iPad 購入の選び方は活用方法や使い道で生活プラス効果も考慮を

iPad 活用術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadシリーズの購入で迷ってしまった場合は活用方法や使い道で、自分にとって生活のプラス効果がどのぐらいあるのか?も含めて総合的な判断で選ぶのが最適』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadシリーズの購入は悩む場合が多い

iPadシリーズを購入する場合に大いに悩むのが、自分はどのiPadを買えば良いのだろうか?という部分になります。高性能なiPad Pro は魅力的に感じるけど、価格もそれなりに高いので本当に必要なんだろうか?といった感じになります。

 

 

iPad購入で悩む理由とは?

① 似ている
iPad購入時に一番悩むのはCPUが異なるだけで画面サイズも近くてキーボードも利用できるという部分になります。

 

② Smart Keybord
Smart Keybord が利用できれば文章入力も簡単に行えるので、この用途で使いたいと考えている場合は選択肢も広がります。

 

③ 画面サイズ
画面サイズもどれが自分にとって最適に感じるのか?も悩みのタネになります。こればっかりは実際に何度か使ってみないと分からない部分になるので、購入する場合は悩みます。

 

④ 携帯性
画面サイズが大きくなればなるほど本体重量も重たくなるので、周辺機器も含めて本体重量がどのぐらいまでなら許容できる範囲内なのか?も考慮が必要になります。

 

⑤ 価格
無印iPadは安いですが、iPad Pro はPC並みに高いので、中間のiPad Air という選択も考慮した方が賢明です。お財布と相談して自分にとって最適な選択が望ましいです。

 

iPadの機種選びも迷う

具体的にiPadシリーズはどれを選べば自分にとって最適なのでしょうか? 最高性能じゃなければダメという場合でない限り、iPad Pro は選択肢に入れなくても問題ないと考えます。

というのも、全てにおいて優秀な iPad Pro を購入したと仮定して、果たして自分はその機能を全て引き出して活用できるのか?という事になります。

残念ながら超が付くほど詳しい人や毎日のようにiPadで活用している人でもない限り、難しいと思います。

そのため、選び方の基準としては、iPad Pro よりもワンランク下に該当する機種で問題ないと考えますが USB Type-C も考慮する必要があります。

画面サイズに関しては個人差があるため、一概には何とも言えないのでお好みのサイズで問題ありません。

 

iPadは何に使うのか?

一番重要になるのは、購入したiPadはどんな用途で使っているのか?に尽きます。最高性能なiPad Pro を購入したけれども、実際に使っているのは一般的な用途という場合もあります。

もし、このような展開になっているのであれば、選択ミスをおかしていると思います。この用途であればProじゃなくても良いです。

もっと価格の安い機種で問題ないでしょう!

 

スポンサーリンク

iPadの活用方法も考慮が必要

iPadはどんな用途に使うのか?というのも重要になります。せっかく高性能なiPadを購入してもスマホの延長線のような感じで利用するのは勿体ないです。iPadならではの利用方法を見つける必要があります。

 

 

趣味や仕事に活用が最適

毎日の日常生活の用途で活用する事が出来れば一番良いのですが、ちょっとした調べ事といった事はスマホで十分なので、あまり用途が見当たらないです。

そうなって来ると、趣味や仕事に活用するのが一番です。とはいえ、具体的にどのような用途なら活用できるのか?については実際に試してみないと分からないため、頭の中のイメージで処理するのではなく、iPadでやってみる事が重要になります。

イメージしている事と実際の結果は必ずしもイコールにはなりませんから、行動に起こす事も必要です。

 

デザイン系の趣味や手書きメモに最適

お絵かきなどのデザイン系の趣味を持っている場合は、Apple Pencil やロジクール Crayon for iPad を便利に活用する事が出来るため、最高の相棒になります。

また、手書きメモの用途でも最適です。画面が大きいので書きやすいです。

 

ロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 と一緒に利用しているロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー 及び 充電&実際の活用レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分...
手書き手帳アプリPlanner for iPadを生活用途で活用
皆さん こんにちは! 今回の記事は『手書きスケジュール手帳アプリのPlanner for iPad』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPad mini ...

