カリマー イクリプス eclipse 27 リュックのレビュー!軽くて分厚いショルダーが魅力

バッグ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『カリマーの軽量リュックであるイクリプス(eclipse)27のレビュー』についての内容になります。

通勤から旅行まで便利に利用できる30L未満のリュックを探していたのですが、ちょうど最適に感じるデイパックが有ったので購入したのがイクリプス27になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

カリマー イクリプス eclipse 27

一長一短はありますが、通勤から旅行まで幅広く利用できる汎用性の高い軽量リュックのカリマー・イクリプス27の紹介になります。

イクリプス eclipse 27 仕様

サイズ: 490mm × 330mm × 280mm
重量 : 760g
容量 : 27L

収納等: メインルーム、PC収納、オーガナイザーポケット、フロントポケット

装備等: チェストベルト、着脱できるウェストベルト、ペットボトル収納

備考 : 大きな持ち手、分厚いショルダー、コンプレッションベルト

 

eclipse 27 メインルーム

メインルーム内にはノートPC専用ではありませんが、クッション性のある分厚い収納ポケットが装備されています。ハイドレーションボトルホルダーとしても利用することが出来るポケットになります。

収納したノートPC等が簡単に飛び出さないように留めるようになっています。

それ以外は広い空間が広がっているといった感じのメインルームになります。

 

2ルーム構造のオーガナイザーポケット

フロントのファスナーポケットとメインルームの中間にあるのが、オーガナイザーポケットになります。

タブレット端末や雑誌も収納できるサイズ感があり、内部には仕切りも兼ねるノート用ポケットも装備しています。

 

オーガナイザーポケット

ボールペンやUSBコード等の収納に向いているエリアになりますが、タブレット端末を収納するためのポケットではなく、筆記用具のノート雑誌といった物を収納するためのポケットになっています。

このポケットにはクッション性がないため、タブレット端末を収納するのであれば、メインルーム内にあるPC収納ポケットに収納するのが最適です。

あと、キーフックもこのポケット内に装備しています。

 

大きなサイズのフロント・ファスナーポケット

一番外側に位置しているのが、オーガナイザーポケット並みに広いサイズのフロントポケットになります。タオルの収納に最適ですが、広いがゆえに、タオル収納に使用するのは勿体ないです。

 

スポンサーリンク

イクリプス27の装備についての紹介

イクリプス27リュックの装備面についての紹介になります。特にリュックなどのバッグの場合は機能的なのか?も判断材料になるため、気になります。

着脱できるウェストベルト

着脱できるウェストベルトが装備されているため、必要に応じて着脱できるのが便利に感じます。でも、一度取り外したら最後、再度の装着に手間取るのも実情なので、取り外す選択は最適とは言い難いです。

使う予定がある場合は見っともないですけど、ダラ~ンと垂れ下がった状態にして置く 又は 結んでしまうのが良いと思います。

 

チェストベルト

自分にとって最適に感じるポジションでの装着に対応できるようにスムーズに動かせるようになっているのが特徴になります。

スライド移動するだけなので簡単でかつ、簡単には動かないようになっているため、使いやすいです。

 

大きな持ち手

あまり重要なポイントでは無い場合もありますが、大きな持ち手を装備しています。持ち手が大きいと、しっかり掴む事が出来ますし、リュックを下ろしたり、持ったりする場合に便利です。

それに持ち手が狭く薄っぺらい場合では、持った場合に指が痛く感じますが、この部分が大きくて持ち易いと痛みが軽減されます。

リュック選びにおいては、持ち手のサイズも重要になります。

 

分厚いショルダー&背中クッション

リュック選びをする場合で外してはいけない部分が、ショルダーになります。イクリプス27の場合は、分厚いショルダーになっているため、重たい荷物を収納しても、しっかり両肩をホールドしてくれるので重さ軽減の効果があります。

背中クッションも蒸れを軽減できる構造になっているため、長い時間、背負っていても大丈夫です。

 

コンプレッションベルト

リュックの中間位置にはコンプレッションベルトを装備しています。収納する荷物の量に応じて厚みを調整できるため、便利に感じます。

また、折りたたみ傘もペットボトルポケットに入れて、上側をコンプレッションベルトを通すようにすれば収納できるので便利に使えます。

 

カリマー イクリプス eclipse 27 レビュー

通勤から旅行までの用途に使っているカリマー イクリプス eclipse 27 リュックのレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

2つの大きなファスナーポケット

イクリプス27にはメインルームの他に2つの大きなサイズのファスナーポケットを装備しています。

オーガナイザーポケットフロントポケットになりますが、どちらもサイズ的に大きいのが特徴の1つになります。

サッと取り出しができるスマホやタオルはドッチに収納すれば良いのだろうか?と考えてしまう場合もあります。

 

