iPad使い道ないのに購入して活用方法で悩むより買わない選択を

iPad 活用術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadの使い道がないのに購入して、どんな用途で活用するのか?で悩むより、買わない検討や選択も考慮を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを購入して悩むこと

iPadシリーズを購入して悩む事は意外と多いものです。欲しくて買った高性能タブレット端末なのに現在での用途はあまり大した用途で使っていなかったりすると悩みも増えてしまいます。

 

 

iPadの使い道ない

一番の悩み事と言えば、使い道になります。購入する前は欲しくて仕方ないといった状態になっているため、購入後の事は完全に後回しになっている場合が多いです。

全く自分の視界に入っていない状態になので、言わばどうしようもない状態になります。この部分は実際に購入してから気が付く部分でもあります。

おそらく購入する際は何かしらの目的が有ったから買っている訳なので、この目的が継続している状態の場合は使い道に困るという展開には陥りません。

それに対して、購入目的と実際の使い方が異なる場合では残念ながら使い道に困ってしまう展開になってしまう場合があります。

ブレない購入目的も必要になると考えます。

 

iPadの活用方法に悩む

iPadの場合ではこれがないと困るといった必需品ではないため、別の用途での活用が難しい場合が意外と多いです。

それもその筈で、スマホと用途が被りやすいですし、アプリも同じ物を使ってしまったりする場合が多いので、結局のところスマホで十分じゃないのか? 又はPCでも良いのでは?といった感じになりやすいです。スマホにもPCにも代用できないポジションになります。

少なくともiPadを購入する場合はこの事を理解してから購入するべきと考えます。これさえ理解していれば、活用方法で悩む事は少なく自然に見つかります。

 

スポンサーリンク

iPadの使い道ない場合は初心にかえる

iPadの使い道で困ってしまった場合は悩むと切りがないため、時間も無駄になってしまう場合が多いです。このような場合は初心にかえるのが最適です。

 

 

iPadを購入するに至った目的にかえって活用

iPadの使い道で悩んだ場合に有効な考え方は、初心にかえるのが最適です。iPadを購入した場合は何かしらの目的が有って買った訳ですから、素直にその目的に戻るのが最適だと考えます。

問題があるとすれば、既に購入目的が達成されてしまい、満足してしまった場合になりますが、この場合でも視点を変える事で新たな発見も見出せる場合があるため、延長線での使い道を模索すれば良いと思います。

基本的な事だけで満足してしまうのでは活用なんて出来ませんし、基本だけで良いのなら別に高性能なiPadを購入しなくても良いと思います。見栄とか話題性というだけで購入すると使い道で困る事になるので、初心にかえる案でも対応できない場合は処分する事も視野に入れた方が賢明になります。

 

最初に思い付いた活用方法で試す

初心にかえる事も必要になりますが、それ以外にもう1つ案があります。一番最初に思い付いた活用方法をとりあえず実践するのも1つの方法になります。たいていの場合では、思い付いた活用方法には一長一短があるため、浮かんでは消えての繰り返しになります。

これでは、いつになっても何にしようかな?を繰り返すだけで時間だけが過ぎ去って行く事になるため、それならば最初に思い付いた案を余計な事は一切考えないで実践してみる事をお勧め致します。

どうしてか?というと、とりあえず行ってみないと分からない事も多いです。頭の中では色々とイメージを巡らせる事が出来ますけど、実際にやってみると必ずしも同じ展開になるとは限りません。やっぱり頭で考える事も必要ですけれども、行動を起こすことも必要です。

既に使い道に困っている状態なのですから、失敗しても良いのです。失敗は当たり前という気楽な気分で始めてみては如何でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

使い道ないのにiPad購入は良くない

iPadシリーズを購入する場合では少なくとも自分はどんな用途で使うのか?という明確な目的が必要になります。これがない状態での購入は避けるべきと考えます。

 

 

使い道がなくても使う必要性に迫られる

新製品が出たりすると、不思議と欲しくなってしまう現象が多いです。AppleやiPadというブランドに対するファンだったりすると、特に用途がないのに買ってしまう事があります。この場合では自宅に眠っているiPadシリーズも多いのではないか?と考えます。

それでも、使えるのであれば、使わないと勿体ないので、大した用途ではない事でも使い続けるような感じになります。

 

iPadは使い道がないと宝の持ち腐れ

iPadの場合はスマホと決定的に異なる部分があります。スマホは必需品に該当しますが、iPadはあくまでも便利アイテムに過ぎません。

便利アイテムという事は、別にそれがなくても問題ないグッズでもあるという事になります。という事は、適切な用途がない場合は別に使わなくても問題ないという裏返しでもあります。

適切な用途というのは、iPadでしか出来ない用途になるため、これがないと、あくまでもサブ的なポジションで利用する便利アイテムになります。

その結果、自分の頭の中でも位置づけがサブなので宝の持ち腐れになりやすいです。

 

活用方法は直ぐに見つからない

iPadを他の用途に活用しようとしても残念ながら、直ぐには見つからないものです。思い立つのは簡単なのですが、1ヶ月継続できるような感じにはなりません。

人はちょっとでも不便を感じると継続しなくなりやすいですから、自分にとって最適な活用方法が見つからないと、どんな用途でも使える便利グッズという位置づけになってしまいます。

このような用途で使う目的で高性能なiPadを購入したのか?という感じになるため、少なくともiPadを購入する場合はちゃんとした用途が複数あった方が賢明です。

 

iPadの使い道ない場合の対処(処分)方法

いくら検討しても活用方法なんて見つからない!という場合もあります。これを考えるだけで無駄な時間になってしまうのであれば、最終手段を実行しても良いと思います。最終手段とはズバリ!下取りや買取処分になります。