 

ゲーム用途は一長一短

ゲーム用途で使うのも考えものです。大画面でプレイした方が充実感があって良いかも知れませんが、夢中になり過ぎて逆によくないです。

ゲームの場合は楽しい気分になりやすいので、時間があっとういう間に過ぎてしまいます。ゲームをやり過ぎると目の疲れも出て来ます。

適度に目を休息させるのであれば良いのですが、夢中になっている状態に時に目を休める事は出来ないと思います。

それもその筈で、自分は夢中になっている状態ですから、頭では分かっていてもコントロールできないからです。

 

言語学習という活用方法も魅力的

iPadの活用方法といえば、外国語学習の用途も魅力的になります。特に英語関係の学習アプリは多いですし、他の言語のアプリもあるため、iPadがあれば何処でも学習できます。

でも、これはiPhoneでも同じ事を意味するので、iPhoneよりもiPadの方が優れているという部分を見出さないと、この用途では利用しなくなります。

iPhoneより画面が大きいだけで、同じアプリを利用する機会が多いですから、用途が被ってしまいます。

唯一有効に感じるのはFaceTimeなどのビデオ通話しながら外国の友人とお喋りする用途になります。やっぱり相手と1対1で会話する場合は大画面の方が見やすいので助かります。

そのため、言語学習の用途で活用するのも魅力的になります。

 

iPad活用!最適な使い道は勉強や学習の用途に利用して役立てる
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadの最適な使い道は勉強や学習の用途に活用して役立てる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPadは使い道に困る場...

 

スポンサーリンク

 

iPad購入は使い道や活用方法に困った場合の対策

iPadを購入する場合では、活用方法や使い道に困る展開に陥る可能性も否定できないため、予め先に準備しておく事が求められます。

 

 

iPadは使い道に困る場合がある

iPadの場合は使い道に困る場合もあります。特に本来の購入目的が既に達成されてしまった場合に発生する事が多いです。

この場合はで別の用途で活用する事になるのですが、どの方法も結局のところ、スマホやPCで十分だったりする場合が多いので、考えてしまいます。

名案が浮かんでも実際にその用途で使ってみると一長一短があるため、スマホやPCのサブ端末になってしまう展開になります。

サブ端末でも実際に使っている訳なので使い道に困るという訳ではないのですが、この場合では勿体ない使い方になってしまいます。

 

探せば見つかるけど、どれも一長一短

使い道といっても探せば直ぐに見つかるのですが、どれも一長一短があったりして長続きしないという場合も多いです。

使っても1週間程度な場合もあるため、このような事が続くと別に今まで通りでいいや!といった感じになります。

 

使い道に困った場合の対策も必要

iPadに限った話ではないのですが、もし使い道に困ってしまった展開になった場合の対策も必要になります。

これを用意していないで購入すると、いざ自分の身に使い道に困った出来事が発生すると、何に使おうかな?といった感じに困り果てる事になります。

本来であれば購入目的の用途で使えば、このような展開に陥る事は少ないのですが、既に満足してしまったり、実際の用途が異なってしまうと残念ながら、まさかの想定外も発生する事になります。

そのため、想定外が発生したら何に使うのか?も事前に準備しておいた方が賢明の選択になります。

 

iPadを購入して宝の持ち腐れにならない対策を

iPadを購入しても大した用途に使っていなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまう場合もあります。

 

 

大した用途に使っていない場合

iPadの場合は所有していても全然大した用途に使っていない場合も意外と多かったりします。ここで言う大した用途とは『ネット閲覧や動画視聴など』を指します。

この用途はスマホでもPCでも良いので、タブレットで行わなくても良い感じです。でも、ベッドの上にはノートPCを持って行くのは好ましくないため、手軽に持ち歩けるiPadは便利だったりします。

このようなちょっとした便利な用途に使うガジェットには最適な用途になってしまうので、結果的にサブの用途に甘んじてしまう事になります。

CPUは高性能なのに用途がサブというのはどうなんでしょうね?といった感じになるため、結局のところ持て余してしまう事になります。

持て余すという事はつまり、宝の持ち腐れになっているという事の裏返しでもあります。

 

スマホと用途が被った場合

iPadはスマホよりも大画面なのに、用途が被ってしまうのが悩みのタネになります。大画面なので用途は被らないと思うのですが、ところがどっこい完璧に被ってしまうのである。

スマホと用途が被ってしまうと、必然的に携帯しやすいスマホに軍配が上がってしまうため、iPadの使い道がどんどん減っていくことになります。これでは何のためのiPadなのか?分からなくなってしまいます。

用途が被ってしまう一番の原因はアプリになります。たいていの場合、スマホとiPadのアプリは同じ物を使う傾向が高いので、使い勝手が便利になります。

これだと携帯しやすいスマホをよく使う展開になってしまうので、用途が被っても仕方のない結果になってしまいます。

 

iPad活用!使いこなせないで宝の持ち腐れになりやすいのが実情
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadは購入しても使いこなせなくて宝の持ち腐れになりやすいのが実情』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPadを使い...

