iPad mini活用!Wi-Fiモデルでも十分に出張で使える

iPad 購入前・購入後

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad miniを出張で活用する場合はセルラーモデルが最適になりますが、Wi-Fiモデルでも十分に出張で使える』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5 の活用について

iPad mini 5 を購入した場合では用途的にスマホと被ってしまう場合が多いため、最初の内は便利に使っていても、時間が経過するに連れて、あまり使わなくなってしまう可能性が高くなります。

 

 

iPad mini 5 はスマホと用途が被る

iPad mini と スマホの場合では画面サイズが近いのと用途的に被ってしまう事も影響して、結局のところ、スマホでも問題ないかな?といった感じになりやすいのがデメリットでもあります。

このデメリットを克服するには自分にとって最適な活用方法を見つけるしか方法がないため、購入する場合はどのような目的で使うのか?を明確にする事が求められます。

明確な目的なしに購入してしまうと、スマホでも問題ないかな?といった感じになってしまうため、自宅で眠ってしまう可能性が高くなります。

用途を絞るなどの対策を講じる必要があるのではないか?と考えます。

 

iPad mini 5 は仕事で活用するのが最適

iPad mini 5 の活用方法としては、用途を絞る 又は 用途を限定するといった方法が最適だと考えますが、具体的にはビジネス用途での活用が望ましいと思います。

ビジネス用途であれば、スマホも利用する場合が多いですが、スマホの小さな画面よりも少し大きいサイズというポジションになるため、比較的に便利に使える場合が高くなります。

さらに言えば、仕事の場合ではちょっと視点を変えるだけで色々なヒントが散らばっている事もあり、iPad mini 5 でも役立つ場合があります。

必要に応じて発想の転換も行いながら、最適な活用方法を見つける事も忘れずに行うのが賢明です。

 

スポンサーリンク

出張で使うならセルラーモデルが最適とは限らない

iPad mini 5 を出張に持参する場合では必ずしもSIMカードが利用できるセルラーモデルが最適とは限りません。WI-FIモデルでも十分に活用できる場合があります。

 

 

ネットを利用しない場合もある

iPad mini 5 を出張に持参する場合では、どのような用途で利用するのでしょうか? ネットを利用しないパターンも十分に有るのではないか?と考えます。

メモ帳代わりに利用する場合もあれば、スケジュールチェック、出張報告作成といった用途も十分に考えられます。

このように出張に持参したからといって、必ずしもネットを利用するとは限らないのです。それなのにSIMカードを挿入できるセルラーモデルを購入するのは時期尚早だと考えます。

 

スマホのデザリングという方法もある

どうしても出張中にネット利用が必要になってしまったら、WI-FIモデルの場合はWI-FIが利用できないとアウトになってしまいますが、スマホのデザリングを利用する方法もあります。

但し、デザリングはあくまでも最終手段として利用するのが賢明の選択になります。通常はWI-FIをでネット利用が望ましいです。

 

WI-FIが利用できれば問題ない

iPad mini の Wi-FIモデルの場合は基本的にはWi-FIを利用するのが前提となります。出張でiPad mini を持参する場合ではWi-FIを利用できる場合が多いです。

取引先の会社にはWi-FI網が整備されている場合があるため、利用させてもらえる場合もありますし、Cafeやホテルといった場所でもWi-FIが利用できるため、セルラーモデルじゃなくても、そんなに困ることは少ないです。

 

iPad mini 5 Wi-Fi でも出張用途に活用できる

筆者の場合は、出張にiPad mini 5 のWi-Fiモデルを持参しています。タッチパッド付き折りたたみキーボードやデジタルペンシルのロジクールCrayonも持参しています。

 

 

出張での折りたたみキーボード

Bluetooth接続の iClever タッチパッド付き折りたたみキーボードを持参しています。以前は、キーボードケースのSmart Keyboed case を利用していたのですが、充電ケーブルが独自規格という事もあり、このケーブルが失くしてしまうと使えなくなるにで出張に持参するのはやめました。

タッチパッドが付いているため、余計な荷物感のあるBluetoothマウスを持参しなくても良いのがメリットになります。

出張での用途は出張報告の下書き作成になります。筆者の場合は出張で新幹線を利用する機会が多いので帰りの新幹線の車内で下書きを作成しています。

下書きが有るのと無いのでは段違いの差が生じるため、筆者にとっては有益な手段になります。

 

出張でのロジクールCrayon

デジタルペンシルのロジクールCrayonも持参しています。こちらの主な用途は手書きメモになります。iPad mini 5の場合は片手で持つ事ができるサイズ感なのでサッとメモを取る場合に便利で使えます。

とは言え、書き心地に関して言えば、うーんと思う場面もあります。でも、現状では特に問題になる事はないので、とりあえず満足しています。

 

スケジュール管理でも使う

アプリのplanner for ipad を利用すると、日付を跨いで書き込むことが出来るため、まさにシステム手帳のような感覚で利用する事が出来ます。なかなk魅力的に感じるアプリになります。

カレンダーアプリの場合は日付を跨いで書き込めない方が多いので実際に使ってみるとありがたみを感じる事が出来ます。

 

手書き手帳アプリPlanner for iPadを生活用途で活用
皆さん こんにちは! 今回の記事は『手書きスケジュール手帳アプリのPlanner for iPad』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPad mini ...

 

移動中の暇つぶし

これは国内旅行でも同じ事を行っているのですが、出張や旅行では移動時間があるため、この時間をどのように過ごすのか?によっても変わって来る事になります。

たいていの場合はスマホで対応するのですが、高速バスや新幹線等の座席に座って長く過ごすといった場合では必ずしもスマホが最適という訳ではありません。

自宅で過ごすのと同様に画面サイズが大きいタブレット端末の方が良さそうに感じます。筆者の場合は動画とかをiPad mini に入れて対応しているので、特にネットは使っていません。

ネット閲覧はスマホ、ネットを使わなくても良い場合は iPad mini 5 といった感じで分けています。