 

処分の検討

もう活用法が見つからない場合は処分してしまうのも1つの方法になります。ここで言う処分とは廃棄になります。下取りに出しても二束三文の値段という場合になります。何年も前のiPadの場合では下取りプログラムの対象外になっている場合もあるので、廃棄処分も視野に入れる事になります。

この場合で一番良い選択肢は何があるのか?というと、各自治体の公民館だと思います。各自治体によっても異なりますが、公民館で不要になったスマホやタブレット端末を無料で回収している場合があります。

専用の回収BOXの中に入るサイズであれば良いみたいなので、もしかすると、iPadでも大丈夫かも知れません。因みに筆者の場合はAndroidの8.3インチサイズのタブレット端末を公民館の回収ボックスに入れましたけど全然大丈夫でした。

 

下取りプログラムのApple GiveBackという選択肢

Apple製品のiPhoneなどのデバイスを購入する場合に下取りサービスを利用して購入するのも1つの方法になります。AppleであればApple GiveBackという下取りプログラムになります。

Apple製品を下取りして代金はApple Storeのギフトカードで支払われます。これが最適な選択になるのか?については個人差があるため、一概には何とも言えませんが、個々で判断して頂ければ幸いです。

せっかく購入しても活用方法が見つからないから下取り処分にするというのもどうかな?と思ってしまいます。それならば、最初から買わないという選択肢でも良かったのではないか?と自分に問いかけたいです。

でも、欲しいと思っている時は、それしか頭にない状態になるので、なかなか買わないという判断は難しいのも実情です。なかなか難しい面もありますが、大きな買い物をする時は直前で立ち止まるという事も必要だと考えます。

 

買取も1つの方法

リサイクルショップでiPadを買い取ってもらうのも1つの方法になります。この場合では二束三文になる場合もあるため、必ずしも最適な選択とは言い難いです。でも、自分では全く使わない状態なので引き取ってもらえるだけでありがたいと思った方が良い場合もあります。

とはいうものの、少しでも高い金額でとリサイクルにだしたいと思うのが実情になるため、この場合では比較検討するのが最適です。

いずれにしても、自分はどのように考えるのか?によっても異なるため、個々の判断で決めればよいです。

 

処分しても、また欲しくなる

実際に色々な方法で処分した場合では、何故だか分かりませんが、新製品が発表されると、また欲しくなってしまう現象が発生します。つい先日に処分したばっかりなのにまた欲しくなってしまう悪循環。こういう展開になってまた購入する場合も有るのでは?と思います。

はっきり言って、お金の無駄遣いになるため、この場合では1~2年待つのが賢明の選択になります。どうせまたパワーアップされた新製品が出るのですから、焦って購入する必要はありません。

それに買っても使い道で困ってしまう展開に陥るだけですから、欲求への対処方法を見つけた方が賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

 

使い道ない時はiPadを買わない選択を

iPadシリーズを購入しても大した用途で使わないのであれば、買わない選択を行っても良いと思います。別に買わなくてもスマホやPCで補えば良いので特に問題ないと考えます。

 

 

スマホやPCで補完できる

iPadシリーズが無ければ生活に支障が出る!という事はないと思います。それに対して、スマホやPCの場合はこれがないと生活に困るというグッズになるため、必需品の1つに該当します。

iPadの場合ではあくまでも便利アイテムというポジションになるため、使い道や活用方法が見つからない場合は買わない選択を行っても問題ありません。

但し、持っているのがステータスの一部とかになっている場合だと、ちょっと困りものになります。ステータスの場合は考え方が異なるため、持っていればOKという感じになりますから、ハッキリ言って活用とは全く関係がないです。

勇気ある決断をしても良いのでは?と考えます。

 

iPadを買わない選択のメリット

iPadシリーズを買わない選択を行った場合ではメリットがあります。買っても使い道や活用方法で悩むのは時間が勿体ないので、考えたり悩んだりする時間をそっくりそのまま他の用途に利用できます。

その結果、他の用途に全て使う事が出来るので余計なストレスも発生しませんし、現在保有しているスマホやPCの活用も現在以上に利用頻度が増える場合もあります。

これも良い選択だと考えます。というのも、現在あるもので何とかしなければいけない場合もあるため、経験しておけば、次の機会でも何とかできるかも知れないといった感じになります。結果的にこれは活用ですからiPadの活用にも繋がる事になります。

それに、iPad購入費用に準備していたお金を次の機会に充てる事も可能ですし、他の商品の購入に充てる事が出来ます。

 

次の新製品を待つのも1つの方法

iPadを買わない選択を行う場合では、今は魅力的な活用方法が見つからないので、次回の新製品が出るまでに考えておくという方法もあります。

これならばiPadの使い道に悩む必要もないですし、新製品なので少なくとも現行機種よりも高性能になっている場合が多いです。

それに、新製品が発売されると、現行機種は値下がりするため、買い替えのタイミングとしてはベストな時期でもあります。

購入費用を少しでも安くしたいという場合に最適になります。型落ちですけれども新品には違いありませんし、最新型だからといって全ての機能を使いこなすという事には一般的にならないと思います。

よっぽどiPadの事が何でも分かるという人でもない限り、全ての機能を使いこなすなんて難しいです。それならば型落ちの新製品でも問題ないのでは?という考え方も場合によっては必要になります。

 

コメント