カリマー eclipse 27 イクリプス バッグパック 27L

Travel Goods 旅行グッズ

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『カリマー eclipse 27 イクリプス バッグパック 27Lのレビュー』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

カリマー eclipse 27 イクリプス バッグパック 27L

主に旅行の用途で使っているバッグパックのカリマー eclipse 27 イクリプスについて紹介したいと思います。

 

イクリプス27 仕様

サイズ : 490mm × 330mm × 280mm
重量  : 27L
容量  : 760g

ポケット: メインルーム、オーガナイザー、フロント、PCポケット、ペットボトル × 2
装備  : チェストベルト、着脱式ウェストベルト、コンプレッションベルト

 

 

3つの特徴があるファスナーポケット

① メインルーム
メインルーム内にはPC専用ポケットを装備しています。ホルダーも付いているため、飛び出る心配はありません。

 

② オーガナイザー
書類等を収納する場合に最適な仕切りポケットを装備しています。これとは別に筆記用具のホルダーやモバイルバッテリー、USBコードを収納できるオープンポケットが装備されています。

また、マチ幅もあるため、意外とけっこう収納できるのも魅力的です。

 

③ フロントポケット
パッと見た感じ、こんなところにファスナーポケットがあるのかな?といった感じなのがフロントポケットになります。仕切りポケットは無いのでタオルなどを収納しておくには丁度良いといった感じです。

マチ幅がないだけでサイズは意外と広いです。( 300mm × 180mm

 

日常生活から旅行まで利用できるリュック

本体重量が760gなので軽量なリュックに該当するバッグになります。

装備面においても、日常生活から旅行の用途に利用しても何ら問題ないため、通勤のメインバッグとしても十分に利用する事が出来ます。

それなのにどうして、旅行限定で利用しているのか?というと、通勤用のリュックはノースフェイスのホットショット26Lを利用しているからである。

このバッグはビジネス用途では最適なのですが、旅行に持参する場合では本体重量が1135gあるので重たいのである。

そのため、旅行目的で同じ用途で利用できる軽量なイクリプス27を利用しています。

 

イクリプス eclipse 27 の特筆事項

旅行の用途に利用しても問題ないぐらい使える軽量なリュックであるカリマーのイクリプス27になりますが、実際に使ってみると意外に便利に感じる部分や微妙に感じる部分もあります。

 

気の利いた配慮がする持ち手

特に気の利いた配慮がされているな~と感じる部分は大きなサイズの持ち手になります。リュックの場合ではお世辞にも持ちやすい仕様になっていない場合が多いのですが、イクリプス27の持ち手は素晴らしいです。

重たい荷物を収納している状態で持っても、しっかり持つ事が出来るのは勿論のこと、4本の指が痛くならないようななっているのも特筆事項になります。しっかり持つ事ができるように配慮された設計というのは使っていても快適に感じます。

しっかり手のひらで掴むことが出来ます。

 

フロントポケットも大きい

意外と気が付かないのがフロントポケットになります。オーガナイザーポケット程のサイズではないのですが、意外とサイズのあるフロントポケットになります。仕切りは全くないので単なるポケットなのですが、タオルなどを収納するには丁度良い位置関係になります。

横向きにファスナー開閉できるようになっているのも特徴の1つになります。このポケットの場合ではファスナー部分が隠れてしまうので、こんな所にファスナーポケットが有ったのか?といった感じに再発見するポジションになります。

 

着脱式ウェストベルトは微妙

普段使いでは全く使う機会のないウェストベルトになりますが、旅行の場合でもあまり使う機会のないのが身体とリュックを固定する目的のウェストベルトになります。ただ単に固定するのが目的なので装着しておても意味がないのですが、再装着する場合に手間が掛かる事に気が付きました。

一度、着脱したら装着しないような使い方をするのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

 

カリマー eclipse 27 イクリプス バッグパック 27Lのレビュー

カリマーのリュックである eclipse 27 イクリプスのレビューになります。あくまでも実際に使ってみて気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

イクリプス27の気になる使い勝手

フロント、オーガナイザーというサイズの大きいファスナーポケットを装備している事もあり、収納力に関して言えば申し分ありません。リュックの本体重量も760gなので十分に軽いです。

イクリプス27の使い勝手に関して言えば、コンプレッションベルトを装備してあるので、荷物を沢山収納している場合はマチ幅を広げて、荷物が少ない場合はマチ幅を狭くするといった使い方が行えて便利です。

また、ウェストベルトは着脱式なので、必要に応じて取り外せるて自分好みにカスタマイズできます。

あえて言えば、カラーがブラックの場合は汚れが付着すると目立つような印象があります。

 

オーガナイザーポケットを装備

ビジネス用途で利用する場合に有ると重宝するのが、オーガナイザーポケットになります。メインルームとフロントポケットの中間のポジションに位置しています。

スケジュール帳やノートといった筆記用具や書類を収納しておくには丁度良いサイズ感があります。

但し、このポケットにはクッション性がないため、iPadなどのタブレット端末の収納には向いていません。

 

 

イマイチに感じる部分

イマイチに感じるのはメインルーム内にファスナーポケットがない事です。フロントファスナーポケットやオーガナイザーポケットを装備しているのに、どうしてメインルーム内にファスナーポケットが無いんだろう?といった気分になります。

特に自宅の鍵などは紛失してはいけないグッズになるため、メインルーム内で管理したいと考えるのは気のせいでしょうか?

