iPad mini 5活用!ノートPC化のメリット&デメリット

iPad 活用術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad mini 5の活用方法として、ノートPC化する場合のメリット及びデメリット』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5はノートPC化できる

iPad mini 5 に対応しているキーボードやマウスを接続すると、まるでノートPCのようになってしまったのか?と感じる使い方も行えるようになります。

 

 

Bluetooth キーボード

iPad mini 5 には純正のSmart Keybord が用意されていませんが、市販のBluetooth接続に対応したキーボードを利用する事が出来ます。

キーボードとカバーが一体になっているキーボードカバーケースやタッチパッドが搭載されているキーボードもあるため、購入する際はどのタイプが自分にとって最適なのか?も十分に考慮が必要になります。

また、携帯性も考慮する場合ではコンパクトで軽量な折りたたみタイプが魅力的に感じる場合もあります。

 

Bluetooth マウス

iPad mini 5 ではマウスを利用する場合は Bluetooth 接続に対応したマウスが必要になります。でも、自宅で利用する分には何も問題ありませんが、持ち運びに関して言えば、余計な荷物感になるため、必ずしも最適という訳ではありません。

このような場合では、必要に応じて、タッチパッド付のBluetoothキーボードを利用するといった対策も考慮した方が賢明の選択になります。

因みにBluetoothマウスを購入するのであれば乾電池式よりも充電式の方が便利です。

 

iPad mini 用の Smart Cover

iPad mini 5 の Smart Cover はスタンドも兼ねるカバーなので、Bluetooth キーボードとBluetoothマウスを用意すれば、直ぐにノートPC化が行えます。

但し、角度調整が行えないため、文章入力する際に不便に感じる場合もあるため、必要に応じてiPad mini 対応のスタンドを別途用意する必要があります。

 

iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad mini 5 及び Smart Cover レビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPad mini ...

 

スポンサーリンク

iPad mini 5をPC化した場合のデメリット

iPad mini 5 をノートPC化した場合では必ずしも便利という訳ではありません。当然の事ながらデメリットに感じる事も意外と多いです。

 

 

iPad mini 5 の重量が重たくなる

iPad mini 5 は軽量でコンパクトなので携帯性に優れていますが、ノートPC化すると、軽量さが犠牲になります。

特にキーボード搭載型のカバーケースを装着した場合では重量が軽く200g以上ある場合が多いため、iPad mini 5 も含めた全重量が500gを超えてしまいます。

500gを超えると軽いではなく、重たいと感じるため、iPad mini 5 のメリットが薄くなります。果たしてこの選択は正しいのでしょうか?と疑問に感じます。

 

iPad mini Smart Keybord caseレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張やCafe等に持参して利用している iPad mini 5 の Smart Keybord case のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読...

 

最適な角度調整には別途スタンドが必要

iPad mini 5 と一体運用できる Smart Cover を利用すれば、専用スタンド不要で簡単にノートPCスタイルで入力が行えますが、角度調整が出来ません。

自分が文章入力する場合に最適な角度というのは個人差があるため、一概には何とも言えませんが、Smart Cover の角度では良くないと感じる場合は別途スタンドが必要になります。

スタンドがあれば自分に最適な角度で調整できるので便利なのですが、マウスと同様に余計な荷物感が漂ってしまいます。

そのため、可能な限り携帯性が犠牲にならないように携帯性に優れたスタンドが必要になります。

 

iPadスマホ INOVA 折りたたみスタンドSmileレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張や旅行に持参できる携帯性抜群な iPadスマホに対応する INOVA 軽量折りたたみスタンド Smileのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで...

 

PCと異なるマウス操作

iPad mini 5 にBluetooth対応のキーボードとマウスを接続すればノートPCのようなスタイルで利用する事ができますが、あくまでも見せかけに過ぎません。確かに見た感じは正にノートPCなのですが、中身が伴っていないのが実情になります。

その1つの例を挙げるとすれば、マウス操作になります。PCでは行える事がiPad では行えないという場合があります。これをどう捉えるのか?も重要なポイントになります。

とりあえずマウスが使えてラッキーと考えるのか? それとも『え〜 PCで出来るのにどうして iPad では出来ないんだ〜』といった気分になるのか?でも変わってきます。

前者であればノートPC化しても問題ありませんが、後者の場合はノートPC化しなくても良いと思います。

 

挙動不審なカーソル動作

Bluetooth接続に対応しているマウスやタッチパッド付のキーボードを利用する場合に多いのですが、稀に挙動不審なカーソル操作になる場合があります。

自分では何も触っていないのに、勝手にマウスのカーソル位置が動いてしまったりするので、うーん!といった気分になります。

 

スポンサーリンク

 

iPad mini 5をPC化した場合のメリット利点

ここでは、iPad mini 5 をPC化した場合のメリットについて紹介したいと思います。デメリットの場合は大きく分けて3つを紹介しましたが、メリットはどのぐらい有るのでしょうか?気になります。

 

 

文章入力に活用できる

iPad mini 5 をノートPC化する最大のメリットは何と言っても長文の文章入力も可能になる点が挙げられます。

但し、注意したいのは、あくまでも長文の文章入力が行えるというレベルになります。この表現はどういう意味なのか?と言うと、そのまんまで確かに長文入力は行えますよ!という意味になります。

というのも、普段のパソコンで利用しているキーボードと比べてもサイズが圧倒的に小さいため、文章入力する際は快適入力が行えないのである。

さらにはキー配列も全く同じという訳ではないため、キーを見ながら入力しないといけない場合もあります。

ノートPC化しても必ずしも便利ではない場合もあるので注意が必要になります。

 

iClever 折りたたみ式タッチパッド付キーボードのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張に持参するiPad mini 5 と一緒に使用する機会のある iClever 折りたたみタッチパッド付きキーボードのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりません...

