iPad活用!使いこなせないで宝の持ち腐れになりやすいのが実情

iPad 購入前・購入後

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『iPadは購入しても使いこなせなくて宝の持ち腐れになりやすいのが実情』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadを使いこなせないで悩む場合

iPadを持っていると本当に使いこなしているのだろうか?と悩む事があります。どうしてか?というと、大した用途に使っていないからである。

 

使いこなせるのか?は用途次第

iPadを使いこなせるのか?使いこなせないのか?の分かれ道は恐らく用途なのではないか?と考えます。この用途というのは、あくまでも自分にとっての用途になります。

自分にとって最適な用途で使う事が出来れば、使いこなす事が出来ますが、他にも同じように利用できるPC機器を利用している場合であれば、結果として大した用途で使っていないな〜といった感じになると思います。

用途というのは非常に重要なポジションに該当するため、何となくiPadが有ると便利だとか、友人や同僚も持っているかた自分も欲しいといった感じで購入すると、買ったは良いけど使い道に困ってしまうという展開になりやすいです。

これといった用途もないのに購入するのはステータスといった感じでは良くないです。

 

便利に使えるアプリが有るのか?も重要

iPadを便利に使いこなすのに必要なのは最適な用途だけではありません。必要としている用途に活用できるのか?という部分が重要になります。

活用するにはアプリが必要になりますが、このアプリは自分にとって最適な物である事が求められます。使い方が難しいとか?使い勝手が悪い場合ではあまり利用したくないので、そのようなアプリを選択してしまうと、iPadを使いこなせないといった感じになります。

せっかくの高性能なiPadなのに自分にとって使えるアプリがないと宝の持ち腐れになってしまいます。アプリも色々な種類がありますから、自分にとって最適なアプリを見つけるといった作業も重要になります。

 

スポンサーリンク

iPadを使いこなせないと宝の持ち腐れになる

iPadを所有していても大した用途に使っていない場合では、せっかくの高機能なiPadが勿体ないです。だからと言って、これといった感じでそんなに用途が見つからないのも事実だったりします。

 

 

使いこなせないと宝の持ち腐れ

高性能なiPadだったとしても、それを便利に使いこなさないと宝の持ち腐れになります。本来であればそんな用途に使わなくても良いのにも関わらず、最適な用途が見つからないので、とりあえず利用しているというパターン。

このパターンの場合では、いったい何の目的でiPadを購入したのか?という根幹部分に関わって来ます。友人や同僚が持っているから自分も欲しいといった感じで買ってしまうと、まさにこのような展開が待っています。

どんなに高性能なPC機器を持っていたとしても、便利に活用しなければ、買った意味がないため、購入金額に見合った買い物をしていない事になります。

使い道がないのに、自宅で眠らせている場合や大した用途に使っていない場合では、PCやスマホと用途が被っている可能性が高いです。

 

最適な利用方法が見つからない

PCやスマホと用途が被ってしまうと、最適な利用方法が見つかりません。iPadの場合は、PC製品ですけれども、ノートPCの代用には出来ない事が災いして、PCとスマホの中間的なポジションになります。

とはいえ、ノートPCに近い2in1パソコンとは異なるため、どちらか?というとタブレット端末に近いポジションになります。

このポジションでの使い方に最適な方法を見つけない限り、PCやスマホと用途が被ってしまう事になります。

用途が被ると、メインで利用できなくなるため、結果としてサブ端末といった使い道になってしまいます。サブ用途では宝の持ち腐れになってしまいます。

 

iPadを宝の持ち腐れにしない対策

iPadを宝の持ち腐れにしないようにするにはどうしたら良いのでしょうか? それはサブ用途では使わずにメインの用途で利用するのが最適になります。

 

 

PCやスマホと同じ用途では使わない

iPadの場合はスマホやPCと用途が被ってしまうのが最大のデメリットになります。このデメリットを克服するにはどうすれば良いのか?と言うと、アプリで分けてしまうのです。

スマホとiPadで使うアプリは完全に分離してしまうのである。このようにすると、使いたいアプリを利用するにはそれぞれ別々に使わないといけないため、メインで利用するようになります。

但し、同じ用途で利用するのは避けた方が良いです。同じ用途の場合では、アプリを分けた場合でも意味がありません。

必ず用途は別々にした上で、使うアプリも別の物にしないといけません。特にスマホにインストールされているアプリは要注意になります。

 

メインで利用すればOKではない

iPadをメインで利用すればOKなのか?というと、そうではありません。メインで利用した上で、次の段階が必要になります。

iPadを活用するには自分にとって最適なアプリが必要になります。これがないと、愛着を持って利用する事が出来ないため、途中で他のアプリに乗り換えてしまうといった感じになりやすいです。

他のアプリに乗り換えるのも良い選択なのですが、結局のところ、スマホと同じアプリを利用する感じになりやすいです。

そのため、他のアプリに乗り換える場合でもスマホと同じアプリは避ける必要があります。

 

iPadがなければ困る用途を見つける

iPadが無いと困ってしまう用途が有るのか?に尽きると思います。これがない場合ではサブの用途に徹する使い方になりやすいです。

どのような用途においても、何かしら1つは、iPadが無いと困るという用途がないと厳しいのではないか?と考えます。

もし、そのような用途がないのであれば発想の転換や視点を変えるといった事も必要になります。