この部分に関して言えば、現在はデメリットを克服しています。どのように克服したのか?と言うと、同じカリマー製品のサコッシュをバッグインバッグとして装備しました。

85g重たくなりましたが、それでも合計重量が845gなのでそれでも十分に軽量だと考えます。

 

カリマー eclipse 27 イクリプス 旅行活用レビュー

カリマー eclipse 27(イクリプス)リュックを実際の旅行ではどのように使っているのか?についての紹介になります。筆者の場合なので参考になるのか分かりません。

 

 

台湾旅行のメインバッグとして活用

筆者の場合は海外旅行といえば、台湾といった感じでリピーターになっているため、台湾旅行のメインバッグとして活用しています。

いつもLCCのPeachを利用して、全ての荷物を機内に持ち込むパッキングになります。この関係で軽量なリュックが必要になるのです。

カリマーのイクリプス27は筆者の用途に最適という事もあり愛用しています。容量は27Lなので十分に旅行の用途で利用できます。

空港まではリュック1つで出かけて、空港に到着したら、サブバッグを取り出して以後、台湾の宿泊先のホテルに到着するまでイクリプス27とサブバッグの併用スタイルになります。

台湾での旅行中では、普通に観光用のバッグとして持ち歩いています。

 

旅行専用の目的で購入&利用

台湾旅行でのメインバッグに利用しているイクリプス27ですが、国内旅行や日帰り旅といった用途でも使っています。日帰りから宿泊旅行まで、このリュックで全て対応しています。

旅行の場合では本体重量が軽い方が良いのですが、それ以外に重要なポイントがあります。どうしても荷物が重たくなってしまうので、両肩への負担も相当に掛かって来る事になるため、リュックのショルダーは分厚い方が最適です。

その点、イクリプス27の場合は分厚いショルダーなので多少重たくなっても何のその!といった感じで安心して利用する事が出来ます。

 

 

スポンサーリンク

 

カリマー trek carry sacoche を追加装備

イマイチな部分でも書きましたが、カリマー のサコッシュである trek carry sacoche をバッグインバッグとして追加装備しています。

 

最大のデメリットを克服

このリュックの場合はメインルーム内に鍵などの貴重品を収納できるファスナーポケットが無いのが最大のデメリットになるため、これをどうにか?克服しないと海外旅行の用途では不向きになってしまうのである。

筆者の場合は、純粋にこのデメリットを克服する目的で trek carry sacoche を購入しました。いつもはPC専用ポケットの中に収納しています。

PCポケットに収納すると簡単には取り出せないですが、海外旅行では簡単に取り出せない方が逆に安全という事もあり、筆者的には満足しております。

それに必要に応じてサコッシュとして利用できるので便利です。特にホテルでの食事で食堂やレストランに行く場合は貴重品も常に携帯しないといけないため、この用途に最適です。

 

 

バッグインバッグの用途

サコッシュの用途で購入した訳ではないので、基本的にはバッグインバッグとしての使い方になります。あえて言えば、ショルダーストラップが着脱できないのが残念ですけど、基本的にサコッシュの用途で使わないので特に問題ありません。

 

カリマー trek carry sacoche サコッシュ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『カリマーイクリプス27のバッグインバッグの用途でも利用する機会のあるカリマー trek carry sacoche 超軽量サコッシュのレビュー』についての内容になります。 参考になるか...

 

イクリプス27に装備のバッグは VT hip bag R に変更

台湾旅行では、trek carry sacoche ではなく、ヒップバッグのVT hip bag R をバッグインバッグとして利用する場合もあります。

 

VT hip bag R を装備する理由

確かに trek carry sacoche は飛行機の機内や入国&出国手続でも便利なのですが、入国カードなどの書類を入れると折れ曲がってしまう事に気が付いたのである。

そのため、台湾旅行限定で、カリマー のヒップバッグである VT hip bag R をバッグインバッグの用途で使いうように変更しました。

VT hip bag R は必要に応じてウェストポーチとショルダーバッグを切り替えて利用する事が出来るため、とても便利です。

ウェストベルトも専用ポケットに完全に収納する事が出来るため、普通のショルダーバッグにしか見えません。

 

 

VT hip bag R でも使い方は同じ

カリマーの VT hip bag R をバッグインバッグとして装備した場合でも基本的には使い方は同じになります。

但し、VT hip bag R をバッグインバッグにする場合はコンプレッションベルトを絞ってマチ幅を狭めてペッチャンコ仕様にしています。

このようにする事で、PCポケットにスムーズに収納&取り出しが行えるようになります。縦長に収納しています。

 

バッグインバッグのデメリット

VT hip bag R を装備した場合は純粋に270gほど重たくなるので、本体重量は1030gになります。それでも通勤で利用しているノースフェイスのホットショット26Lよりも100gほど軽量になります。

必要に応じて、ヒップバッグも兼ねるショルダーバッグを装備しているので仕方ないのですが、それでも1Kgを超えてしまうと重たいという印象が付き纏います。

合計重量がネックになります。現在は許容できる範囲内ですが、先の事は分かりません。

 

試してみたい組み合わせ

パーゴワークスのショルダー&カメラバッグのSWING-Lになります。国内旅行で一眼レフカメラを持参する場合に使っている2Lサイズのカメラバッグになりますが、カメラバッグの用途で使わない時はサコッシュとして利用する事ができる優れものになります。

このバッグは175gという軽さなのでバッグインバッグとしても優秀かも知れないのです。機会が有ったら海外旅行で試してみたいと考えています。

 

 

カリマー VT hip bag Rショルダーバッグ兼ヒップバッグ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『旅行の用途で利用している2〜3way仕様のカリマー VT hip bag R ショルダーバッグ兼ヒップバッグのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで...
パーゴワークス SWING-L 3wayショルダー&カメラバッグ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『パーゴワークス SWING-L 3wayの用途で使えるショルダー&カメラバッグのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント