iPad Split View スプリットビュー活用方法(使い方)

iPad 活用術
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

iPadで、2画面表示にて作業を行いたい場合に役立つ機能がSplit View(スプリットビュー)になります。

この機能を利用すると、全画面表示にてアプリを使わなくても画面を分割して2画面表示で異なるアプリを利用できるようになるため、使い方によっては便利に使えます。

だからと言って、どんなアプリでも2画面表示すれば便利に使えるという訳でもないので、この機能を使う場合は最適に感じるアプリを選択するのが賢明です。

そこで今回の記事は『iPad で、Split View(スプリットビュー)の使用方法』についての内容になります

今回の記事は『iPad Split View スプリットビュー活用方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad 2画面表示や重ねて表示できる機能あり

iPadには、アプリを2画面表示できる機能と、アプリを重ねて表示できる機能があります。1つは2画面分割のスプリットビュー、もう1つは右端に隠せる機能を持つスライドがオーバーになります。

iPad Split View(スプリットビュー)とは?

iPadでアプリを2画面に分割する場合に利用する機能がSplit View(スプリットビュー)になります。いつもアプリを利用する場合では全画面表示で使っていると思います。

これを画面中央から左右にアプリを2つ並べて2画面で表示できる機能になるため、アプリによっては便利に使える場合があります。

必ず画面中央で分割ではなく、タッチ操作で左右に「2分の1」や「3分の2」といった感じに自由に変更できるため、自分にとって最適に感じるサイズで利用するのが良いです。

とはいえ、3分の2表示にしたアプリの場合では、画面の幅に応じて、作業スペースも小さくなるため、使いやすいとは言い難いです。この表示方法でも問題ないアプリを選ぶ必要もあるのが実情になります。

 

iPad Slide Over(スライドオーバー)とは?

iPadで2画面表示する場合ではSplit Viewで画面を2分割する方法が利用できますが、画面は2分割しないで必要に応じて画面の右端から呼び出して表示する使い方も便利に感じます。

この場合に便利な機能がSlide Overになります。操作方法は基本的にSplit Viewと同じなのですが、アプリをドロップするタイミングが異なります。どこでドロップ操作するのか?の違い。

アプリが表示されている状態でドロップすると、Slide Overできます。この機能は画面右側に隠しておける機能なので便利です。

自分が表示したい時だけ、右からタッチ操作(スワイプ)で呼び出すだけなので、使い方によっては便利に利用できる機能の1つです。画面左側にSlide Overされたアプリを隠す事はできません。

 

iPad Split View 2画面に分割する方法

Split Viewで画面分割する場合では、Split viewで利用できるアプリをDockに追加しておく事も必要になります。その他には全てのアプリが画面分割で便利に使えるという訳ではないという事を頭の隅にでも入れておくのが賢明です。

iPad Split view 注意事項

iPadで2画面に分割すれば、必ず便利にアプリが利用できると思うのは間違いです。この機能を上手く活用できるアプリもあれば、そのように感じないアプリもあります。

その上で、どんなアプリが画面分割して便利に利用できるのか?を把握する必要もあるのが実情になります。確認やチェックを怠ってしまうと作業の効率性にも少なからず影響を及ぼす事になります。

いったい何の為にiPadを活用しているのか?も考慮した上で、便利に使えるように工夫や試行錯誤を繰り返す地道な努力も大切です。

 

iPadでゲームプレイでは利用できない

iPadではゲームアプリも豊富にあるため、実際にゲームプレイしている場合も多いと思います。この場合では画面分割して同時プレイしたいな~と考える場合も有ります。

でも、残念ながらゲームアプリの場合では、全画面表示でプレイに対応している場合が多いため、2画面に分割してプレイは出来ないと思います。

実際にいくつか?試してみたのですが、できなかったです。それに仮に行えたとしても満足できないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?