 

スポンサーリンク

 

iPadは生活プラス効果があれば購入を

iPadシリーズの購入では自分の生活スタイルの中でプラス効果があるのか?という部分も関わって来るため、総合的に判断してプラスであれば購入しても良いと思います。

 

 

一番重要なのはプラス効果

iPadシリーズを購入した場合に自分にとってどのぐらいのプラス効果を得る事が出来るのか?が一番重要になります。

何故かと言うと、iPadの場合はノートPC並みの高性能CPUを搭載していますが、キーボードやマウスを利用できるようにしたとしてもノートPCの代用にはならないので、自分が使う用途によって大きく影響を及ぼす事になるからです。

その結果、高機能なiPadを使いこなせないで持て余してしまう事も多いのが実情になるため、宝の持ち腐れになってしまう展開も意外と多いです。

このような展開になってしまうと、自分にとってプラスではなくお荷物的な感じになるため、マイナス効果といっても良いと考えます。

これではiPadを購入した意味がなくなります。

 

プラス効果は期待できれば購入してOK

マイナス要因も含めて自分にとって、どれだけプラスになるのか?で判断するのが賢明の選択になります。

ここでい言うマイナス要因とは『使い道に困ってしまった場合』になります。この部分も含めて総合的に判断した場合にプラスならばiPadを購入してもOKです。

それに対してトントンだったり、マイナスになるのであれば、購入するのは時期尚早になります。今回は買わずに待ってみるという選択が正解になります。

流石に2年近く待つ事は出来ないと思うので、とりあえず1ヶ月程度は待ってみて再検討するのが適切だと考えます。

一度立ち止まって十分に考えて、それでも欲しいという結論に至ったのですから、たとえ使い道に困ってしまった展開になっても自己判断がミスっただけなので特に問題ありません。

 

iPad購入では容量も考慮が必要

iPad購入時に悩む事といえば、機種選びだけでなく、容量も考えてしまいます。自分が欲しいと思った容量が用意されていない場合が多いので、どれが良いのだろうか?といった感じになります。

 

 

iPadは容量選びも重要

iPad Pro の場合は容量を複数種類用意されているので選べるのですが、Pro以外の機種の場合では容量選択は2択になっている場合が多いです。

長く使い続ける事を考慮するならば容量は大きい方が良いです。256GBを選んでおいた方が良いのでは?と考えます。

その理由としては、購入当初の目的では全く想定していなかった事も後から追加される場合が多いからです。特に動画編集といった用途は尚更です。

 

筆者の場合

筆者の場合は64GBを選択しました。動画や写真の編集作業はPCで行っているため、この用途で利用する事はありません。

購入当初は64GBで大丈夫かな?と思っていましたが、筆者の使い方では全然問題なかったという事になります。

必ずしも容量が256GBを選択していればOKという訳ではないため、自分が何の用途にiPadを使うのか?も容量選びに大きく影響を及ぼす事になるため、活用方法も重要な判断材料になります。

 

スポンサーリンク

 

iPad購入についての総合的な機種選び

ここでは具体的に活用方法も考慮して、どの機種が良いのか?についての個人的な見解を述べさせて頂きますが、前提条件として、自分にとってプラス効果が期待できるのか?が重要になります。

 

ブログ用途の場合

残念ながら、ブログ投稿や執筆の用途でiPadを購入する事を考えている場合は不向きになります。素直にノートPCを選択するのが賢明になります。

Cafeで軽快に作業をしている人もいますけど、慣れも必要になるため、自分がイメージした通りの展開にはならないと思います。

何だかんだ言っても、ブログに関して言えばPCが最適です。

 

 

無印iPadの選択

無印iPadの場合は入門機の位置づけになっている事もあり、買わなくても問題ないと考えます。あくまでもサブとして使うという目的 又は 子供用の端末にするといった目的であれば価格も安いですし、購入しても良いですが、賛否両論になります。

これを買うのであれば、素直にiPad Air を購入した方が良いのではないか?と個人的に考えます。

 

一般的な用途は iPad Air

iPad Air で十分になります。一般的といってもピンから切りまであるため、それなりの用途に耐えうる機種でないといけないため、選択肢としてはiPad Air 又は iPad mini になります。

mini の場合は画面サイズが小さいので必ずしも日常用途で最適という訳ではないため、サイズの大きいiPad Air を選んでおいた方が良いと考えます。

それに Smart Keybord が利用できますし、CPUも高性能であるため、iPad Pro のワンランク下のポジションに該当します。

 

動画編集の用途は iPad Pro

Youtube などの動画編集を行う用途での活用を考えている場合では、iPad Pro の1択になります。Air や mini でも動画編集できますが、CPU性能だけでなく、グラフィック性能も高い Pro が最適になります。

 

携帯性重視の用途は iPad mini

持ち運びを重視するのであれば、コンパクトで軽量な iPad mini という選択になります。但し、画面サイズが小さいため、大画面スマホと用途的に被ってしまう可能性が高くなります。 そのため、サブ用途での使い方が増えてしまう可能性も否定できません。

とはいえ、本体重量が300gなので旅行に持参しても問題ないというのも事実です。文庫本の電子書籍を読む端末に最適になるため、電車通勤の用途には便利だったりします。

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPad mini ...
ロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 と一緒に利用しているロジクール クレヨン Crayon for iPad レビュー 及び 充電&実際の活用レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分...

コメント