残念に感じる部分

メインルーム内にファスナーポケットが無いのが特に残念に感じます。このリュックはファスナーポケットは多いのにも関わらず、何故だか?分かりませんが、メインルーム内には無いのである。

クッション付PC収納ポケットが有るから場所が無かったという場合も推測する事は出来ますが、色々な方法で取付は出来たと思います。

どうして何だろう?という不思議さになります。ただ単に必要ないと判断されてしまったのかも知れません。

 

日常生活から旅行まで使える

何と言っても、分厚いショルダーが特にお気に入りになります。普通のリュックの場合では厚みのあるショルダーと言いつつ、お世辞にもそんなに厚みがない場合が多いのが実情です。

それに引き換え、イクリプス27の場合は分厚いショルダーがとアピールしていないのにも関わらず、分厚いです。

ポケットも多いので、日常生活から旅行まで使える軽量リュックだと思います。

 

 

イクリプス27はバッグインバッグ連携が最適

カリマーリュックのイクリプス27には他の同じ容量のリュックと比較して、どうしてもイマイチに感じるデメリットがあります。

デメリット

カリマーリュックのイクリプス27は軽くて分厚いショルダーが最大の魅力に感じる部分になりますが、実は最大の弱点があるバッグでもあります。

何が最大の弱点になるのか?というと、メインルーム内 及び オーガナイザーポケット内にファスナーポケットが装備されていない事に尽きます。

通勤や旅行の用途に、このリュックを用いる場合ではファスナーポケットが大きく影響を及ぼす場合があります。

筆者の場合は給料日には銀行の通帳を持参してATMで記帳しいているのですが、このバッグには通帳を収納できるファスナーポケットがありません。

 

バッグインバッグの併用が最適

毎月必ず1回だけは銀行の通帳を持参しないといけないのですが、どのように対応しているのか?というと、バッグインバッグを装備して対応しています。

幸いな事にリュック重量は760gですし、バッグインバッグとして利用しているサコッシュは85gなので合計で845gという重量で済みます。

因みに装備しているサコッシュは カリマー trek carry sacoche になります。

 

カリマー trek carry sacoche を装備

サイズ : 220mm × 220mm × 95mm
重量等 : 85g
ルーム : ボタン留め口折れ式メインルーム

備考等 : ファスナーポケット、ベルクロ留めポケット、キーフック

 

 

イクリプス eclipse 27 使用レビュー

通勤から旅行の用途に使っている軽量リュックのカリマーイクリプス27の使用レビューになります。あくまでも筆者の場合なので参考になるのか?分かりません。

通帳などの貴重品収納

メインルーム内に貴重品用のファスナーポケットが無いので、銀行の通帳を収納する事が出来ないという悩みが発生していましたが、trek carry sacoche を装備する方法で悩みを解決しています。

給料日以降に通帳記入する事も必要になるため、この用途に対応するにはバッグインバッグという方法しか無いというのが実情になります。

 

通勤リュックとしての用途

通勤リュックはグレゴリーのスケッチ25を愛用していたのですが、ゲリラ豪雨で沈没してしまった事も影響して汚らしくなってしまい、旅行用途で使用しているカリマーのイクリプス27に変更しました。

電車通勤ではウェストベルトが邪魔に感じるので取り外していたのですが、急に使う場面も有ったので装着してストラップごと巻いて短くしています。

ダラ~ンとぶら下げておくよりも見た目が良いので個人的に満足しています。

 

日帰りから海外旅行までの用途

日帰り旅や台湾旅行のメインバッグとして利用しています。旅行においては、軽さが正義 及び ミニマリストの考え方を参考にしているため、必要最小限の荷物を心掛けています。

このような考え方を参考にすると、旅行に持って行くと便利に感じるグッズは本当に必要な物だけに厳選されていくので旅行荷物は少なく軽量化されます。

そうなるとバッグは必然的にスーツケースから何処でも持ち歩けるリュックに変更となり、リュックも疲れにくいタイプが望ましい選択になります。

軽量で分厚いショルダーになっているリュックが最適と感じまして、イクリプス27を愛用しています。

 

 

カリマー trek carry sacoche レビュー!超軽量なサコッシュバッグ
nbsp; 皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーの超軽量サコッシュバッグである trek carry sacoche のレビュー』についての内容になります。 サコッシュというと旅行用途で利用する場合が多いですが、使...
グレゴリー GREGORY SKETCH スケッチ25 レビュー!通勤リュックに最適なデイパック
皆さん こんにちは! 今回の記事は『クイックアクセスできるノートPC専用ファスナーポケットを装備するグレゴリー スケッチ25 のレビュー』についての内容になります。 通勤や出張といった用途では、ノートPCを持参する場合も...