽量なサコッシュバッグ

バッグ

nbsp;

皆さん こんにちは!

今回の記事は『カリマーの超軽量サコッシュバッグである trek carry sacoche のレビュー』についての内容になります。

サコッシュというと旅行用途で利用する場合が多いですが、使い方によっては日常生活でも便利に利用できるバッグになります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

カリマー trek carry sacoche

カリマー イクリプス27 リュックのバッグインバッグとして使う目的で購入したカリマー trek carry sacoche の紹介になります。

trek carry sacoche 仕様

サイズ: 220mm × 220mm × 25mm

重量 : 85g

収納 : ボタン留めポケット、ファスナーポケット、メッシュポケット

備考 : 18mm幅のショルダーベルト

 

とても軽いのが魅力

サコッシュは薄マチで軽量なショルダーバッグになりますが、カリマー trek carry sacoche も軽量で機能的なショルダーポーチといった感じのサコッシュになります。

本体重量が85gなので斜め掛けしていても何も収納していなければ全くと言って良いほど重みを感じないのである。

実際には最低限必要になる「財布、スマホ、ハンカチ、ポケットティッシュ、エコバッグ」を収納する事になりますが、これらのグッズを収納するには丁度よいサイズになります。

 

ショルダーベルト

一般的なサコッシュの場合では着脱式ショルダーベルトになっている場合が多いですが、このサコッシュは着脱できません。安全性という観点から考慮すると、着脱式よりも安心感があります。

というのも、旅行等の場合では、その道のプロに遭遇してしまうと、バックルやフック等で接続されているバッグは簡単に外されてしまう可能性が高いからです。

 

スポンサーリンク

trek carry sacoche 各種ポケットについて

ここでは、trek carry sacoche の各種ポケットについての紹介になります。どのようなポケットなのか?になるため、参考にならない場合もあります。

各種ポケットについて

trek carry sacoche で一番収納力が高いのは口折れ式ボタン留めポケットになります。

口折れ式ポケットとメッシュポケットの中間に位置するファスナーポケットにはキーフックを装備していることもあり、大事な物を収納する用途に向いています。

メッシュポケットも装備しているため、上手く使うことが出来れば使い勝手は良好なバッグになる感じです。

 

口折れ式ボタン留めポケット

trek carry sacoche のメインルームに該当するのが口折れ式ボタン留めポケットになります。

ポケットの内部には仕切り等はなく、大きなポケットといった感じになります。マチ幅は25mmありますが、サイズ以上に収納できるようになっているため、このポケットは色々な用途で使えそうです。

 

ファスナーポケット

メインルームの口折れ式ボタン留めポケットとメッシュポケットの中間に位置するのがファスナーポケットです。

ここにはキーフックも装備してあるため、自宅の鍵も含めて、貴重品収納に適しているポケットになりますが、厚みのある財布の収納には向いていません。

どちらか?と言えば、スマホの収納に向いている気がします。因みに6インチサイズのスマホも問題なく収納できます。

 

メッシュポケット

フロント側にあるのがベルクロ留めのメッシュポケットになります。ここはアクセスしやすい場所になるため、ハンカチやポケットティッシュを収納する場所に丁度よいです。

 

カリマーの trek carry sacoche レビュー

カリマーのイクリプス27のバッグインバッグとして利用する機会が多い trek carry sacoche のレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるか?分かりません。

trek carry sacoche 使い勝手

口折れ式のメインポケットはボタン留めになっているのですが、これはベストな選択かも知れません。意外と収納力があるといった感じのポケットになります。

さらに、この口折れ式の場合は表裏ドチラに折っても問題ないため、ちょっとしたアクセントにも使えます。

ファスナーポケットには、キーフックを装備してあるため、自宅の鍵を含めて、貴重品の収納に最適なポケットだと感じます。。

メッシュポケットは片手では開けられないこともあり、ちょっと使い勝手が悪いです。ボタン式の方が良かったな~と個人的に思います。

 

メッシュポケットは一長一短

メッシュのマジックテープで留めるポケットが前面にありますが、片手で開けることが出来ないので使いづらいです。

片手で問題なく取り出せる物と言えば、ハンカチや病院等の診察券などのカードぐらいなので、この用途で使っています。

 

ショルダーストラップも一長一短

ショルダーストラップは着脱式になっていないため、旅行等ではバックル等を外されてしまうリスクが無いので安心感があります。

でも、バッグインバッグの用途で使う場合では、ストラップが着脱できないのは不便です。

それと、重たい物を収納すると、肩に負担がくるので、18mm幅のショルダーストラップは一長一短に感じます。

 

圧倒的な軽さと収納力が便利

① 超軽量
僅か85gという軽さのため、手に持った場合も含めて斜め掛けした場合でも文句なしの重量になります。

 

② 収納力
パット見た感じでは、そんなに収納できないのでは?と思ってしまいますが、実際に収納してみると、サイズ以上に収納できるアンバランスさが面白いです。

とはいえ、あまり詰め込み過ぎると、斜め掛けした場合に重みを感じて、肩に食い込む感じになるため、薄着になる夏季のシーズンでは不向きかも知れません。

 

 

trek carry sacoche 使用レビュー

カリマーリュックのイクリプス27に装備するバッグインバッグとして使う機会が多いtrek carry sacoche 使用レビューになります。

イクリプス eclipse 27のバッグインバッグ

イクリプス27リュックのバッグインバッグとして使っている理由は、このリュックは満足できる軽量リュックなのに、気の利いたファスナーポケットが装備されていないのである。

無い物は仕方ないのでバッグインバッグを装備すれば問題ない!という結論に到達した結果が、trek carry sacoche だったというだけの事です。

宿泊を伴う旅行では、カリマーのヒップバッグである VT hip bag R をバッグインバッグに装備している場合が多いですが、日常生活の用途では、サコッシュの方が便利です。

幸いな事に合計重量が845gなのでサコッシュを装備しても軽量さは失われないのがポイントになります。

 

バッグインバッグで活用するメリット

バッグインバッグとして利用する目的での購入になりますが、いつもリュックに装備していれば、必要に応じてサコッシュとして使えるのが利点になります。

というのも、リュック1つでお出かけする場合では、貴重品やスマホの管理にも気を配る必要があります。何せ、リュックの中に入れっぱなしというのがリスクを伴いますから尚更です。

でも、サコッシュを常時装備していれば、必要に応じて斜め掛けできるのである。ショルダーストラップは取り外し出来るタイプではないため、リュックから取り出して直ぐに使えます。

 

ウォーキングや買物などの用途

バッグインバッグとしての用途では流石に勿体ないため、最近では定期的な運動の目的でも使っています。

定期的に運動といっても単なる散歩ですけど、財布やスマホ、ミニタオルを持参するので、この用途に最適です。

 

 

カリマー trek carry shoulder pouch レビュー!リュック取付スマホポーチ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『リュック取付スマホ・ポーチのカリマー trek carry shoulder pouch レビュー』についての内容になります。 リュックで通勤や旅行する場合ではスマホの収納&取り出しが...
パーゴワークス paagoworks SWING-L レビュー!カメラ&ショルダーバッグ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カメラ&ショルダーバッグのパーゴワークス paagoworks SWING-L レビュー』についての内容になります。 一眼レフカメラを持参する場合や買物等のお出かけ時に軽量なショルダー...