iPad mini 5 キーボードケースの使い道が少ないのが悩み

iPad 活用術

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPad mini 5 で文章入力する場合に使うキーボードケースの用途(使い道)が意外と少ないのが悩み』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad mini 5 で文章入力する場合

iPad mini 5 には Bluetooth 対応のキーボードを利用して文章入力を行う事が出来ます。 iPad mini 5 を購入したらキーボードも購入するといった場合もあると思います。

 

 

Bluetoothキーボード

Bluetooth キーボードといっても種類があります。携帯性抜群な折りたたみキーボードや iPad mini に装着して一体運用が行えるキーボードカバーケース。

さらには折りたためないけど軽量コンパクトなタイプのBluetoothキーボード。タッチパッドが付いているタイプもあります。

タッチパッド付の場合では別途マウスを利用しなくても良いため、利便性が高いというメリットがあります。

どの場合でもBluetoothに対応していれば利用する事が出来るため、購入する際はどれにしようかな?といった感じで悩む場合もあります。

 

iPad mini 5に対応のキーボードケース

iPad mini 5 で利用できるキーボードの中で一番魅力的に感じるのはタッチパッド付の折りたたみキーボード 又は キーボードカバーケースになります。

どちらも一長一短があるため、一概には何とも言えないのですが、筆者の場合はあろうことか両方とも購入しています。

タッチパッド付は確かにタッチパッドが付いていて便利なのですが、パッドのサイズが小さいので必ずしも最適という訳ではありません。

それに対して、キーボードカバーケースの場合は、iPad mini と一体運用が出来て便利なのですが、折りたたみキーボードよりも重たいのがネックになります。

あと、スタンドも兼ねる部分が1〜2段階しか角度調整が出来ないのもどうかな?といった感じです。

 

スポンサーリンク

購入したは良いけど用途が少ないのが実情

iPad mini 5に対応のキーボードケースを購入したは良いけど、実際にはそんなに使い道が有るという訳ではないと思います。このような場合では宝の持ち腐れになってしまいます。

 

 

買ったけど、あまり使っていない

欲しいと思って買ったiPad mini 5に対応のキーボードケースになりますが、実際によく使っているのは Smart Coverカバーケースであって、キーボードケースはそんなに使っていないという場合の方が多いと思います。

こればっかりは購入する前に考えていた事と実際の用途が異なってしまう場合に多いです。何の目的で購入したのか?が明確でないと、宝の持ち腐れになりやすいです。

これでは買った意味がないので、少なくとも購入する場合は1年後も使うのか?という事も考慮しないといけません。

 

文章入力の用途は少ない

実際のな話、iPad mini で文章入力の用途で利用するのは少ないのではないか?と考えます。筆者の場合は出張に持参する用途で iPad mini 5 及び Smart Keybord case を購入しましたが、実際に利用しているのは月数回程度になります。

主な用途は出張報告の下書きを作成する用途になります。この用途では特に問題なく行えるため、満足していますが、毎月のように必ず出張があるのか?というとそうではないです。

それに、キーボードケースを装着してノートPC化したとしても、PCの代用は行えないので中途半端といった感じになります。

結局のところ、文章入力を行うのであれば、iPad mini は不向きなのではないか?と最近では考えるようになりました。

 

キーボードケースを装着すると重たい

iPad mini 5 本体は300gになりますが、キーボードケースを装着すると軽く500gを超えてしまいます。これではiPad mini の特性を活用する事が出来ません。

軽くてコンパクトという強みで利用しているのに、500gを超えてしまったら、この強みは活かせません。

やっぱり、全体重量も考慮すべきだと考えます。

 

スポンサーリンク

 

iPad mini 5 対応キーボードケースの購入は時期尚早

iPad mini 5 を購入したらSmart Cover は一緒に購入すると思いますが、市販で販売されているキーボードケースも購入したいな〜と思ってしまう場合もあります。この場合は再検討を行った方が賢明になります。

 

 

欲しいと思ったら使い道の考慮を

iPad mini 5 対応キーボードケースの場合は装着するとノートPCのようなスタイルで文章入力などの作業を行えてかつ、持ち運びもし易くなるというメリットがあります。

でも、持ち運びしない場合では特にメリットを感じるという訳ではないのも実情なため、購入してもあまり使っていないという場合もあります。

このような展開にならないようにするには、購入する時に一度立ち止まって再検討するという事も必要になります。思い立ったら直ぐに購入という感じな事をしていると、無駄な買物になってしまう事も多いです。

特にiPad mini 5 対応キーボードケースの場合は用途が限られてしまうため、実際に購入する際は1年後も使っているのか?も考慮すべきだと考えます。

 

iPad mini 専用機器の購入は避ける

特にiPad mini 専用でもあるキーボードケースの購入は避けた方が賢明の選択になります。どうしてか?と言うと、Bluetoothに対応していたとしても基本的にはiPad mini でしか利用できないため、他のiPad シリーズに乗り換えた場合に利用しなくなります。

これではワンポイントで購入しているのと同じという事になるため、良い選択とは言い難いです。

やっぱり今後の事を考慮して、文章入力の用途を検討しているのであれば、iPad mini ではなく、10〜11インチサイズのiPadを購入するのが賢明の選択になります。

iPad mini は Apple Pencil などを使う用途に限定した使い道を模索するべきと考えます。

 

どうしても欲しい場合

どうしても iPad mini 用のキーボードケースが欲しい場合もあります。とりあえず1週間待ってから購入するように心掛けるのが賢明になります。

どうして1週間待つ必要があるのか?と言うと、欲しいと思っている時はそれが正しい選択だと思い込んでいる場合が多いです。

でも、1週間経過すると購入欲が冷めている場合もあるため、とりあえず1待つ事が求められます。待ったけど、それでも欲しいという場合は本当に欲しいので購入してもOKです。

 

iPad mini Smart Keybord caseレビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『出張やCafe等に持参して利用している iPad mini 5 の Smart Keybord case のレビュー』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読...

 

コメント