iPadユーザー辞書に単語を登録・編集・削除する方法(使い方)

スポンサーリンク
iPad use

 

皆さん こんにちは!

iPadで文書作成や表計算、プレゼンテーションなどのOffice系アプリを利用する機会も有ると思います。この場合では、キーボードやマウスといった周辺機器アクセサリーも必要になる場合があります。

短文であればソフトウェア・キーボードでも何ら問題ありませんが、長文のドキュメント作成では、しっかり入力できるキーボードの方が便利です。

また、自分にとって最適に感じる日本語入力である必要も発生するため、ユーザー辞書に定型文や単語を登録して整備しておくことも必要になります。

今回の記事は『iPadユーザー辞書に単語を登録・編集・削除する方法(使い方)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPadノートPC活用で文書作成する場合

iPadはキーボードやマウスを接続できますが、これらの周辺機器を利用することで、ノートPCのように入力作業が行えるようになります。また、マウスにも対応しています。

キーボードケースやマウスが必要

iPadで文書作成や表計算といった用途に利用する場合ではキーボードが必要になります。短文であればソフトウェア・キーボードでも問題ありません。

長文の文書作成の用途であればApple純正の Smart Keyboard Folio や Magic Keyboard、ロジクールFolio Touchなどのキーボードケースが便利に感じます。

可能ならば、マウス不要で利用できるトラックパッドが搭載されているMagic KeyboardやロジクールFolio Touchが良いのではないか?とっ個人的に考えます。

だからと言って、これらのキーボードケースを利用しなくても問題ありません。というのも、BluetoothキーボードもiPadで利用できるからです。

ついでにBluetoothやWi-FiワイヤレスマウスもiPadに接続して利用する事ができます。

 

Officeなどのアプリが必要

iPadには標準でPages、Numbers、KeynoteというAppleのOffice系アプリが搭載されているので、「文書作成、表計算、プレゼンテーション」といった用途に利用できます。

これらのアプリを使い慣れていない場合では、流石に効率的に作業が行えるという訳ではないため、GoogleドキュメントやWordなどのOfficeアプリを利用しても良いです。

また、この場合に有ると便利なのが、Apple純正のSmart Keyboard Folio や Magic Keyboardなどのキーボードケースになります。

 

ユーザー辞書の整備も必要

iPadで文書作成する場合では、iPad標準アプリのPagesやGoogleドキュメント、Wordを利用する場合が多いですが、これらの文書作成アプリがインストールされていればOKではありません。

これに加えて、ユーザー辞書が適切に整備されているのか?も関係あります。何故か?と言うと、キーボード入力する場合ではローマ字変換などの入力方法で日本語入力するので、自分にとって最適な変換になっている必要もあります。

仮に、何もユーザー辞書を整備していない状態で文書作成する事も可能ですが、効率的にドキュメント入力が行えるという訳ではないと思います。

少なくともiPadを利用して入力作業を行う場合は、効率性も考慮するのが賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPad ユーザー辞書に単語を登録する方法

iPadにキーボードケースなどをドッキング装着して文書作成などの用途で活用する場合では、ユーザー辞書を整備しておいた方が効率的に作業が行えるため、ユーザー辞書への単語登録も必要になります。

iPadでユーザー辞書を登録する場合

メインで利用しているPCスマホの場合ではユーザー辞書に単語や仕事用語などの定型文を登録していると思います。又はその都度、随時登録するといったパターン。

仮に、これらのデバイスでユーザー辞書を整備している場合では、当然の事ながらiPadでも何かしらの単語を登録すると思います。この場合ではどのように行えば良いのでしょうか?iPadではユーザー辞書への単語登録作業は3ステップで済みます。

但し、Androidスマホのように「単語リスト」感覚で複数のユーザー辞書を使い分ける事ができないため、必ずしも便利という訳ではないです。

 

iPad ユーザー辞書の登録方法

① ユーザー辞書
設定 → キーボード → ユーザー辞書

※ キーボードの下に表示されている「辞書」はユーザー辞書の事ではありません。

 

② ユーザー辞書で単語登録
ユーザー辞書を開くと画面右上に+が表示されています。
+をタップすると、「単語」と「よみ」を入力すれは登録できます。とてもシンプルでかつ簡単なので迷う事はありません。

 

③ 登録編集
単語登録したけど、読みがなを間違えてしまった場合は単語読みがな修正も行えます。該当する単語をタップして、読みがなを変更して保存すれば良いです。保存は画面右上に表示されています。

 

スポンサーリンク

iPadでユーザー辞書の編集・削除の操作方法

iPadでユーザー辞書に単語を登録した場合では、必要に応じて編集作業も行いますが、間違って登録してしまう場合もあります。この場合では削除も1つの選択になりますが、長押しを行っても削除できません。

登録した単語は削除しないで編集で対応が最適

間違って入力した単語は「長押し」を行っても編集画面が開いてしまうため、登録した単語の削除はできないのかな?と思ってしまいます。削除しないで、別の単語 及び 読みがなを登録して対応するのも1つの方法となります。

結果的には削除して他の新しい単語を登録したとも解釈できるため、丁度よい選択だと思います。

但し、この方法では1つ問題が発生します。そんなに都合よく適当な新しい単語をユーザー辞書に登録できるとは限りません。そのため、単語を削除した方が良い場合もあります。

 

ユーザー辞書に登録した単語を削除する方法

間違えて単語を登録した場合は、編集を開いて、別の新しい単語 及び 読みがなを再登録して対応する方法もありますが、必ずしも直ぐに新しい単語を用意できるとも限らないため、単語そのものを削除した方が良いと思います。

この場合は削除したい単語を「長押し」するのではなく、「左にスワイプ」することで削除が行えるようになります。左にスワイプすると右側に削除が赤く表示されます。表示された「削除」をタップすると単語が削除されます。

いつもと同じ「長押し」で単語の削除も行えると思い込んでいると、削除ができなくて悩む展開に陥るので要注意です。

 

iPadソフトウェアキーボード「フローティング」表示&解除の方法
皆さん こんにちは! iPadで入力作業を行う場合では別売のApple純正のSmart KeyboardやMagic Keyboard、ロジクールFolio Touchなどのキーボードが必要になります。 でも、これはあく...

 

iPad ユーザー辞書の登録・編集・削除の方法「まとめ」

ここでは、iPadで単語や定型文をユーザー辞書に登録・編集・削除する場合はどのように行えば良いのか?についての「まとめ」及び 関連事項についての内容になります。

定型文や単語の登録・編集方法(まとめ)

iPadのユーザー辞書に新しい単語や定型文を登録する場合では、Androidスマホのユーザー辞書のように複数の単語リストで使い分ける事ができません。iPadでは、「単語」と「よみ」を登録するのみの作業になります。

もし、このような登録では不満に感じる場合では、他の日本語IMEをインストールするのも1つの選択になりますが、iPadに入れたからといって、必ずしも便利とは限りません。

実際に使ってみて、自分にとって最適に感じる日本語IMEを利用するのが賢明の選択になります。

 

定型文や単語の編集・削除方法(まとめ)

① 新しく別の単語を登録する場合
単語を削除しないで編集作業で対応する方法も利用できます。削除したい単語をタップして、「単語」と「よみ」に新しく登録したい定型文や単語を入力して対応するのが賢明の選択になります。

 

② 新しく単語を登録しない場合
定型文や単語を削除する場合は削除したい単語を左にスワイプして表示される赤の削除ボタンをタップします。