iPadで勉強や学習では画面分割Split Viewを活用できる

iPad 活用術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadを勉強などの学習の用途に活用する場合では画面分割できるSplit Viewを有効に活用できる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad は勉強などの学習に活用できる

iPadの使い道に困ったら、勉強などの学習の用途に活用するのが最適になります。

また、使い道に困っていない場合でも手書きノートの代用としても活用する事ができるので学習の用途は魅力的に感じる使い方なのではないか?と思います。

 

 

外国語学習の用途にも使える

iPadにはアプリも豊富にあるため、自分が求めているアプリを容易に見つける事が出来ます。例え、外国語学習の用途だったとしても英会話であれば自分にとって最適に感じるアプリが見つかりやすいです。

また、英会話以外の言語学習の場合でも比較検討できるぐらいのアプリはあるため、言語学習の用途にも使えるアイテムになります。

沢山あるアプリの中でも一番魅力的に感じるのがラジオになります。外国のラジオ放送を聴く事ができるので、ネイティブの発音を勉強する場合に役立ちます。

でも、必ずしもそのように感じるパターンにはならないのも確かな事です。聴く人によっては、ただの雑音にしか感じない場合も当然の事ながらあります。

 

大学の授業でも使える

大学の授業には手書きノートを持参する場合の方が多いですが、iPadをノート代わりに利用すると便利に感じます。

特に便利に感じるのが、うっかりノートを忘れて来てしまった!という場合になります。でも、iPadをノートに利用していれば、このような事は先ず発生しないですし、何冊もノートを必要としないのが魅力的に感じます。

とはいえ、実際には手書きノートも必要になるというオチもあるのが実情になります。何故かと言うと、iPadをノート代わりに利用したとして、丸一日残念ながらバッテリーが持たないのである。

結局のところ、予備的に記入できるノートも必要になる場合があります。

 

スポンサーリンク

iPad勉強活用ではSplit View が最適

iPadシリーズでは、画面分割できるSplit Viewを利用する事ができるため、左に参考書、右に手書きノートといったスタイルでiPadを勉強や学習の用途に活用できるメリットがあります。

このメリットを活かす事で、勉強の用途に最適なアイテムになります。

 

 

どうして最適なのか?

手書きノートの場合では勉強量に応じて何冊も必要になる場合があります。それに対して、iPadをノート代わりに利用すると、1つのiPadで完結する事ができるため、最初から最後まで荷物の量に変化がありません。

また、教科書や参考書も電子書籍で販売されているため、電子書籍を購入する事によって、iPadの中に教科書とノートを収納することになります。

iPadがあれば、いつでも何処でも勉強できる環境が整います。

 

Split Viewで左に参考書、右にノート

iPadシリーズを勉強の用途に活用する場合では画面分割の機能であるSplit Viewを利用する事が出来ます。この機能を利用すれば、左に参考書、右にノートといったスタイル(左利きの場合は逆)で学習に利用できます。

これならば、いつもと同じ学習環境になるため、Apple Pencil などのデジタルペンシルがあれば、何処でも勉強できる事になります。

 

Split View は調べ物に最適

Split View を実際に勉強の用途で使ってみると、何かを調べながら何かをするといった用途に最適に感じます。

ながら作業ができるのは正直のところ便利に感じます。

 

スポンサーリンク

 

iPad miniは分割しても不向きに感じる

筆者の場合は iPad mini 5 を愛用していますが、勉強や学習の用途に iPad mini 5を活用する場合では、Split View を利用して手書き入力する場合では不向きに感じます。

 

 

iPad mini は画面が小さい

iPad mini は普通の状態でも画面サイズが小さいので、これにSplit View で画面分割すると、余計に画面が小さく感じます。

確かに用途やアプリによっては便利かも知れませんが、勉強などの学習の用途で手書き入力する場合では不向きに感じてしまいます。

あくまでも筆者の場合かも知れないので一概には何とも言えないのが実情になりますが、ロジクール Crayon for iPad を利用して手書き入力がスッキリしないのである。

