iPad活用!WiFiファイル転送アプリAirMoreでPC連携

iPad 購入前・購入後

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadでPC連携する場合に便利なアプリであるWiFiファイル転送アプリのAirMoreを活用して役立てる』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadでPCとデータ連携する場合もある

iPadを利用する場合では、特に写真などの画像や動画、音楽ファイルなどのデータをPCとやりとりしたい場合も発生します。このような場合に重宝するのが3in1に対応したUSBケーブルになります。

 

 

USBケーブルの利用は面倒

iPadとPCを連携する場合に必要になるのがUSBケーブルになります。iPadを購入すればUSB充電に対応した充電ケーブルも付属されます。

でも、必ずしも付属されている充電ケーブルは自宅のPCと連携できるとは限りません。USB端子が異なる場合は対応したケーブルも必要になります。

一番便利に感じるのは、USB Type-C 、MicroUSB、Lightningの3種類に対応している3in1タイプのUSBケーブルが便利です。

この3in1タイプであれば、ほぼ全部入りなので自宅のPCやAndroidスマホ、iPhone や iPad でデータ連携も容易に行えます。

 

カメラと連携する場合はSDカードリーダーが必要

コンデジや一眼レフといったカメラと連携する場合に有ると便利なのがSDカードリーダーになりますが、iPadでも利用できるようにするには、USB Type-C 又は Lightning 端子に対応できるアダプタが必要になります。

このアダプタを購入してまで利用するのは面倒に感じるため、それならばPCと連携した方がスムーズにデータ連携する事が出来る場合があります。

それに、iPadで利用する目的でLightning端子に対応したアダプタを購入した場合では、iPhoneやiPadでしか利用できないので、Androidスマホも含めて他の用途で利用できなくなってしまいます。

これもどうなのかな?と考えます。

 

スポンサーリンク

ファイル転送アプリのAirMoreはiPadでも最適

自宅のPCとiPadを連携連携する場合にあると便利なのが3in1に対応したUSBケーブルになりますが、必ずしも自分にとって最適ではない場合もあります。特にワイヤレスで写真データや動画を送受信したい場合もあります。

 

Wi-Fi で PC とデータの受け渡し

USBケーブルを利用する場合ではPC と iPad にUSBケーブルを差し込む手間が発生します。このような手間が発生するのであれば、Wi-Fi でワイヤレスで無線送受信を行いたい場合もあります。

このような場合においては、Wi-Fi送受信に対応したアプリを利用すると便利です。USBケーブルが不要になるため、同じWi-Fi 環境下ならば簡単にデータの受け渡しが行えます。

但し、Wi-Fi でデータを送受信できるアプリの中には Wi-Fi だけでなく、SIMカードの電話回線で送受信できるタイプもあるため、通信設定は一度確認しておいた方が賢明です。

もっとも、あくまでもiPadがセルラーモデルの場合に限るため、Wi-Fi モデルの場合はこのような心配は必要ありません。

 

iPad で AirMore

自宅のWi-Fi でデータを送受信できるアプリでお勧めなのは、AirMore になります。このアプリは純粋にWi-Fi だけの通信になるため、安心できます。

操作方法も簡単なので、特に使い方に悩んでしまうといった事もありません。iPad用のアプリをインストールしてある状態が前提になりますが、PCとの連携は、僅か3ステップのみなので、素早く連携できます。

 

AirMore 操作方法

① PC側でAirMoreにアクセス
PCのブラウザを開いて、web.airmore.com にアクセスします。
PC側でAirMoreにアクセスすると、QRコードが表示されます。

 

② AirMoreアプリを起動
iPadのAirMoreのアプリを起動します。

 

 

③ QRコードでスキャン
スキャンして接続する をタップすると、QRコードリーダーが起動するので、PCの画面に表示されているQRコードに合わせて接続します。

 

AirMoreでiPadとデータ連携

iPad と PCをWi-Fi 接続したら、PC画面上でマウス操作する事になります。AirMoreの場合は、あくまでもPC側でiPadの中にある画像・動画・音楽といったファイルを操作するサービスになります。

 

 

iPadからPCにファイルを送信

iPadの中にある写真や動画といったファイルをPCに取り込む場合は、PC画面舊に表示されている画像・音楽・動画といったアイコンをクリックするとデータにアクセスする事が出来ます。

PCに取り込みたいファイルを見つけてクリックすると、画像の右上にレ点が表示されます。この状態でエクスポート↓をクリックすれば、画像ファイルが1つPCにダウンロードされます。

複数ファイルをダウンロードしたい場合は、他の画像をクリックしてレ点を増やした上で、エクスポートすればOKです。

 

PCからiPadにデータを送信する場合

基本的な操作はPCに取り込む場合と同じになります。異なるのはインポートボタンになります。

音楽ファイルをiPadに送信したい場合では、音楽ファイルを何処にインポートするのか?を指定した上で、インポート↑ をクリックします。

そうすると、自分が指定したiPadのフォルダに音楽ファイルが送信されます。

 

AirMoreの他の操作

Wi-Fiを利用するため、途中で接続が切れてしまう場合があります。特に一度接続した状態でしばらく経過すると、自動的に切断される場合もあります。

 

PCとiPadを再接続する場合

再接続しますか?というメッセージがPC画面上に表示されるので、はい 又は いいえ を選択します。

 

iPadの画像データを削除する場合

特にスクリーンショットなどの画像データの場合は用事が済んでしまえば用済みになるため、画像ファイルを削除しても問題ありません。

このような場合では、AirMoreで一括処理が簡単に行えるので便利です。

但し、簡単に行えてしまうので、逆によく注意して操作した方が良いと思います。