 

マウスが利用できる

自宅のパソコンではマウスを利用している場合も多いと思いますが、iPad でもマウスが使えます。この部分に関して言えば確かに便利なのですが、パソコンと全く同じ動作を行う事が出来ないため、全てにおいて便利という訳ではありません。

特に自宅のPCがWindowsを利用している場合だと、マウスのスクロールボタンを利用して画面をスクロールすると動作が真逆になります。

はっきり言って、不便に感じるので慣れるまでは大変になります。この事を考慮すると、MacBookなどのApple製品のPCを持参している人の方が違和感を感じる事が少ないのではないか?と考えます。

 

ELECOMワイヤレスBluetoothマウス5ボタンのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『仕事や出張で使う機会のあるiPad mini 5 専用に利用しているELECOM Bluetooth5ボタンマウスのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最...
iPad活用!キーボードとマウスを利用してもPCの代用はできない
皆さん こんにちは!今回の記事は『iPadにキーボードとマウスを利用できるようにしてもPCの代用はできない』についての内容になります。参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。iPadはPC化する事ができるiPadを購入す

 

メリットはどれも一長一短

iPad mini 5 をノートPC化した場合では確かにメリットを感じる事もできますが、どの場合も一長一短があるため、本当にノートPC化する意味があるのかな?と感じてしまうのが実情になります。

長文などの文章入力を行うのであれば、フルサイズのキーボードを利用した方が良いですし、マウスの利用は操作への慣れが必要になります。

一重に慣れと言っても慣れるまでは相当な時間も必要になりますし、個人差もあるため、必ずしも最適という訳ではありません。

それに、見せかけ的に満足しても意味がありません。やっぱり中身が伴っていないと満足できないと思います。周辺機器も含めると、それなりの出費になるため、ノートPC化のメリットは薄いというのが見解になります。

 

iPad mini 5のPC化は考えない方が良い

iPad mini 5のPC化は全く考慮しなくても良いと考えます。iPadシリーズでPC化しても良いのは、少なくともSmart Keybord に対応しているiPad に限定するのが賢明の選択になります。

 

 

実際の使用頻度の考慮が必要

Smart Keybord に対応しているiPadという要素も重要になりますが、それ以前に実際のノートPCスタイルでの利用頻度がどのぐらいあるのか?という部分も考慮しないといけません。

果たして1ヶ月の内に何回ぐらいの頻度でノートPCのようなスタイルで入力する作業があるのでしょうか? 10回ないのであれば、ノートPC化は必要ないと考えます。

1ヶ月30日と考えて最低でも1/3はキーボードやマウスを使わないと、購入した意味がなくなります。確実にどれも宝の持ち腐れにまっしぐらになる状況に陥ります。

周辺機器も含めて、iPad mini 5 が宝の持ち腐れになるのは避けた方が良いです。

 

iPad活用!使いこなせないで宝の持ち腐れになりやすいのが実情
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadは購入しても使いこなせなくて宝の持ち腐れになりやすいのが実情』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 iPadを使い...

 

自己満足に終わる

結局のところ、iPad mini 5 をノートPC化しても単なる自己満足に終わってしまいます。これが実現できて満足といった感じになると、これだけで購入目的が完了したといった感じになります。

こんな自己満足でも購入目的を完了させても全く無意味です。自己満足よりも自分にとってプラスに繋がる効果で満足できるようにしないと勿体ない購入に終わってしまいます。

ノートPCのように利用できて満足するよりも、毎日の生活や学習といった用途で活用できる方法を見つけた方が良いです。日常生活には自分が気が付かないだけで様々なヒントが散らばっているので、このようなヒントを上手く拾って活用に繋げる事をお勧め致します。

 

スポンサーリンク

 

iPad mini 5をPC化の結論

結論から先に言えば、iPad mini 5 のノートPC化はメリットよりもデメリットの比重が高いため、賢明の選択ではありません。自分にとってメリットの方が大きいと感じた場合のみ行った方が良いと考えます。

 

 

PC化のメリットが薄い

メリットが薄いのにも関わらずノートPC化しても単なる自己満足で終わります。少なくともメリットには一長一短があってはいけないと思います。

一長一短があるメリットというのは利点ではないので、位置づけ的には可もなく不可もないといった感じになります。

ノートPC化した場合ではメリットしかない!という状態でない限り、行うべきではありません。こればっかりはその人の使い方にも変わって来るため、一概には何とも言えません。

 

ノートPC化は他のiPadシリーズで行うべき

どうしてもiPad mini 5でノートPC化を行いたいという場合を除いて、通常は10〜11インチサイズのiPadシリーズでノートPC化を行うべきです。

但し、この場合は前提条件があります。携帯性を重視するのであれば、純正のSmart Keybord に対応しているiPadが最適になります。

携帯性は考慮しないというのであれば、フルサイズのキーボード 又は 自分にとって快適に入力できるキーボードを選ぶべきです。

 

iPad mini 5 はタブレット端末として使うのが最適

iPad mini 5 はタブレット端末として使う使い方が何だかんだ言っても一番便利な利用方法になります。

そのため、購入する際はApple Pencil 又は ロジクール Crayon for iPad 及び Smart Cover で十分だと考えます。

持ち運びを行う場合では、必要に応じてスリーブケースを購入しても良いと思います。

 

 

iPad mini 5 用 NIDOOスリーブケースのレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『外出時に持ち歩いている iPad mini 5 を収納できる NIDOO スリーブケースのレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いで...

コメント