というのも、全画面表示でプレイした方が面白いと思います。直ぐ隣に別のゲームアプリの画面が表示されていると余計に邪魔に感じて、面白みが半減すると思います。

 

2画面分割しても便利に感じない

アプリを横に並べて2画面表示できるからといって、どんなアプリでも画面分割すれば便利に使えると考えるのは良くないと思います。

2画面表示に向いているアプリを利用すれば便利に感じますが、向いていないアプリを利用した場合では、便利ではなく不便そのものです。向き・不向きがあるので、確実に向いているアプリをDockに追加しておく必要があります。

OfficeアプリなどはSplit viewを利用すると便利に感じますが、実際に2画面表示で使ってみるとExcelなどの表計算の場合では不便に感じます。

利用する前のイメージと実際に使用した後の感じ方も異なるので、実際に使ってみないと分からない部分もあります。

 

iPad Split View 活用方法(使い方)

ここでは、実際にSplit Viewを利用してアプリを2画面に分割する場合の操作方法についての紹介になります。とても簡単なので慣れてしまえば何も問題ないです。

アプリを起動

Split View の機能を使って画面を分割する場合では何でも良いのでアプリを起動します。

先に起動したアプリは、Split View を行うと画面中央から左側に表示されるため、可能ならば左側に表示して便利に使えそうなアプリを選択します。

因みに、2分割されている状態でどちらかのアプリの上に表示されているバーを長押しを行い、ドラッグすると、移動も行えるため、左右反対にする事もできます。

この状態で画面下から上に持ち上げるようにスワイプしてDockを表示します。

 

アプリを起動中にDockを表示

Dockを表示する場合は、2つの操作方法があります。1つは画面下からタッチ操作でちょこっと上に持ち上げて表示する方法。もう1つはAssistiveTouchを活用する方法になります。

AssistiveTouchを利用する場合では、カスタムアクションの設定を変更する事でDockを表示できますが、たぶんこれはApple Pencilを利用している場合に使う方法だと思います。

基本的には、画面下からのタッチ操作で何ら問題ありません。

 

ドラッグ&ドロップ操作

Dockを表示したら、画面右側に配置するアプリをDockからドラッグして右端に移動すると、先に起動しているアプリがちょっと左側に寄り、左側にアプリの枠が表示されます。

左側のアプリの枠とドラッグしているアプリの枠が完全に分離している状態が確認されたらドロップして、左右に画面が分割されます。

先に表示されているアプリが表示されている状態でアプリをドロップすると、画面分割しないで、Slide Over(スライドオーバー)になります。

 

スポンサーリンク

iPad Dockに追加するアプリはマルチタスク対応

Split View でアプリを2画面に分割する場合では、Dockを表示した上で、アプリをドラッグ&ドロップする必要がああるため、Dockに配置するアプリも考慮が必要になります。

iPad Youtube PiP(ピクチャインピクチャ)使用方法
皆さん こんにちは! iPadでYoutube動画を視聴する場合もありますが、この場合ではYoutube視聴しながら他の事もやったりする場合があります。この場合に役立つのがPicture in Pictureになります。 ...

Dockにはマルチタスクに最適なアプリを追加

マルチタスクできる機能の Split ViewSlide Over を活用する上で必要になるのが、この2つの機能を上手く活用できるアプリになります。

どんなに便利な機能だったとしても、この機能を上手く利用できるアプリじゃないと活用にも影響が出るので、Dockに配置するアプリは重要です。

よく利用するアプリをDockに追加する場合が多いですが、マルチタスクで利用できるSplit View、Slide Overの機能を利用する事を前提で考慮するのが賢明の選択です。

マルチタスクに関係ないアプリはホーム画面1ページに配置するなどして上手く活用するのも1つの方法になります。

 

よく使うアプリはホーム画面1ページ目に配置

Dockに追加するアプリはマルチタスク対応にする必要がありますが、この場合ではマルチタスクに向いていないアプリをどこに配置するのか?も重要になります。

この場合では、ホーム画面1ページ目の上段に配置するのが賢明です。因みにホーム画面1ページ目にはよく使うアプリしか配置しないのが良いです。

何故か?と言うと、あまり使わないアプリを1ページ目に配置しても滅多に使わないので意味がないからです。

 

ランチャーアプリも1つの方法

よく使うアプリはウィジェット対応ランチャーアプリを利用するのも1つの方法になります。ウィジェットにランチャーを配置できればDockに配置できなくてもワンタップで起動できるので便利に使えるのではないか?と個人的に考えます。