手書きできるスペースが余計に小さくなるので、手書き入力する場合では画面分割しないで使っています。

 

作業スペースの考慮も必要

手書き入力の事を考慮すると、ある程度の作業スペースは考慮しないといけません。Split View を活かして手書き入力するのであれば、画面サイズが大きい iPadシリーズで書いた方が作業の効率性が高まります。

小さい作業スペースで手書きしても、それは効率化には繋がりません。単に大変なだけです。これでは勉強や学習の効率性にも少なからず影響が出てしまうのではないか?と考えます。

 

iPad勉強活用は10インチ以上が最適

iPadシリーズを勉強の用途に活用する場合では、iPad mini ではなく、10インチ以上のiPadが最適だと考えます。

 

 

手書きのし易さを考慮

Split View で左に参考書、右にノートといったスタイルで使う場合では、画面サイズも大きなポイントになります。

iPad mini の場合は7.9インチなのでコンパクトで丁度良いサイズ感になりますが、あくまでも画面を分割しない状態で使った場合に限ります。

Split View で画面分割すると、とっても小さく感じます。特に手書き入力する場合では不向きなんじゃないのかな?と感じてしまうぐらいに書きづらい印象が強くなります。

手書き入力の事を考慮するのであれば、Split View を使っても問題なく利用できる10インチ以上のiPadが望ましいと考えます。

 

画面分割して便利なのか?も考慮

勉強や学習の用途では読み易さも考慮しないといけません。iPad mini では画面サイズが小さいですから画面分割したりすると、余計に小さく感じます。

特に圧迫感があるような感じになるため、分割したからといって便利になるという訳ではないのも確かな事である。

そういった部分も考慮すると、画面分割でノートを利用する場合に関して言えば、10インチ以上の iPad シリーズが最適だと考えます。

 

スポンサーリンク

 

iPadは学習にも役立つ便利アイテム

iPadを保有している場合では、購入目的の用途で活用する場合が多いですけど、機種変更やスマホと用途が被ったりすると使い道に困ってしまう展開になりやすいです。

でも、勉強や学習の用途で活用すれば年代を問わず便利に使えるため、学習目的で購入するのも十分に有りなのではないか?と考えます。

 

 

どの年代でも学習する

勉強や学習の場合では学生さんというイメージになってしまいますけど、実はそうではありません。社会人になっても勉強や学習しますし、スキルアップも兼ねて外国語も勉強したりします。

また、仕事を引退された方でも生涯学習として自分の好みや目的に合ったジャンルの勉強を行う場合もあるため、学習の用途は年代問わず誰でも関係があります。

iPadの使い道に困ってしまうのであれば、それこそ学習の用途に活用するのが最適なのではないか?と個人的に考えます。

幸いな事に筆者の場合は iPad mini 5 しか持っていないため、使い道に困るという展開には陥っていないのが実情になります。

もし、他のiPadシリーズを購入する機会に恵まれたら、iPad mini を学習の用途に活用したいと考えています。

 

iPad活用!最適な使い道は勉強や学習の用途に利用して役立てる
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadの最適な使い道は勉強や学習の用途に活用して役立てる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPadは使い道に困る場...

 

iPad 周辺機器アクセサリーも考慮

iPadシリーズを学習の用途に活用する場合では、周辺機器も必要になる場合があります。特に、よく使う機会に恵まれるApple Pencil や ロジクール Crayon for iPad などのデジタルペンシルの場合はペン先が消耗品になります。

学習の用途で利用する場合では、Split Viewで左に参考書、右にノートといったスタイルで手書き入力を行うパターンになる場合があります。このような場合ではペン先が消耗しやすくなるため、ペン先を交換する必要があります。

また、iPadシリーズを複数利用している場合では、デジタルペンシルは1本では足りないという場合もあるため、必要に応じて2本以上の購入も行なった方が良いです。

 

ロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 と一緒に利用しているロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー 及び 充電&実際の活用レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分...

コメント